width=10
ことば探し
★新しい可能性を見出し、その可能性にかける勇気があります★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03322959

■2004年10月07日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
「球界の常識は私の非常識」と主張してきた
落合博満監督(50)の采配は、就任直後から話題になった。

鉄則は、
■選手のプライドを絶対に汚さない
■プロの意識を持って考え行動する
■チャンスは平等に
だという。



出典元 落合「オレ流」
おすすめ度 ☆☆☆☆☆ ※おすすめ度について
著者名 アエラ0410.11号  落合「オレ流」采配術より

まゆの感想
落合監督はかつて3冠王を3度も取った人である。
その落合監督は今年いわゆる「オレ流」を貫いて
中日を優勝に導いた。
自分流を貫くことを、現役時代から貫いてきたので、
回りが何を言っても全然気にならないと
違うインタビューで話していた。
他人流をやっても、誰も責任をとってはくれないとも。
そして、その中から自ら生み出したいわゆる「オレ流」

中日選手会長の井端選手はこう言っている。
「(落合流は)オーソドックスでやりやすい。
 攻撃では、基本は来た球を打つ。
 ごちゃごちゃ言わないかわり、
 (選手自身が)自分で考える必要がある。
 その分うまくいったら自信になる。
 (監督は)褒めることはあっても怒らない。
 選手に萎縮する雰囲気がなくなったことは大きい」
 (「アエラ」'0410.11号  落合「オレ流」采配術)


私はこの記事を読んで、しばらく考えてしまった。
落合監督の「オレ流」の鉄則が常識でないとしたら、
また、井端選手の言うことが本当だとしたら、
球界ではどんなことが常識なのだろう、
今までの監督は、どんな采配をよしとしてきたのだろう…と。
かなり不思議に思ってしまった。
どうなんだろう…

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから