width=10
ことば探し
★私は、経済的に自立しています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02532767

■「今日のことば」カレンダー 2009年5月■
2017年 : 1 2 3 4 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 

width=1
2009-05-29 width=22車のフロントガラスがバックミラーより大きいのは、
これまで通ってきた場所よりもこれから行こうとしている
場所の方をたくさん見なさいということなのだろう。
人生も同じようなものだ。
成功する人生を送るには、いままでいた場所に
固執するのをやめて、これから向かう場所を見ることだ。(略)

過去にはもう戻れない。単なる記憶として残そう。
過去から学ぶことはあっても、
ぐずぐずととどまっている必要はない。
いつまでも過去を引きずっていては、
よりよい未来をつくることはむずかしくなるだろう。

過去は住み着くところではない。
参考にして学んだりする対象だ。
過去があってこそ、いまの自分がある、と考えればいい。
過去は取り替えられない。
しかし、未来は自分でつくることができる。
自分で責任を引き受け、
これからの人生の質を高めていけばいい。 
2009-05-28 width=22人にはそれぞれ歴史がある。現在に至るまでの人生を、
そしていまの自分という存在をつくってきた物語だ。
さまざまな偶然と出来事を経験した末に、
あなたはいまこの状態にいる。(略)

いまの状況にあなたを運んできた過去の出来事を
変えることはできない。
だが、未来は変えることができる。
これまでの人生は面白く、エキサイティングで、
やりがいあるものだったろうか。
それとも重苦しいだけの人生だったろうか。

どちらにしても、未来の物語はこれから書かれる。
あなたの未来は、いまこの瞬間からはじまる。
大事なのはここから何をするかだ。
ここをスタート地点として、よりよい人生が始まる、
限りないチャンスとすばらしい経験にあふれる人生が
始まると思えばいい。 
2009-05-27 width=22動く、反応がある、次の動きが発生する。
待っていても情報は入ってこないし、動きもでない。
しかし、少しでも発信したり、
こちらから動いたりすれば、必ず何かの反応がある。
そこからまた次の動きが発生したりする。

「取るんじゃなくて、出す。
 待つんじゃなくて、動く。
 こういうことがわかって、よかったです。
 以前の自分は、きっと被害者意識のかたまりで、
 人のせいにばかりしていたんですね」 
2009-05-26 width=22「壁」にぶつかったとき、
「ああ、ダメだ」と考えるのではなくて、
「これは、私が自分のもてる力をフルに出し切った証だ。
 私が全力を尽くしたという証拠なのだ」と、
むしろ感動してほしいのです。
あなた自身を誇りにしてほしいのです。

そして、それができたときはじめて、
ここまでの私は自分のポテンシャルを120%出し切ったのだ。
だから、いままでの私を捨て、新しい私として
生まれ変わるときがきたのだ、というふうに心から納得できる。
いままでの自分にしがみつくことをやめることができる。(略)
そして、新しい自分へと生まれ変わることができるのです。

壁とは、ある重要なメッセージである。
ここからは、いままでの自分を捨てなさい。
新しいあなたからはじめなさい、というメッセージなのです。 
2009-05-25 width=22その問題と真っ向から対峙し、
その問題の中にあるポジティブな意味を
積極的に見いだすことによってしか、
問題は乗り越えられない、のです。
なぜなら、
「問題には、意味がある」からです。
その問題の中にある「よき意味」を自分を掴みにいくこと。(略)

大切なのは、「何を見出したか」ではなく、
「都合の悪い状況に直面したとき、そこから
 目を逸らすのではなく、じっと見据えて、
 そのネガティブな状況の中から、
 ポジティブな何かを発見しようとする努力する姿勢」
なのです。 
2009-05-22 width=22禅のことばに、「八風吹けども動ぜず」がある。
人生には私たちの心を乱れさせる八つの障害があるというのだ。

利(得になること)
哀(損になること)
毀(き)(陰でそしられること)
誉(陰でほめられること)
称(本人がいるところでほめられること)
譏(き)(本人がいるところでそしられること)
苦(心身を悩ますこと)
楽(心身を喜ばすこと)

そう、言われてみれば、
私たちは八つの風に吹かれて、自己を失うことが多い。

明末に、洪自誠という人が残した人生訓の書、
『菜根譚』に名句がある。

「風、疎竹(そちく)に来たる、風過ぎて竹は声を留めず」

疎竹とはまばらにはえている竹のことだ。
そこへ風がさぁーと吹くと、竹がさわさわと音を立ててゆれる。
でも風が過ぎ去ってしまうと、竹はもとの静けさに即座に戻る。
人間も竹の心に学べ、という意味である。 
2009-05-21 width=22「わかった」と「そのとおりに行動する」
とは別問題。

話をしていて、「わかったか?」と聞いて、
部下が「わかった」と言うと、次の瞬間から、
部下の態度が変わると思っている上司がいます。

話がわかったからといって、人は、
行動を変えるわけではありません。 
2009-05-20 width=22オードリー・ヘプバーン主演の映画
「マイ・フェア・レディ」の中にこんなシーンがあります。
イライザ「ノー」
ヒギンズ教授
「「ノー」と言ったら、あとにサンキューをつけなさい」

そうです!
「ノー(いいえ、またはいらない)」だけではなく、
その後に「サンキュー」をつける。
つまり
「いいえ結構です。でもありがとう」
と必ずねぎらいの言葉を添えるのです。(略)

こんなちょっとした言葉の裏に、
人間同士のコミュニケーションに最も大切な「思いやり」が
潜んでいることに、私たちは気づかなければなりません。 
2009-05-19 width=22チャンスをつかんだから、
チャンスをつかんだ顔になっているのではないのです。
チャンスをつかんだ顔でいるから、
チャンスが転がり込んでくるのです。
人間の表情は、結果でなくて原因です。

その人がどういう表情でいるか、
その人に入ってくるものが決まってきます。
いつも「チャンスを逃した顔で」いる人には、
チャンスは来ません。
表情が結果だとは考えないことです。
表情が原因で何かが変わると考えることです。

チャンスが欲しかったら、
チャンスをつかんだ顔でいればいいのです。
成功したかったら、成功した顔でいることです。
お金持ちになりたかったら、
「お金持ちの顔」でいることです。
モテたかったら、「モテている顔」でいることです。

幸せになりたかったら、「幸せな顔」でいることです。
幸せな顔でいると、幸せが勝手に入ってきます。
幸せになったら幸せな顔になろうとしている人は、
いつまでも不幸せな状態です。
目の前に幸せがないので、幸せはいつまでも来ないのです。 
2009-05-18 width=22「どうしたらチャンスを手に入れることができますか」
と質問する人は、いつも
「今度チャンスが来たら」と考えています。
頭の中は、常に次のチャンスの方を見ているのです。
今、目の前や手の中にあるチャンスもあります。
「どうしたら次のチャンスを手に入れることができますか」
ではなく、大切なのは、
今、持っているチャンスをどう活かすかです。

「次をどうしたらいいですか」と言う人は、
いざという時、目の前に来たチャンスを活かせません。
目の前を全然見ないで、次ばかりを見ているからです。

今している仕事があるなら、
今の仕事でつかむチャンスを考えることです。
仕事が変われば別のチャンスがつかめるとは考えないことです。
今、関わっていることでチャンスを活かす方法を
考えればいいのです。 
2009-05-15 width=22小さい花でいい
独自の花であれ

小さい光でいい
独自の光であれ 
2009-05-14 width=22日本列島を正確に測量した最初の人は、伊能忠敬であった。
49歳のとき、家業の酒造業を息子に譲り、50歳から
天文学、暦学の勉強を始める。
55歳から71歳まで17年間、日本列島を歩き続け、
「大日本沿海実測全図」(通称「伊能図」)を完成した。
ぜん息の持病に苦しみながら、72歳で亡くなるまで
自分の夢を追い続けたのである。
忠敬が踏破した距離は4万3千キロ。
地球を一周と10分の1を歩く距離であるから驚く。

ところで、もし忠敬に、
大事業の決意のほどを尋ねたら、なんと答えただろうか。
「初めの一歩を踏み出すのに決意などいらない」と
答えたに違いないと思う。

私たちが大きな仕事を前にして、なぜ勇気を失うのかを
考えてみたらわかる。まず、大きな仕事だ、大変だ
という思いで、やる前から萎縮している。そして、
できるだけ無理しないで、最短距離で目的地に到着したい、
失敗して笑われたくない…これらの、要領よくやりたい、
という雑念にとらわれてしまう。

一方、忠敬は、こんな小さな心に
かかずらわっていなかったに違いない。
たとえそんな心があっても、それはそのままにして、
まず1歩を踏み出して、2歩目はそのときに考えればいいと、
我が道に飛び込んでいったのである。 
2009-05-13 width=22熱意がものを生み出す

“なんとしても2階に上がりたい”
という熱意があれば、ハシゴというものを考えつくんです。
ところが、ただなんとなく、
“上がってみたいな”
と思うぐらいでは、そこまでいかない。

“どうしても、何としてでも上がりたい。
 自分の唯一の目的は2階に上がることだ”
というくらいの熱意があった人が、ハシゴを
考えついたと思うのですね。 
2009-05-12 width=22がんばれば、疲れる。これは当たり前のことだ。
その「疲れたとき」に「がんばるぞ」と、むりやり自分のお尻を
叩けば、がんばり過ぎがたたって、ある日、
「何だかなぁ、生きていくのがイヤになってきた」
ということにもなりかねない。(略)

「あきらめの悪い人」は「がんばるぞ、がんばるぞ、
 ずっとがんばり続けるぞ」とやってしまいがちだ。
だから、ストレスがたまりにたまって、
どこかで身動きとれない状態になってしまう。
健康的に生きていくコツは
「がんばるぞ。少し休んで、またがんばるぞ」
という、いわば緩急のリズムといっていい。

仕事の成果は、まだ十分に出ているわけじゃないけれど、
一休みして、またがんばろう…でいいのだ。
そのほうが結果的には、いい成果があがるのではないかと
思うが、どうだろう。 
2009-05-11 width=22あきらめたほうがいいのだが「あきらめきれない」
というときがある。おそらくはあきらめることで、
すべてが無に帰してしまうのが怖いのだ。
「いままで自分は、いったい何をしてきたんだ。
 まだ、何の成果も上げていないじゃないか」
そういう気持ちになる。
何か形になるものを残せるまで、
あきらめられないように感じる。(略)

しかし挫折であれ、手痛い失敗であれ、どのような体験も
あなたにとっては「貴重な体験」であり「いい勉強」に
なっていることを、忘れないでほしい。
「無」ということでは、けっしてないのだ。

それを糧にして、あきらめなければならないことは、
すんなりとあきらめて、また新しい人生の目標に
向かって歩んでいくほうがいいと思うのだ。

「あきらめる」とは、いってみれば、
部屋の空気を入れ替えることである。
窓を開けて、新鮮な空気を取り込もう。
よどんだ空気は外に出してしまおう。
そうやってゆっくりと深呼吸をすれば、
「よし、やってやるぞ」と新しいファイトもわいてくる。 
2009-05-08 width=22「なにもしたくない!」というのは、
「なんだかやる気がでない、でもそれは疲れているせいなのか
 (だから無理しないで休んだ方がいいのか)、
 でもちょっと無理すればやれそうな気がして
 (だったらがんばってやったほうがいいのかな)、
 でもやっぱりなんかだるくて
 (怠けたいだけ?)、
 なんだかすっきり休めない、かといって、とっとと動けない、
 ああ、嫌だなぁ(やることいっぱいあるのに)、
 もう〜ほんとに、何もしたくない!」
とぐたぐたぶつぶつもらしているつぶやきを
一括したひと言なんですね。

なんじゃそれ?という人は、こころを休ませるのが上手な人です。
なんにもしたくないときは、なんにもしないでいられる人です。
でも、こころが疲れてくると、どんな人も、
こころがなかなか休まらなくなります。

なかなか休んでくれないこころを休ませるには、こころを
ゆっくりゆるやかに解いていくような作業が必要です。
たとえて言えば、せいべい布団のように
堅く薄くこわばったこころを、縁側に出して陽にあてて、
ふかふかのお布団に戻していくような作業、
とでも言ったらいいかなあ。 
2009-05-07 width=22いいところも弱いところも含めた
ありのままの自分を見せると、自分も相手もラクになります。
「自分は偉い」「自分はすごい」という鎧を脱ぎ捨てるだけで、
世界は大きく変わるのです。
自分の弱さを声に出して認めることは、勇気がいるかもしれません。
しかし、いざ認めてしまうとさまざまな苦痛から解放されます。(略)

今、あなたがむしゃくしゃした思いを抱えていたり、
人に対して攻撃的になって生きづらさを感じていたなら、
「それは、自分を良く見せようとし過ぎている証拠だ。
 人に八つ当たりしたり、イジメに走りやすい状態にある」
と、自分を責めることなく、すなおに気づいてみてください。
自分の弱さをさらけ出すという勇気を持つことで、
世界が大きく変わるのです。 
2009-05-01 width=22「払い込みはできるだけ少なく、給付はできるだけ多く」
と主張するのは、天を恐れぬ欲深さというものです。

そもそも年金とは相互扶助の発送から出たものです。だから、
いくら自分が納めても、早く死ねば本人にとって払い損に終わる。
でもその人の納めたお金が長生きをした誰かの役に立つ。
そう思えば決して損得の問題でないことがわかるはずです。

健康保険料については自分が健康でまったく医者に
かからなければ、支払った分はこれも払い損になります。
でも、そのお金は病気で苦しむ人の役に立つ。
健康保険証を使わないことは健康の証しなのですから、
むしろ払い損は感謝に値する出来事のはずです。
いつも損得ばかりの話をするのは寂しい限りです。(略)

不満を引っ込め、感謝の心を持って、
あらためて自分の周りを見直してください。
あなたは何か「見えない力」に
支えられている存在であることに気づくはずです。
そのことに気づいた時、あなたはますます幸せになるでしょう。
敬虔な感謝の心を決して忘れない、
そして、その感謝の心が幸せを呼ぶのです。