width=10
ことば探し
★私は、お金をたくさん稼いで、豊かな暮らしをします★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02648448

■「今日のことば」カレンダー 2006年9月■
2017年 : 1 2 3 4 5 6 7 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 

width=1
2006-09-30 width=22自分の弱点をさらけ出しても、拒絶されたり、
裁かれたり、非難されるということがなく、
そのままの自分を受け入れてもらえるという
安心感があるときにのみ、
人は自分の心の内の世界を解放し、
その内の世界に相手を迎入れる気が起こるものである。

固く口を閉ざした貝を開かせるには
塩水につけることが必要なように、相手を包む、
それも相手の弱さをも包むことができる愛の温かみに浸るとき、
人の心は自然に開かれてくる。

こうして、相手を包む広い心は安心感を生み、
安心感は、相手に身も心もゆだねる信頼感を生む。 
2006-09-29 width=22「私はなにを求めているのだろう?」
誰かと話をする前に、決断を下す前に、
あるいはミーティングの前に、
必ず自分自身にこう問いかける癖をつけよう。

たとえば、あなたはどうしてもしなければと思って、
電話をかけることにしたとする。
だが、実際にダイヤルする前に少し時間を割いて、
その電話が終わった時、何を得ていたいかを考えてみよう。
仕事?契約?相手の謝罪?
それとも、今回の話し合いがうまくいかなかった場合、
次回もう一度話し合うという約束だろうか?(略)

「私はなにを求めているのか?」と問うことで、
あなたも、自分の目的を理解することができるだろう。 
2006-09-28 width=22
周りの人は、
「あなたがあなたを扱うように」
あなたを扱うのです。(略)

不思議なことに、
あなたが自分のことを大切にしていれば、
周りもあなたを大切にするようになったり、
攻撃的な人が
あなたの側からいなくなったりするのです。 
2006-09-27 width=22人の考えには、どんなものにも二元性がある。
どんな考えにもポジティブな面とネガティブな面があるのだ。
そのどちらに焦点を当てるかを決めるのは、
あなた自身である。

たとえば、誰も一人くらい思い当たるだろうが、世間には、
「女なんて生まれつきずる賢いものだ」と愚痴る男や、
「男なんてみんな馬鹿ばっかり」とぼやく女が山ほどいる。
それが持論である以上、彼らは
自らの正当性を主張するためにの証拠を探し求める。
その一方で、それと反対のことを示す証拠は、
見逃してしまいがちである。

実は、反対側
(この場合なら「優しくて知的な異性だっている」)
を示す証拠を探すことこそが大事なのである。
こういった拡張的な考えを支持する証拠が、
前に進む勢いをくれるのだ。 
2006-09-26 width=22
われわれはときに、
絆の強さを試すために愛する人を傷つける
 
2006-09-25 width=22
どんなときでも自分には選択権が
あることを知ってください。

あなたの選択があなたの人生を織り上げます。
あなたは人を選び、姿勢を選び、状態を選んでいます。
その選択を受けて、キャリアや人生が展開されます。

確かにたくさんのものが行く手に立ちふさがっていますが、
それをどう扱うかもあなたの選択に任されています。(略)

勇気ある選択に従えば、
最高の一歩が踏み出せるでしょう。 
2006-09-24 width=22
まずは、他人のほめ言葉を素直に
聞くことができるようになりましょう。
実は、これが案外難しいのです。

ほめられると、気恥ずかしかったり、
照れくさかったりしますし、
相手が露骨なお世辞を言っている場合もあります。

しかし、
「ありがとう、あなたもそうよ」
という言葉を自然に口にすることができたら、
もう大丈夫です。 
2006-09-23 width=22
人生は、沈んでいる時にはいつも、
深刻でせっぱ詰まり、問題だらけにみえることを
理解しなければいけません。(略)

また、気分がほんの少しでも上向きになれば、
人生は必ず良くみえるようになる、
ということも覚えておいてください。 
2006-09-22 width=22松井はこう語っている。

「ぼくは大リーグの投手に対して、日本でやってきたことと
 同じような感覚でアプローチしていません。だから、
 ファンの方には調子悪いように見えるかもしれません。
 ただ、この変化がぼくがこっちの投手に対するための
 変化であって、今さまざまなことを駆使しながら
 対応しているところです。対応しきれてないのは、
 ぼくの調子が悪いのではなくて、こちらの投手の
 質が高いということなんです」
 (語る大リーグ一年目の真実 朝日新聞社)

プライドを捨てる。
一度頂点を極めた人間がこれを実行するのは非常に難しい。(略)
失敗したり恥をかくことは、むしろ成長に結びつくことを、
松井はメジャー1年目で学んだ。 
2006-09-21 width=22
あなたは、何事も自分が取り仕切らねば、
うまくいくはずがないと考えていませんか?

そして心の片すみに、
人を信頼できない自分がいませんか?

万事、決定するのは
自分の責任だと感じては、いないでしょうか?

そういう自分を、
ちょっと遠くから眺めてみましょう。 
2006-09-20 width=22星が見えているのに、どうせかないっこないからと
自分でさっさと星を片づけてしまう人がいますが、
とても残念なことです。

それでいて、そんな人にかぎって、
星の夢を見ては、ため息をついているのです。
もし、あなたがそうなら、
少し自分の頭を揺すってみることです。

これまでと少しちがったものの考え方をすれば、
星のほうからあなたの手の届くところにまで
近づいてくるでしょう。
あなたの頭上に輝く星がきらめているなら、
それを空からひろいあげることも
あなたにはできるはずです。 
2006-09-19 width=22イチローはこんなことを語っている。

「カウント1−3のとき、フォアボールでいいかって
 思う選手、結構いるんだけど、普通に打つ気もなく
 見逃してフォアボールを選ぶことと、打つ気で行って、
 それがボールになって結局フォアボールになるのとでは、
 僕にとって全く意味が違うんですね。
 積極的か、消極的か。同じフォアボールという結果でも、
 そこは僕にとって、全く違う」

並のバッターは「ボールになってくれ!」
と心の中でつぶやく。
一方イチローはピッチャーに向かって、
「最高のボールをストライクゾーンに投げてこい!」
と心の中で叫んでいる。 
2006-09-18 width=22ある病院で、看護婦さんたちの間に、
いつのまにか1つ習慣ができあがっていました。
朝、出勤してくると、皆、まずアルツハイマーで
入院しているひとりのおばあさんのところへ、
「おはよう、おばあちゃん」と
挨拶に行くのです。夕方も、
「さよなら、おばあちゃん」と挨拶して帰ります。

このおばあさんはいつも、誰に対しても
ニコニコして、たった一言だけを繰り返しています。
「あなたはかけがえのない方です」

看護婦さんたちは、おばあさんのその一言を聞くと、
「ああ、私は生きていていいんだと」と
確信するのでした。 
2006-09-17 width=22人生模様はいろいろです。

バラのような激しい生き方をする人もいれば、
野に咲く可憐な花のような生き方をする人もいます。
温室の中でしか生きられない花もあれば、
厳しい冬の気候の中だけで咲く花もあります。

ときには、他の花の人生が
うらやましくなることもあるでしょう。
でも、どの花にも、
それぞれにしかないよさがあります。

自分らしい人生の花を咲かせて、愛することが、
人生を最高に花開かせるコツです。 
2006-09-16 width=22
「すぐやる、100%やる、楽しくやる」
こう自分にいいながらやると、何でも楽しくなる。
不思議な魔法の言葉である。(略)

自由にパターンを選ぶこともできる。
「ぐずぐずやる、適当に60%くらいの
 エネルギーでやる、不きげんにやる」
というパターンも自由だ。

おもしろい対象は実行する対象にあるのじゃない。
自分自身がどのようにその対象とかかわるかで
決まってくるのだ。 
2006-09-15 width=22
(時間があるときにやればいい)
という中途半端な気持ちで取り組んで、
ものになることなどありません。

そんな気持ちでやっていると、
いずれやらなくなることは目に見えています。(略)

ほんとうに何かを達成する人というのは、
時間があってもなくても、やる人です。
なぜなら、彼らは時間がなくても
「時間をつくる」からです。 
2006-09-14 width=22
一年中、活気に満ちて生きている人なんていない。
ボーイフレンドや、夫、親たち、親しい人がいつも
一緒にいるなどということもあり得ない。

心が満たされず、物足りず、寂しいからといって、
親しい人にいつも一緒にいてほしいと願っても無理な話である。

だから、「寂しさ」はあってあたりまえ、と考えて、
寂しさを受け入れ、寂しさに耐え、克服する手段を
自分で考え、見出すしかないのだと思う。
それができてはじめて成人(おとな)なのだ。 
2006-09-13 width=22「昨日の自分」と「今日の自分」を比べてみて、
一歩も進んでいないのなら、
いつ、夢に近づくのでしょうか?
それは、明日でしょうか?
あさってでしょうか?

そうやって努力を1日1日先送りしていると、
「夢」は「幻」のまま
一生終えてしまうことになります。

今日やることです。
今日、夢に一歩近づくことです。
今日一歩近づき、明日また一歩近づく。
これを3年続けてみることです。
そうすれば必ず夢は実現します。 
2006-09-12 width=22
目的が大きいほど実は
小さな努力のくり返しが大事なのです。
幸せをつかむのも、不幸せになるのも、
日々の生活の積み重ねの結果でもあるのです。

もし、あなたが幸せになりたいと思うならば、
小さなことから、始めましょう。
そして、無理なく継続することです。

大きなものの最初は、とても小さいものなのです。
その小さなものが幾重にも重なり、
大きくなっていくのです。 
2006-09-11 width=22
問題にぶつかったからといって、
自分の価値が下がるわけではない。
成長する限り、問題は起こって当然なのだから、
何も気にすることはない。(略)

自分より悪条件の人でさえ、
問題を乗り切っているのだから、
自分にできないはずはない。
この苦しみに打ち勝てば、自分はもっと賢く、
すばらしい人間になれるのだ。
こう考えれば、気が楽になるはずだ。 
2006-09-10 width=22最悪の事態を考えたり、
「わたしには悪いことばかり起こる」と思ったりすると、
それだけで人生は良い方向に進まなくなってしまう。

わたしたちはとかく、まだ何も起こってないうちから、
良いことや悪いことがすぐにでも
起きるような気分になるものだ。
しかし、よくよく考えてみれば、
その時点では、何も起こっていないのだ。

自分が前向きに生きようと思えばそう生きられるし、
暗く生きようと思えばそうなる。
どちらの生き方をするか、
それを決めるのは自分自身だ。 
2006-09-09 width=22人間の気持ちは絶えず変化しています。
しかし、目に見えるような形ではっきりと
変わるということはそうありません。(略)

変化がないかと毎日毎日見ているから、
かえって変化に気づかないっていうことだって
あるんじゃないでしょうか。
僕には子どもがいるんですが、身長が伸びても、
毎日見ている親の目にはまずわかりません。
ところが、久しぶりに会った
おじいちゃんおばあちゃんは、まあずいぶん大きくなってと、
その変化にすぐに気づくのです。

心の変化も、そのように気がつかないところで、
起きているのです。 
2006-09-08 width=22人もお酒もゆっくり熟成する、
「一夜漬け」はそれだけのもの。

「早く、早く」と急いでばかりいては、
ゆったりとした豊かな人間は育たない。
人は菜っぱや豆とはちがって、なかなか
促成栽培というわけにはいかない。 (略)

最初はたっぷりと時間を与えよう。
効率や早い結果を望む気持ちは誰しもあり、
それがわからないわけではないが、
本当によい結果を生むのは、
あまり焦らぬこと、急がぬことだと思う。 
2006-09-07 width=22アホな部分を素直に認めよう、
あるがままのアホでいいではないか。
自分がアホであることを認めても、
自分自身の価値はいくらも減りはしない。(略)

「オレはアホやなぁ。でもアホなんだから、
 アホのままでもいいじゃないか。」
そう思うことができれば、
気持ちがどれほど軽くなるだろう。
生きることがどれだけ、ラクになるだろう。

人の愚かな行為に対しても、「アイツもアホやなぁ」と
許せる気持ちがわいてくるかもしれない。
すると、心に余裕が出てきて、人づき合いも
これまでよりずっとうまく行くようになるかもしれない。

肩の力を抜いて、見栄やプライドを捨て、素直な自分になる。
そのコツが「性アホ説」の中にあるように思う。 
2006-09-06 width=22
相手が嬉しくなる言葉をかけたり、
相手が求めていることをするのは、
何も相手のためだけではありません。
自分の人生を有意義にするためのことでもあるのです。

周囲の人に好かれていれば、
あなたの意見や企画は通りやすくなるはずです。
自分の運が
摩擦という無駄がなく、使われることになります。 
2006-09-05 width=22
私たちは、しばしば、あることについて
1つの感じ方しかないのだと信じているらしいのです。
両面性をよくないことだと考えがちです。
でも、いろいろ混じり合った感情を持つことは、
この世でもっとも自然なことです。

自分の一部では、ある人をもっとよく知りたいと思っても、
別の一部は、近づくのを恐がっていることもあります。(略)

私たちは、あいまいな世界に住む複雑な生き物です。
しばしば、矛盾対立するいろいろな感情、
考えが溢れています。
でも、自分が1枚岩的になる必要はないと気が付けば、
とても自由になれます。 
2006-09-04 width=22同じような価値観を持っていて
何かと意見が合うような人達とは、
衝突も起こりにくいが、
学ぶものもほとんどないということである。

何かと癪に障り、口を開いただけで
むっとくるような人間のほうが、
むしろ真の教師と言えるのだ。

何かにつけてこころの平穏が乱される相手は、
自分の信念が不十分で、本当の安らぎや悟りに
至ってないことを教えてくれる人物なのだ。
そういう意味では、その人は最良の教師なのである。 
2006-09-03 width=22
あなたはどうなりたいのですか?

人から愛されたいのでしょう?
でも、そうだったら、そのための種を
蒔かなくてはならないのです。

トマトが食べたいのなら、
トマトの種を蒔かなくてはなりません。
ですから、愛が欲しいのなら、
まず愛の種を蒔く必要があるのです。 
2006-09-02 width=22
頭で考えることをやめて、
ハートに尋ねてごらんなさい。

そこには常に私たちを助けて
正しく導いてくれる存在がいるのです。 
2006-09-01 width=22
不規則に、刹那的に、そして手抜きする生き方は、
そのときには楽であっても、
それは砂上の楼閣に過ぎません。

「どうでもいい」「何とかなる」
「今が良ければ」「今さら始めてももう遅い」
という生き方は、一年後には、

「どうでもいい」は
「やっぱりしておけばよかった」となり、
「何とかなる」は「助けて」になり、
「今が良ければ」は「どんどん悪くなる」と怖くなり、
「今さら始めてももう遅い」は
「あのときからきちんと努力していれば、
 こんなことにならなかった」と悔やむのです。