width=10
ことば探し
★心配することはない、すべては順調★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02609902

■「今日のことば」カレンダー 2011年9月■
2017年 : 1 2 3 4 5 6 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 

width=1
2011-09-30 width=22自分のやっていることを考えなさい。
それから文句を言いなさい。
妬みなさい、ひがみなさい。
この地球、世の中そんなに甘くはありません。(略)

努力しない人も平等になどと、
そんなバカなことはありません。
それこそです。
努力した人もしない人も同じ収入で、
同じ家に住んで、同じ洋服を着て、同じ食べ物を食べる。
それでは正直者がバカをみます。
うらやましいのだったら、妬ましいのだったら、
自分もそれ以上に努力をすれば報われるのです。 
2011-09-29 width=22人間の歴史から教訓めいたものを読みとれるとすれば、
それは誰にでも落ち度があり、欠点があり、
たまには非難されたりもするということでしょう。

パートナーとの関係も例外ではありません。
誰かと暮らしていれば、
つらかったり失敗することもあるし、
うっかりしていた、うまくいかなかった、
ということだってあります。
人間、がっかりしたりさせたりはおたがいさまです。 
2011-09-28 width=2270代のエルザは、これまでに受けた最高の
アドバイスは娘からのものだ、と語った。
「ママ、そろそろ埃をはらって、
 背筋を伸ばして、しゃんとしなきゃ」
と、言われたそうだ。

人は、共通して
默爾鬚呂蕕辰董背筋を伸ばして、しゃんとする
能力をもっている。(略)
おそらく、ぼくたちの人生で幸福を決定するものは
挫折や失敗のあとで踏み出す第一歩なのだろう。 
2011-09-27 width=22小さな結果を少しずつ積み上げていくと、大きな結果がでます。
すると、これまで見てきた世界ではなく、
もっと大きな世界を見ることができます。
一度上まで登ってみないとわからない景色があるのです。(略)

成功者が何度失敗しても立ち上がれるのは、
成功したところまで一度自分を引っ張り上げた経験があるから。
「頑張れば、自分は頂上までいける」という自信が、
失敗から這い上がる原動力になっているのです。
それは、一度でも頂上を見たことがない人には無理な話です。 
2011-09-26 width=22同じ行為を繰り返せば、同じ結果になるでしょう。
物事の因果関係がよくわかっている人は、
過去にやったことが何か不満足な結果を生んだとしたら、
新しいことを試してみるのも悪くはないと思うものだ。
私は、この提案を理論からではなく、
現実的な言い方で勧めることにしている。

「どんないざこざも解決できる特効薬のような
 方法などありませんよ。
 でもあなたがたにとって効き目のある方法が、
 きっとあると信じています。
 ただ、今あなたがやっていらっしゃる方法では
 うまくいきません。
 別の方法を試してみはいかがでしょうか?」 
2011-09-23 width=22バットは振らなきゃ当たらない。
本当にそうね、バットを持ってただ立っているだけじゃ、
決して爽快なヒットを味わうことはできません。
当たらないかもしれないけど、とにかく降り続けなかったら、
いつまでも当たることはないんです。

プロ野球の世界では3割打てれば超一流だそうですね。
つまりは、3打席に1回でもヒットを打てれば、
「偉い!」とほめられる世界です。
その3打席の間に、いったい何回バットを振るのでしょう。
もしかしたら10回以上かもしれませんね。
その10回以上のうちの1回でもヒットが生まれれば成功なんです。

いわゆる人生だって同じじゃないかな。
空振りだらけのようにみえて、でもたまに当たれば、
それで十分に成果があるのが人生なんじゃないかしら。
恋のアタックだって、10回のうち1回ヒットすれば、
大成功だと思います。
あらゆることがそうなんだと思えてなりません。
失敗や空振りがいやというほど続くこともあるでしょう。
でも振る方が得です。 
2011-09-21 width=22一連のインタビューからも、
幸福と生きがいを見つけるにはじっくりと考え、
まちがっているところを改善していくことが
肝心だと学ぶことができた。

インタビューに応じた賢人たちは、別に、
生まれつき賢かったわけではない。
彼らの多くは、たびたび内省しては
修正すべき点を改善していく、
というシンプルな過程を長年繰り返した結果、
多くを学び、成長してきたのだ。

いわば彼らの人生は、少しずつ加えてきた過去の積み重ねだ。
その結果、彼らは他人から見ても幸福な人生を
築き上げてきたのである。
もっと内省する時間をとれば、それだけで、
多くの人がもっと充実した人生を送れるようになるだろう。 
2011-09-20 width=22どうすれば危険をものともせず向かっていけるのですか、
と、尋ねると、彼女はいった。

「危険を冒そうかどうか迷ってるときには、
 いつも、そのリスクを冒した結果起こりうる、
 最高の可能性を想像したわ。

 それから、最悪の可能性も想像する。そして、
 その最悪の可能性になんとか対処できるだろうかと
 自問すると、いつもわかるの。
 わたしには対処できる、とね。
 カナダに移住したら、うまくいかないかもしれない。
 文無しになり、ひとりぼっちになるかもしれない。
 でも、そうなったら、また帰ってくればいいと。

 それから今度は、最高の可能性を想像したわ。
 新たな人生をはじめられる。
 もっと友人をつくり、愛する人と出会い、
 新しい国で子どもを育てる、と。
 だから、そのイメージを頭の中心に置くことにした。
 そして、いつも自分に言い聞かせた…
 実現可能な希望に背をそむけてしまうのは、
 失敗という結果に終わるよりずっと悪い、とね」

多くの人は、これて正反対の生き方をしている。
リスクに直面すると、最悪の結果を想像し、
それを頭の中の中心に据えてしまうのだ。 
2011-09-16 width=22スタンディングオベーションという言葉を
聞いたことがありますか?
劇場などでお芝居のあとや音楽会の最後に、
観客が感極まって立ち上がって拍手をすること。
すばらしいできばえに感動して賛辞をおくることをいいます。

実際の生活の中で、
このワザをつかってみてはいかがですか?
27歳の誕生日を迎えた友人に…
努力して、すばらしい成績がとれた人に…
一人でお使いに行けた6歳の子どもに…
ママの誕生日に約束通りケーキを買って、
時間通りに帰ってきたパパに…

劇場でスタンディングオベーションをするという
チャンスには、なかなか恵まれないかもしれませんが、
生活の中に、立ち上がって拍手してあげたいような出来事が
あるのではないでしょうか。
いつか、試してみてくださいね。 
2011-09-15 width=22背中の重い荷物は、大きな翼だよ。

責任の重い仕事だから、
まわりに迷惑をかけられないから、
家族がいるから、
子どもがいるから、
家のローンがあるから……

背負っているものが重いほど、
守らなければならないことが
たくさんあるほど

やる気になる! 
2011-09-14 width=22
見ているつもりが、見られている
 
2011-09-13 width=22変えることができないなら、愚痴を言うな。
変えることができるなら、変えるための行動を起こせ。

愚痴を言えば言うほど、心の中に不満がたまります。
その結果、精神的にも肉体的にも経済的にも、
ますます多くの不幸を引き寄せてしまうのです。
変えることができないなら、愚痴を言ってもしかたありません。
変えることができるなら、それを変えるために
行動を起こすべきです。

どうしても愚痴を言いそうになったら、自分の人生の中で、
恵まれていることに意識を向けて積極的に感謝しましょう。
感謝の対象はいくらでもあります。
成功していない人は何かにつけて愚痴を言い、
成功している人はあらゆる機会をとらえて感謝します。 
2011-09-12 width=22世の中には3種類の人間がいます。
夢を見る人、夢をこわす人、夢を実現する人です。
ある調査によると、アメリカの約2億人のうち、
夢を見る人が30%
夢をこわす人が65%
夢を実現する人が5%
だといいます。つまり、
約1千万人が夢を実現する人ということになります。

この人たちをうらやむ必要はありません。
あなたも見習えばいいのです。
夢を実現する人になるためには、
まず、夢を見る人になる必要があります。
夢を見なければなにも始まらないからです。

そして次に、夢をこわす人と距離をおく必要があります。
夢をこわす人は、自分の夢だけでなく、
他人の夢もこわそうとするからです。
みじめな仲間を増やして安心したいのかもしれません。
夢を実現する人は、自分の夢を叶えるだけでなく
他人の夢の実現を助けます。 
2011-09-09 width=22いまを幸せと思える人は、
10年後も幸せでいられる

収入が少なくても、幸せな人がいる
収入が多くても、不満ばかりの人がいる

幸せに基準はない
幸せは自分の思い込みにすぎない
つまり
自分が幸せと思えば幸せになる

「いつか」幸せになるのではなく
幸せと思うことを見つければ
「いま」幸せになることもできる 
2011-09-08 width=22アメリカのある研究機関が調査してみたところ、100人のうち、
 ○27人は、まったく目標を立てていない
 ○60人は、経済面についてのみ、多少は立てていた
 ○10人は、目標や目的について真剣に考えていた
 ○3人は、具体的な目標を紙に書いていた

この人たちの結果については、
 ◎3人は、非常に成功していた
 ◎10人は、まずまず裕福な生活をしていた
 ◎60人は、質素ながら普通の暮らしをしていた
 ◎27人は、慈善団体の援助で、ようやく生計を立てていた
という内容だった。

どこの国でも、成功する人たちは具体的な目標を立てて、
それを実現していることは広く知られている。(略)
志、すなわち、目標を持たない人は、航海図、羅針盤も持たず、
そのうえ目指す港(目的地)も決めないで、
後悔に出るようなものである。
暇つぶしの後悔やドライブと、人生とは《大違い》である。
限られた時間、やり直しの難しい貴重な人生なのだから、
悔いのない一生にしなければならない。 
2011-09-07 width=22「自分の悲しみ、苦しみを
 心から理解してくれる人が現れてくれて、
 はじめて自分の本当の人生が始まる」
などと考えていては、一生、前に進むことができません。
「つらかったね」と、自分が自分を理解してあげれば、
それでよいのです。

自分の1番の理解者は、やはり自分しかいないのです。
他人が自分の人生を代わりに生きてくれるわけでは
ないのですから。(略)

過去にいつまでもこだわり続け、
自分の人生をだいなしにするか。
これからの人生を自分でつくり出していくか。
どちらが得か、答えは明白です。 
2011-09-06 width=22他人のせいにすると、
自分の出番がなくなる 

人は、心から問題を解決したいときは、
他人のせいにはしない

モノが売れないとき
社会やお客様のせいにすると「不満」になる
自分がもっと売れるモノを
つくってこなかったからと考えると「出番」になる

ミスしてしまったとき
周りや環境のせいにすると「不満」になる
自分でもっと工夫しようと考えると
「出番」になる。

問題こそ自分の出番
誰かのせいにしたら、もったいない 
2011-09-05 width=22自分を
小さくしているのは自分
自分を
大きくするのも自分

自分以外の他人が
自分を小さくすることはできない

自分が大きくなりたいと思えば、
今ここで大きくなることもできる 
2011-09-02 width=22心が満たされない、自分がわからない、
自分の人生に確信が持てない、生きている実感がない、
ほんとうは別な人生を求めているのに、それとは、
裏腹な人生を送っている…生きていることが辛く、苦しい…

あなたが今、こうした状態であるなら、それは、
人生における発達的危機の渦中にいるのである。
こうした気持ちは、人がいずれかの時期に、
程度の差そこあれ、体験する。
したがって、やがて、かならず抜け出せる時期が来ることを
信じて、この辛さに耐え、逃げずに立ち向かうことである。(略)

我々は、人生のその時その時を、夢中で生きているに過ぎない。
その時期をはるかに通り過ぎた時点で人生を振り返った時に、
それぞれの時期の人生過程における意味が初めて理解できる。
危機とはチャンスでもある。
今の辛さ、困難として体験しているおとは、今現在の人生に
おける発達課題なのである、その後のよりより人生を準備する
プロセスである。 
2011-09-01 width=22肩を痛めているあなたは、ずっと猯笋靴辰廰瓩鯏修辰董
それでも痛みがとまらず困っているのですね。
でも、ちょっと待って。
牴垢靴辰廰瓩呂泙聖遒靴討い覆い里任垢?
あなたが、これまでよかれと思って続けてきた何かは、
実は、逆効果だったかもしれないのです。

これまであなたは、今、抱えている問題を
しっかり分析して考え続ければ、
打開策が見つかると思っていたかもしれません。
けれど、今、あなたに必要なのは、
1.情報を集めること
それから、
2.頭で分析せずに、心で確かめること
ほら、温しっぷの方が気持ちいいでしょ?
これまでのやり方を見直してみましょう。