width=10
ことば探し
★私は、世界を愛し、世界は私を愛します★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03269201

■2008年04月12日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
人間関係には、
「こちらの思いは必ず報われる」「努力は必ず報われる」
という、学校で教えてくれるような方程式は当てはまらない。
とくに、「嫌われている相手」から、
「どうしても好かれようとする」努力ほど、
当の相手を戸惑わせ敬遠されることはないのではないか。(略)

嫌われている相手から好かれようと思うのであれば、
むしろ、なにも「努力」しないのがいいのではないか。
「なにを投げやりな」と思われるかもしれないが、
ふだんはとても親切にしてくれている人から、急に冷たく
あしらわれたりすると、人は「あれ?」と思う。
「どうしたんだろう?」と不思議になる。
たとえ「嫌いな相手」であったとしても、だ。
「謎」ほど、人の心を引きつけるものはない。

それでもだめなら、「仲良くなること」など、
とりあえずあきらめてしまうこと。
「自分を嫌っている人からすかれようとする」という努力は、
結局はあまりよい結果を招かないことが多い。そうであれば、
「あきらめる」ことも、一策ではある。

人生は楽しむためにある。そうならば、自分を嫌っている人、
あるいは関心を持ってくれない人を追いかけるのではなく、
もっとほかに「いっしょに楽しんでくれる人」を探す努力を
するほうが、有意義な人生になるのではないか。


出典元 なぜか人を「魅きつける人」
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 斎藤 茂太

まゆの感想
自分のことを「嫌っている人」がわかるのは、
気になるし、辛いことだが、これは仕方ない。
誰からも「好かれたい」なんて思う方が無理がある。
性格的に絶対に相容れない人もいるし、
もちろん、自分の方が「嫌い」なんて思う人もいる。

嫌われる理由はいろいろとある。
性格もあれば、運もあるし、誤解もあるかもしれないし、
考え方がどうしても合わないとか、価値観の違い、
なぜか生理的に嫌い、なのかもしれない。
しかし、そういう人に「好かれよう」とすると、
かなり無理が生じる。そして、その無理は、
切ないことだが、相手に得てしていい印象を与えない。
その無理がこびているように思えたり、
その無理がどこかで必ずほころびを見せてしまうからだ。

もっともその努力が運良く実って、
「嫌われている人」から、「いても気にならない人」
くらいまでならなんとかなるかもしれない。
しかし、それで「好かれるか」というと、難しい。
それに好かれるための無理はいつか疲れてしまって
そんな自分にうんざりするようにもなる。

自分がどうしても嫌いな相手が、あなたに好かれようとして、
無理して近づいてきたり、話を合わせたり、お節介をしたり、
するその姿を見て、好きになれるだろうか?
恐らく、その努力は買うし、その努力はありがたいと思うが、
それで、その人を好きになるかどうかは微妙だと思うのだ。
正直なところ、うんざりするか、
もっと嫌いになることが多いのではないか。

「嫌われている相手」からは、「まっ、嫌われてもいいか」
と、少し距離をとって気楽な気持でつき合うほうが、
互いに緊張せず、楽でいられると思う。
そして、同じ努力をするなら、
素直で、自然な自分でいられる空間、相手を、
探す努力をした方がいいと思う。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 9pt
90%

そうでもない: 1pt
10%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから