width=10
ことば探し
★成長するために、自分にできることはすべてやっています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03819727

■2007年12月28日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
本物で厚みのある人間は、人が見ていようと
見てまいと、きちんとやるべきことを行うものである。

そもそもだれも見ていないといっても、実はそうではない。
天は天眼ををもっていつも見ている。それこそ、
「天網恢々疎(てんもうかいかいそ)にして漏らさず」である。

また、自分が見ている、いくら人をだませても、
自分をだますことはできない。
自分が自分を信じられなくて、
どうして自信のある仕事ができるだろうか。
「自信」は自分を信じることである。
人なんか見ていてもいなくても問題ではない。
「天知る、神知る、我ぞ知る」でいいではないか。
(略)

これから何事についても、取り組むものについては、
自分が納得するまでやってみよう。
他人なんか見ていても、見ていなくてもいいではないか。

出典元 眼からウロコが落ちる本
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 笠巻 勝利

まゆの感想
天網恢々疎(てんもうかいかいそ)、そうだなぁと思う。
(ちなみに「天網の目は粗いが、決して悪人を逃しはしない」
 という意味で、老子のことばである)

人が見ていなければ、
何もやらないでサボる人もいれば、
悪いことをやってしまう人もいる。
見られていなければ、バレなければ、
何をやってもいいという考えを持っているのだと思うが、
しかし、そんな考えは、毎日の生活の中ににじみ出てくるし、
顔に出、体に出、生きる姿勢にも出てきて、
決して、隠せるものではないと思う。

自分はうまくやっていると思っていても、
見ている人は、ちゃんと見ているし、
わかる人には、すぐにわかる。
そういう意味では、
「天知る、神知る、我ぞ知る」だけでなくて、
他の人もちゃんと知っていると思うのだ。
そして、そのときは得するように思っても、
長い目で見ると、信頼を失い損をする。

見ている、いないにかかわらず、
自分のやるべきことをすることが自分のためで、
そうしてこそ、自分の力となり、身に付き自信となるし、
自分を誇りに思えるようになる、と思う。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 17pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから