width=10
ことば探し
★私には、パートナー(○○さん)を元気付け、力づけることができます。★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02609898

■「今日のことば」カレンダー 2011年8月■
2017年 : 1 2 3 4 5 6 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 

width=1
2011-08-31 width=22お金儲けだって学びです。
「儲けたい」と言っているだけでは、
絶対に儲かるようにはなりません。
儲けようと思ったら、お金を持っている人と話をする、
お金の儲け方について学ぶ、
お金を儲けるセミナーに参加するとか、
お金ということに対していろいろ学んで、
まわりを高めていくいうことです。
お金のない人はそれをしません。
「ないんだよ」と言って使っちゃう。

私はそういう人に聞きます。
「どうやってお金が入るか考えたことがありますか?
 お金のある人に話を聞いたことがありますか?
 お金の儲かるセミナーに行ったことはありますか?
 お金に関する本を読んだことがありますか?」

さらにこんなことも聞きます。
「お金を儲けるために成長が必要だと思ったら、
 成長するための本を読んだことがありますか?」
「人に受け入れてもらえる自分になるためには、
 自分はどうしたらいいかと考えたことはありますか?」 
2011-08-30 width=22私たちは日々、自分の未来を変えながら生きています。
今日ひとつ、何かを変えることは、これからの
未来をすべて変えることにつながるのです。

挨拶のときの気持ちを考えるだけで、
その後の人間関係が変わったり、毎日夢を語るだけで、
共感者が現れたり、どんなことでも今、
自分ができることからはじめてみると、
そこから新たな自分の人生の扉が開きはじめます。
まさに、未来は「今日」創られているのです。 
2011-08-29 width=22夢に大きい、小さいは関係ありません。
それまで夢とは思っていなかったこと、
目の前にあることをワクワクする自分の夢にすることも
できるのです。

「今日一日を笑顔で過ごそう」
「職場の仲間と一緒に、お客様を感動させよう」
「子どもがあこがれるような親になろう」
「お客様からいただいた仕事に、感謝の気持ちを持って、
 取り組んで、期待されている以上の成果をだそう」
「部下が元気に仕事に取り組んでいけるように、
 毎日励ましのメールを送ろう…」

大きな夢を持ち、それをかなえようとすることは、
とてもすばらしいことだと思います。
ただ、私は
「ふだんの仕事、あるいはいつもの生活の中にも、
 夢をみつけることができる」
と思っています。 
2011-08-26 width=22思春期の子どもに対する愛情表現は、
ストレートであることをおすすめします。
照れて親の愛情を一般的なものとして伝えると、
それは子どもの心まで届きません。
私はよく言います。
「照れてる場合じゃない」と。

「親だから子どもを愛するのは当たり前でしょう」
「あなたが心配なの」
などという言葉でごまかしてはいけません。
彼らは一般的な愛を求めているのではないのです。
彼らは、親であるあなたに愛されたいのです。
彼らがほしいのは本気です。
愛情表現も叱るときも本気です。 
2011-08-25 width=22世の中というのは、欲しいものを「欲しい」と
いう人に対して、じつは意外なほど寛大です。(略)
素直に「欲しい」と伝えれば、相手は必ず、
何とかしてやろうと考えます。
それが、人間のごく当たり前の反応だからです。

あなたが「欲しい」と思うことは、
ほとんど手に入れることができるはずです。
もちろん、対価が生じることはあるでしょうが、
最初からできないと決められていることは、
この世に何ひとつ存在しません。

何かを手に入れたいと考えたら、
相手に素直に欲しいものを「欲しい」ものを、
「欲しい」と伝えることがとても重要です。
新約聖書のマタイによる福音書には、
有名な次の言葉があります。

求めよ、さらば与えられん
訊ねよ、さらば見出さん
叩けよ、さらば開かれん 
2011-08-24 width=22奇跡としか思えないことを達成する人には、
3つの共通点があります。

1.自分を強く信じて疑わない心を持っている
2.成し遂げたいことを明確にしている
3.夢や目標を達成するために、戦術を考え実行に移し、
  それを積み重ねている

言葉にしてしまうと、これだけのことです。
奇跡を起こす人は、たった3つのことを共通の土台にして、
周囲の人があっと驚くような、犂饑彭な成果瓩鮴犬濬个靴泙后
このわずか3つが、奇跡を引き寄せる非常に大きな共通の
基盤になっているということです。 
2011-08-23 width=22人から好かれるのはそうむずかしいことではない。
わずかな簡単な覚えやすいテクニックを習得することによって
達せられるものである。(略)

まず、第一に、気楽な人間になることである。
すなわち、人々が気をつかってつきあわないですむような
人間になることである。
気楽な人間はのんびりしていて自然である。
そういう人は楽しく、親切で、陽気だ。
またそういう人と一緒にいると、使い慣れた靴やコートを
着ているようである。

これに反して、頑固な、遠慮がちな、無感動な人は、
人々と打ち解けようとはしない。
彼らはいつも仲間から少しばかり遠ざかっている。
そういうひとがどう考えているか、どう感じているかについては、
まったく知ることができないし、気安くつきあうこともできない。 
2011-08-21 width=22人生において成功する秘訣、
あなたが深く希望しているものを達成する秘訣は、
現にあなた自身にあるものをいっさい、完全に解放して、
それをあなたの仕事なり従事している計画なりに
投じることである。

言葉をかえていうと、
今しているものなんであろうと、全力を投入しなさい。
あなた自身のどんな一小部分をも与えなさい。
ひとつとしてそれを控えてはいけない。
人生は、自己のすべてを与える人を
拒むことはできないのである。

しかし、不幸なことには、このようにしているのは
ごくわずかな人に限られている。
たいていの人は、それはしていないのである。(略)

「出し惜しみ屋」になってはいけない。
すべてを出し尽くしなさい。
そうすれば、人生もあなたに向かって
出し惜しみはしないだろう。 
2011-08-12 width=221日24時間を「人のため」だけに使わない。
ストレス解消のためにも、ひとりになれる時間を
大切にしてもらいたい。
そのために趣味を持つのもよい。
散歩の習慣をつくるのもいいだろう。
「自分のため」に使う時間を持ってもらいたいのだ。

24時間、毎日毎日「人のため」では、
あげくには自分という人間が壊れてしまう。
競走馬のサラブレッドは、夏場は
北海道の広い牧場に解放され、好き勝手な時間を過ごす。
そういう休養の時間がなければ、
人のために走ることはできないのだ。 
2011-08-11 width=22人を陥れるのも人だが、人を救うのもまた人である。
生身の人間の熱い思いが人を救う。
キーワードは「生の肯定」である。
無条件の「いのち」の肯定が、
人に限りない悦びと励ましを与える。
人は「自分のいのちが悦ばれている」と感じた時、
信じられないパワーを発揮するものである。

真の愛情で結ばれた人間関係の基本は、
「生の肯定」「お互いの尊重」である。
互いが互いの「いのち」を無条件に認め合う、
この関係が人々に限りない生の悦びを与えてくれる。
「生の肯定の悦び」は、「生きる勇気」に変わるからである。
すなわち、「生の肯定の関係」=「励まし合い関係」と
なるのである。 
2011-08-10 width=22周りの人のモチベーションをあげると、
実は、あなた自身のモチベーションもあがります。
まず、他の人のモチベーションに注意を払うようになると、
自分のこともよくわかるようになります。
比較することで、それぞれの特徴が見えてくるのです。
特徴がわかれば、アップしやすくなります。

そして他の人のモチベーションをサポートすれば、
多くの場合、感謝されたり評価されたりします。
それは、あなたのモチベーションを刺激し、高めます。

さらに、モチベーションは伝染します。
周りが活き活きと高いモチベーションをもてば、
それはあなたにも伝わります。
周りもあなたも輝くようにまるでしょう。 
2011-08-09 width=22どうやるかを学ぶのに時間を費やす人が大勢いる。
そしてハウツーを学んだあと、ほとんど何も達成できなうちに、
またすぐ次の新しいハウツーを探す。
それをものにしたとたん、誰かから、次のハウツーを知らされる。
どんな分野でも、技術的な能力は必要だが、ノウハウを使いこなす
秘訣とは、なぜか、を知ることだ。

アメリカ史に残る一流企業も、偉人の人生も、
「なぜ?」に対する答えの上に確立されてきた。
ある仕事のやり方を教えても、その仕事をやる理由を
納得させたことにはならない。

しかし、なぜやるのかを悟らせれば、その人物は、
どんな障害があっても、どうやるかを学ぶはずだ。
大事なのは、どう生きるかではなく、なぜ生きているかなのだ。
この刺激のおかげで、人は成長し続けていくことができる。 
2011-08-05 width=22頭をからっぽにする
胃をからっぽにする
心をからっぽにする

そうすると
はいってくるもの
すべてのものが
新鮮で
生き生きしてくる 
2011-08-04 width=22「こんなにがんばっているのに、
 なぜ認めてもらえないのか……」といったように、
評価に対する不満を抱いている人は数多い。
そういう本人の立場からみた場合、ここには大きく分けると
4つの問題がある。

1.周囲から認められないと自分にOKが出せない
2.認められる結果でないのに「自分を認めるべきだ」と
  思っている
3.認めてもらうための発信がたりない
4.認めてもらう関係をつくっていない(略)

「自分はこれだけがんばった…」という思いと周囲の評価が
一致しないことは、どんな分野でもよくあることだ。
それなのに目標達成を急ぐ人は、その裏側に秘めている
「早く認めてもらいたい」という“急ぐ気持ち”から
勝手に自分を空回りさせてしまう。

人の評価にはタイムラグがあることを、まず念頭に置いておく。
そうすれば、少しは気分がラクになる。 
2011-08-03 width=22一日どのくらいプラスのことを考えたか。
マイナスの言葉を吐かなかったか。
それが一週間になり、一ヶ月になり、やがて一年になる。
そして、二年、三年……
プラスの言葉が増えてくれば、やがて、そのプラス思考の言葉に
支えられたひとつの言葉が「言霊」になって奇跡を起こす。(略)

マイナス思考をする癖をつけてしまうと、
その思いは、確実に潜在意識に組み込まれてしまう。
だから、ポジティブな気持ちで、言葉を選んで願い続けよう。
「私は、絶対にやりとげる」そのひと言で充分だ。
そして、何があっても、それはすべて、
その言霊が実現するために必要なものだと考えよう。

つらいことがあっても、いやなことを言われても、
それはすべて「私は、やりとげる」ということを実現するために
必要不可欠なことだと考えれば、何でもないかもしれない。
それが本当の意味でのポジティブ・シンキングなのである。 
2011-08-02 width=22温床でならどんな芽も育つ、
氷の中ででも、芽を育てる情熱があってこそ、
しんじつ生きがいがあるのではないか。

毒草から薬を作り出したように、
悪い人間の中からも善きものを引き出す
努力をしなけらばならない、
人間は人間なんだ。
         (「赤ひげ診療譚」より) 
2011-08-01 width=22人との縁が人生を豊かにする

私たち人間は「何を食べたか」ではなく、
「誰と食べたか」でずいぶん幸福感が違ってきます。
また、「どこへ行ったか」ではなく
「誰と行ったか」で、
旅行の楽しさが違ってきます。

このように、人との縁が、
人生を豊かにします。
とくに、「よい人」との縁は、
人生を豊かにします。