width=10
ことば探し
★これからやってくる素晴らしいことすべてに対して感謝を捧げます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02743021

■「今日のことば」カレンダー 2011年7月■
2017年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 

width=1
2011-07-29 width=22私の知人の話だが、ある人が60歳を機に翻訳を始めた。
それも、漢方医学の膨大な資料を、80歳までに訳そうと思った。
コツコツやっていたが、なかなか進まない。
そのうちに、そのことを知った人たちが協力を申し出て、
2冊の本を出すことができ、いまは3冊目に向けて、
がんばっている。

これも「好き」という気持ちから始まったことである。
作家になりたい、音楽家になりたい、
自分が好きな事業を始めたい、
徹底して人に尽くすボランティアをやりたい…。
人はそのとき初めて、自分の中に眠っている個性に気づく。
人生というものは、これからでも変えられるのである。
自分の「これが好きだ」という感覚を大切にすること。
ここから信念が生まれ、それが「言霊」となり、
奇跡の誕生をも呼び込むのだ。 
2011-07-28 width=22焼き尽くすような大きな火よりも、
暖めるほどの小さな火のほうがよい。
   (スコットランドのことわざ)

本当の宝物は無人島でようやく発見した金銀の財宝ではない。
本当の宝物は海辺でひろった貝殻、粘土で作ってもらったゾウ、
遠足の朝に握ってもらったおむすび。

ささいで小さいから宝物なのではない。
愛がこもっているから、
その愛で心が暖まるから、宝物になるのだ。
心を暖めるものは物にかぎらない。

手をそっと握ってあげること。
やさしい眼差し。
安心させる言葉。
身のまわりの世話。
ただ会うだけでも、それは人の心を暖める小さな火となる。 
2011-07-27 width=22人生であなたが出合う人は、
すべてみんな自分の師だと思いなさい。
他人の行動をとやかく批判せずに、
人はあなたを映すものだと考えて、
他人から何か学べることはないかとみずからに
問いかけてみなさい。(略)

無関心でいたいと思いながらも、
つい反応してしまうのは、
あなたの心に何かひっかかるものがあるからだ。
それは相手の問題ではなく、
あなたが学ばなければならないものなのである。 
2011-07-26 width=22「桃栗3年、柿8年、柚(ゆず)は9年で成りさがり、
 梅はスイスイ13年、梨はゆるゆる15年、
 梨の大バカ18年、ミカンのマヌケは20年」

文頭の「桃栗3年、柿8年」の部分は、
誰でも聞いたことがあるのではないでしょうか。
また、その後の文章や意味は、地方によって、
多少変わってくるようなのですが、
それぞれの植物が種から実を実らせるまでの年数は、
人間が成功するまでどれくらいの時間がかかるかを
例えているものだとも言われています。

努力した人は3年でi一人前になる。
ちょっとだけ努力した人は8年で一人前、
普通の人は、9年で一人前…努力しない人は18年、
さらにマヌケは20年かかってやっと一人前だよ!
ということだそうです。
このように、昔の人は自然と人間を重ねた言葉を多く生み出し、
その中にはさまざまな成功の秘訣も隠されています。 
2011-07-25 width=22成功法則本に、
「トイレ掃除をするとお金持ちになれる」とか、
「大富豪と呼ばれる人たちはトイレ掃除だけは自分でする」
という話がありました。

しかしこれも、「本に書いてあったから」「あ〜面倒くさい」
「やりたくないな〜」「無理にでもやらなければ」といった
気持ちでやっていては、実はあまり意味がないのです。

きっとあなたは、この情報を手にしたとき、
『トイレ掃除=お金が入ってくる』
という言葉をまるで魔法のように捉え、初めのうちは、
意気揚々とトイレ掃除に励んだことでしょう。
しかし、一週間経っても一ヶ月経っても、いっこうにお金が
入ってくる気配はせず、だんだんトイレ掃除をしていることが
面倒くさくなり、やめてしまったことでしょう。

考えてもみてください。
もし『トイレ掃除=お金が入ってくる』であるなら、
ビルのトイレ掃除をしているおばちゃんは
大金持ちになっているはずです。

では、どうして『トイレ掃除=お金が入ってくる』
と言われるのか?
実は「トイレ掃除」と「お金が入ってくる」の間には、
もっとたくさんのイコールがはさまれているのです。
                 (下につづく) 
2011-07-22 width=22私は、人間が平等に生まれてきたとは思っていません。
一人ひとり身体的にも精神的にも違いがありますし、
また両親も違えば環境も違います。

このようなことが一人ひとりの可能性を高めたり、
制限したりすることはあるでしょう。
しかし、自分の可能性に気づけば、生い立ちはどうあれ、
誰もが選択する自由を持っていると信じています。

人生は切り開くものでしょうか、それとも、
与えられるものでしょうか?
ただ生きていれば満たされるのでしょうか、
それとも、何か有意義なことを求めるのでしょうか?
私は、誰もが他人に奉仕し(愛情を持って接し)
自分だけの運命を切り開くべきだと思っています。

(若者の育成に力を入れたアメリカの俳優
 ヒュー・オブライエンのことば) 
2011-07-21 width=22「私には10年のキャリアがある」といった場合、

 ■1年のキャリアを10回繰り返しただけなのか、
 ■1年ごとの経験を10回折重ねていったのか、

そこが問題です。(略)

 ■28歳までのキャリアは、勢い。
 ■29歳からのキャリアは、意志。
 ■そして、50歳でのキャリアは、あなたの人生の作品。

50歳になって自分のキャリアを振り返ったとき、
「これは自分がつくった作品である」
と誇らしげに言えるかどうか。(略)

キャリアという一大作品は、いやがうえにもあなたの働き様、
生き様を象徴するものとして業務実績や履歴書という形で、
他人の目にも触れる作品となります。
キャリアにつながる選択の一挙手一投足を自らの意志で行い、
悔いのない納得の作品を何十年という歳月をかけて、
こしらえていきたいものです。 
2011-07-20 width=22変化はリスクである。
変化しないのはもっとリスクである。
変化は良いリスク。
変化しないのは悪いリスク。

20代のリスクは金のリスク、
30代のリスクは銀のリスク、
40代のリスクは銅のリスク、
ゆでガエルにならぬよう、
リスクに向き合う勇気を持つことです。

人はリスクと引き換えに何かを得る。
リスクは怯えるものではなく、利用するものである。 
2011-07-19 width=22《ジグザグの道》
私たちは険しい山を登った
山道は、なぜか真っ直ぐではなく
ジグザグに折れ曲がっていた
やがて、それは、
山の険しさをうまく和らげるためであることがわかった
真っ直ぐの道は、登山者の足にはつら過ぎる
だから、よりなだらかな道を歩き続けることができる
ジグザグというデザインが生まれた
こういうことがしばしば起こる

私たちはなかなか気づかない…
この道が誰かのやさしさゆえに紆余曲折に満ちていることを
曲がりくねったまわり道だからといって
けっしてぶつぶつ文句を言ってはならない
それは、神の意志なのである
私たちを安息の家へ導く、
険しい山の勾配を和らげてくれるための

              (作者不詳) 
2011-07-15 width=22「知恵は汗からの贈り物である」これは、
イギリスの思想家、トーマス・カーライルの言葉です。
知識は、本を読んだりしていくらでも得ることができますが、
知恵は汗を流すこと、つまり実際に行動しなければ
得ることができないということです。

掃除をすることでいいことがいっぱいある、と私は言います。
人はその話を聞いて、本当だろうかと思うはずです。
ここまでは、みんな同じです。
ここからが二つに分れます。
それならやってみようと、実際に身体を動かす人と、
よさそうだけれど納得できるまで身体は動かさない、
という人です。意外に多いのが後者で、
論理的にいいとわかるまでやらない、という人ですが、
しかし、それではいつまでもわかるはずありません。
そして、そういう人は、いくら知識は多くても、
汗からの贈り物の知恵は身に付かないのです。

ただ、知恵にも一つだけ欠点があります。
知恵は、一度身につけると一生ものですから、
悪い知恵も一生ものになってしまうことです。
消そうとしても消せません。
それに対処するには、いい知恵がつくことをたくさんして、
悪い知恵の比率を少なくしていくしかないのではないか、
と私は考えています。
長所を伸ばせば、短所が目立たなくなるのと同じです。 
2011-07-14 width=22大いに笑うこと。
知的な人々の尊敬と子どもたちの愛情を勝ち取ること。
正直な批評家たちから好意的な評価を得て、
偽りの友の裏切りに耐え抜くこと。
美しいものを賞賛し、他人の長所を見つけ出すこと。
健全な子どもたちを育んだり、
庭をきれいに整えたり、
社会状況を改善したりすることで、
ほんの少しでも世の中を良くすること。
自分が生きたことで、たったひとりでも、
人生が楽になった人がいること。
成功したとは、こういうことである。

(米国の思想家、詩人 ラルフ・ウォルドー・エマーソン) 
2011-07-08 width=22自分にとって本当に有意義なものというのは、
ごく限られています。自分自身も、ある時間に、
ある一カ所の場所にしか存在できませんから、
決定的な唯一の答えに到達するためには、あまり欲張らないで、
シンプルを基準にするしかないと思うのです。(略)

シンプルに生きることは、ある意味、
選択を制限されてしまうような感じる人もいるかもしれませんが、
そのシンプルな選択が、自分の必要とするものの基本の
すべてを満たしてくれていれば、物足りなさは感じないものです。

どんなに美食を重ねても満足できなかったけど、
自然の湧き水を飲んだら幸福な満腹感に満たされたとか、
愛する人の手料理が一番美味しかった、
家具を全部処分して、必要最小限の物とシンプルな空間で
暮らすようになってから、初めて落ち着いた、そんな感じです。

あれこれ言葉を並べられるよりも、
ひと言でズバッと表現された方がわかりやすいように、
自分の中の迷いが消えたら、生き方も、表現方法も、
何もかもがシンプルになっていくものだと思います。 
2011-07-07 width=22自分で抱えきれない、許せない思いは
「天のゴミ箱」へ捨ててしまいましょう。
この天のゴミ箱は、いつも自分の目の前にあります。

ですから、許せない思いは上の方に投げるといった感じではなく、
目の前にあるゴミ箱にポイ!と入れるイメージで行ってください。
または、天に届くベルトコンベアーのような装置があって、
そこにポン!とのっける感じでもいいでしょう。

もう役目が終ったものを、
いつまでも自分のところに置いておいても、重荷となって
存在するだけですから、この「天のゴミ箱」という
コンセプトを活用して、許せない思いを天に返してしまいましょう。 
2011-07-06 width=22「何にも夢中になれない」とか、
「自分を信じて生きることができない」と言う人がいます。
うまくいかないことだったらやらないとか、やっても、
苦労するだけだからなんて、結果ばかり気にしてしまうから、
自分を信じて夢を追いかけることができないのです。

しかし、何かを信じてやってみる過程そのものに
意味があるのであって、たとえ思い描いたような結果が
でなくても、自分に何が足りなかったのかが学べれば、
それが価値ある結果なのです。

結果が見えないと努力できないようでは、話になりませんし、
自分の期待通りの結果がすぐに出ないと諦めてしまうようでは、
何事も達成することはできません。
何かやりたいことが見つかって、信じて夢中になっている時が、
最高に幸せな時なのです。

追い続けることが
自分に幸せをもたらしてくれるような夢を持つことです。
結果を出して、誰かに評価してもらうために追う夢は、
ただの欲求であって、夢ではありません。 
2011-07-05 width=22私たちは、一度「この人はこういう人だ」と
思い込んでしまうと、なかなかその思い込みから
自由になることができません。

けれども、何かのきっかけで固定観念が壊れる体験をすると、
相手が別人のように見えてくることがあります。
そんなはっとする体験をしたなら、それを生かしたいものです。

嫌悪感や恨みなどのネガティブな感情を通して相手を
見ていると、相手のいやな点ばかりが目についてしまいます。
たとえ親切にされても、それを素直に取れません。
固定観念を捨てて相手を見れば、
今まで気づかなかった姿が見えてきます。
今まで欠点だと思っていたことも、見方を変えれば、
長所だと思えるかもしれません。 
2011-07-04 width=22うまくいかないときであっても、
あきらめずに四方八方に突き当たれば、
成功の糸口をつかめることがあります。

誤ってプールにダイヤモンドの指輪を落としたと
想像してみてください。
水の中に入ってダイヤモンドを捜すのに、
一度しか捜さないのと、10回、100回と
水の中に入って捜すのとでは、
発見確率がまるで違ってきます。
一度のチャンスであきらめないでください。
人生のサイコロは何度振ってもいいのです。 
2011-07-01 width=22人生はマインドで180度変わる。

答えはシンプルです。
否定すれば不可能だし、肯定すれば可能となる。
肯定的な人にとっては、たとえ
地雷の埋められた道であっても、
散歩道と何ら変わるところがありません。
逆に、否定的な人にとっては、
安全であるはずの小道を歩いても、
地雷の埋められた道と同じ。

考え方一つで、
これほど違う結果がもたらされるのです。