width=10
ことば探し
★自分を最大限活かすうえで障害になっているものすべて手放します★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02532768

■「今日のことば」カレンダー 2006年10月■
2017年 : 1 2 3 4 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 

width=1
2006-10-31 width=22大相撲でも同じ稽古をしても、
どんどん強くなる人と、脱落する人がいます。
そして、強くなる人と脱落する人では稽古に対する
姿勢が違うというのです。

同じ稽古でも、全力を出すか、
力を抜くかによって差がつくそうです。
十の力があるとして、七分八分しか力を
出さない人は落ちていきます。
十一の力をつけようと頑張る人は、一晩寝ると、
十一の力がついています。今度は十二。
それを繰り返すうちに何十という力になり、
大関や横綱になれるのだということです。

スポーツの世界だけではなく、私たちの、
日常生活でもまったく同じです。
全力投球して、限界を超えようとすると、
次の新たな力がわき出ます。
すべてを一生懸命にやることで、
自分の世界を広げることができます。 
2006-10-30 width=22
人を動かすためにしなくてはいけないことは、
説明することではありません。
心に火をともすことです。(略)

最悪なのは、やみくもに
「動け、動け」と言ってしまうことです。
「動け」と言われても、人間は動きません。
心地よい環境をつくることによって初めて、
人はやりがいを持ってどんどん動くことができるのです。

今、自分のやっていることは、
まわりの人の心に火をともしているか、
火を消しているかを考えてください。 
2006-10-29 width=22
あなたにはあなたのたましいに合った道があります。
歩む道が正しいかどうかを知るには、
あなたの心に尋ねることです。

生き生きとし、満たされていると感じるなら、
あなたは適した道のりにいるのだ
という確信をもてるでしょう。

しかし、心が虚しく飢え、葛藤しているなら、
もっと深く見ることです。
あなたのたましいが何かを言おうとしているのだから。(略)

たましいを満たすことが、
あなたに真の平和をもたらす唯一の目標なのです。 
2006-10-28 width=22
完璧なのは神様だけだ。
間違いをしない人はいない。
間違いをしないに越したことはないが、
もし間違えたときには訂正し、
その責任をとればいい。

間違いを奨励しているわけではないが、
間違いは恥ずかしいことではない。
誰にでも、いくつになっても間違うことはある。
それに気づけないと、
言い訳したり理屈を付けて、
自分で責任をとれなくなる。 
2006-10-27 width=22
結局、人を動かしていくのは、小さな積み重ねです。
「100のことを同時にやれ」と入れても難しい。
1つ1つのことをやっていくことによって、
相手は動いていきます。
「1つの大きな石を動かせ」と言われても動きません。

小さな石を1つずつ動かしていくことによって、
最終的には大きな石を動かすのと同じことになります。

小さな石を動かした時に、
「あの石、動いてよかったね」
と言ってあげることが、
結果として大きな石を動かすことにつながります。 
2006-10-26 width=22
些細な気がかりで人は動けなくなっていきます。
行動が鈍ります。
ましてや、小さな気がかりが束になって
残っているとしたらどうでしょう。
気持ちが占領されてしまいます。
大きな憂鬱の原因です。
これが「未完了」といわれるものです。

「未完了」が多くなっていくと気分が重くなってきたり、
精神的にもイライラしたり、寂しくなったり、
自信がなくなったり、人に会うのが面倒になったり、
もやもやとしてきます。
あなたは、こんな状態で目標や夢に向かえますか?
きれいさっぱり「未完了」を「完了」させていきましょう。 
2006-10-25 width=22
いい加減な人は、
自分の人生もいい加減にしています。

生き方が安易であると、
人間関係も安易になります。

享楽を好む人には、
同じように享楽を愛する人が集まります。

虚栄心が強ければ、
虚栄心を満たしてくれる人が集まるものです。

その場しのぎの関係では、将来の展望は見えません。
そして索漠たる環境が築かれて、孤独になっていきます。
 
2006-10-24 width=22ブルックリン・ドジャーズに入団したジャッキー・
ロビンソンは、歴史上初めての黒人大リーガーになった。
当時のドジャーズのオーナーだったブランチ・リッキーは、
ロビンソンに言った。
「覚悟しておけよ。いままで考えてもみなかったような
 屈辱を浴びるぞ。だが、おまえがやり抜く気なら、
 おれはとことんおまえを応援するからな」
はたして、リッキーの言うとおりになった。(略)

スタンドの観客から、味方チームから、対戦チームから、
彼は毎試合、人種差別的なヤジを浴びせられた。

ある日、ロビンソンはいつも以上にひどい目にあった。
自分の方向に飛んできたゴロを2度までお手玉して
しまったため、球団全体から沸き起こったブーイングが
雨あらしのように降りかかったのである。

そのとき、何千もの観客が見守る中、チームキャプテンで、
ドジャーズの遊撃手であったピー・ウィー・リーズが、
彼のそばまで歩いていき、試合の最中なのに、
彼の肩に手をまわした。

「あれで、ぼくの野球選手としての人生は救われた」
後日、ロビンソンはそうふりかえる。
「ピー・ウィーのおかげで、ぼくはチームの
 一員なんだって感じることができた」
これこそ、キャプテンに課せられた仕事である。 
2006-10-23 width=22
長い人生、山もあれば谷もあります。
どんな人にも
こうした山と谷が大なり小なりあるのです。

そうした中でも、
自分がこうだと思ったら、
それを諦めないで貫くことが
自分を信じることなのです。

それが自分という人間を
つくることでもあるのです。 
2006-10-22 width=22
「私の言っていることは常識的だと思います」
「私は自分の義務を果たしているわ」
「私は誤解されている」
という考えを握りしめている人に、
心の平安は来ないのです。

いかに自分がちゃんとやっているか、
立派であるか、
相手の犠牲になっているか、そして
相手がいかにその正反対であり、
間違いを重ねているかという
リスト項目を増やすこと…
言ってみれば、証拠集めに忙しく、
心の休まるときがありません。 
2006-10-21 width=22
実現しなかった「大きな一歩」より、
実際に踏み出した「小さな一歩」(略)

結局実現しなかった大きな一歩より、
実際に踏み出した小さな一歩のほうが、
効果が高いことを忘れないでほしい。 
2006-10-20 width=22
コミュニケーションの目的とは、お互いを安心させ、
お互いを勇気づけ、元気づけることです。

なぜなら、わたしたちはたったひとりで
生存できるわけではではないからです。
まわりの人をいかに生き生きさせるかということが、
あなたがより豊かに生きていく、
もっとも効果的で確実な方法だからです。
つまり、まわりが沈み込んでいたり、
落ち目になってしまったら、あなたの
生存も基本的に危ぶまれていくのです。(略)

お互いに元気づけ合っていることが必要なのです。 
2006-10-19 width=22
人にエネルギーを注ぐと、
それでこちらのエネルギーが失われてしまうかといえば、
そうではなく、注ぐことによって
またそのエネルギーが大きくなってこちらに返ってくる。(略)

人にエネルギーの波動を伝えることで、
それが跳ね返ってきて自分のエネルギーが大きくなる。
呼吸と同じように循環しないと、それは死んでしまいます。(略)

ただ人からパワーをもらおうとするのではなく
人にあげようと思うと、エネルギーは泉のように湧いてきます。
それはどんなに疲れていると思えるときでも、
与えようと思えば湧いてくるんです。 
2006-10-18 width=22種はたくさん播いておきましょう。
畑に種をせっせと播いておくと何本かの芽を出します。

親が子供の心によい種をたくさん播いておくと、
親がこの世を去ったあとに、子供は思いがけず、
親の播いてくれた種が自分の中で大木に育ち、
実を付けているのを発見することがあります。

そんな時、人は誰でも親のありがたさを、
どんな時より身にしみて感じるのです。 
2006-10-17 width=22
非現実的なスケジュールを立てていないか?

成功とは、階段を一段ずつ昇って勝ち取るものなのだ。
しかも、次のレベルに進むのにどれだけ時間がかかるか、
わかるとはかぎらない。

自分の進歩を他人の進歩と
比較したくなる衝動を抑えよう。
あなたの進歩はある人たちよりは早いが、
他の人たちよりは遅い。

ポジティブな心の姿勢を維持し、行動を起こし、
軌道修正しよう。
そうすれば、結果はついてくる。
 
2006-10-16 width=22人が生きるということは、
「機械的に日課をこなす」ことではありません。

私たちは生身の人間であって、
機械仕掛けの人形ではないのです。(略)

私たちは人間です。
せっかく人間としてこの世に生まれたのだから、
人間らしく生き生きと日々を過ごしたいものです。 
2006-10-15 width=22ユーヌス教授はことがあるごとに言っている。

「そんなことは無理だ、だめだと言われ続け、
 その説明も聞かされてきた。
 でも、やってみたらできたんだ、
 いままで誰もやったことがないが、
 素晴らしい成果を上げることができたんだよ。」

モハメド・ユーヌスとの対談から抜粋
『ラピス・マガジン』から転載 
2006-10-14 width=22「和敬清寂」わけいせいじゃく

キュウリとしらすの和え物は、それぞれの味が
引き立って美味しいけれど、これをミキサーにかけて
どろどろのジュースにしてしまったら、
どちらの味も死んでしまう。
キュウリとしらすは、それぞれの個性そのままで、
一緒に小鉢にいてくれるのが平和です。

仲良しでいるということは、自分を相手に
合わせていればいいというものではなく、
自分という個性をそのままに、相手の個性も
そのまま認めて一緒に過ごすということ。
これが「和」です。

和でいるコツは、相手を敬うこと。
その結果、居心地のよい清々しい関係ができます。 
2006-10-13 width=22
どんな体験も
その表面だけで判断してはいけません。
これ以上ひどいことはないと思える体験が、
最良になることもあるのです。(略)

何か心傷むことが起こるとき、
それは物語の終わりではありません。
それは本の中のひとつの章に過ぎないのです。
物語が終わりになるまであきらめないでください。
そうすれば、
起こったことすべての意味と価値がわかるでしょう。
そして、あなたが目覚めるために、
それらがどう役に立ったかわかるでしょう。 
2006-10-12 width=22
あなたには、
あなただけが贈ることのできる
贈り物があります。

それを贈るのです。 
2006-10-11 width=22
あれも言いたい、これも言わなければと
思うときほど、ちょっと立ち止まって、
自分の心、相手の心にどれくらい
“ゆとり”があるかを
振り返ってみることが大切なのです。 
2006-10-10 width=22過ぎてしまった過去と他人の心を変えることは、
決してできません。けれども、
過去の事実をどのように受け止めるかは、
その人次第なのです。

割り切りすぎと感じるかもしれませんが、
考え込んでも変えられないことに
貴重な時間やエネルギーを注いだり、
無理な関係に固執するより、
もっと自分のためになる、
建設的なことに考えを巡らせ、
自分の力を使うのが、
自分のためだと言えるでしょう。 
2006-10-09 width=22現在(いま)、その基礎がしっかりしていなければ、
将来理想のゴールに到達することは不可能だ。
にもかかわらず私たちは、
よりよい未来に憧れるばかりで、
現在(いま)をないがしろにしている。

そしてつぶやくのだ。
「あれさえ手に入れば、うまくいくんだけどなぁ」
「このクレジットカードの借入をきれいに返し終えたら、
 ずいぶん楽になるんだが」
「素敵な結婚相手さえ見つかれば、幸せになれるのに」…

どういう問題であれ、
いちばん早く解決する方法は、
正面切って取り組むこと。
それを忘れないでほしい。 
2006-10-08 width=22
人のいうのは、誰かと対したとき
「この人は自分と同じ世界の人か、違う世界の人か」
を瞬時に判断しているものです。
相手の身なりや顔つき、動作といったものから
発せられる電波を瞬間時にキャッチして、
自分と同じ世界の人かどうかを判断し、
選択しているものなのです。

いうなれば、自分のまわりにいる人たちが
どのような人かをながめると、自分がどのような
電波を出しているかがある程度わかります。
逆に自分の発する電波を決めることで、
集まってくる人たちを変えることもできるのです。(略)

ですから「自分にとって必要な人はこういう人」
と決めたら、そういう人を、
引き寄せられる電波を発していくということが、
とても大切になってくるのです。 
2006-10-07 width=22チャーリー・ブラウンは、
「何をやってもうまくできない」症候群
に苦しんでいた。

ルーシーは、そんな彼にいつでも
欠点を指摘してあげた。

あるとき、ルーシーは腰に手をあてながら
こう言った。

「チャーリー・ブラウン、
 あんたって人生の
 ファール・ライナーよ!
 サッカーのオウン・ゴールよ!
 ビリヤードの空振りよ!
 18番のボギーよ!
 ボーリングのガーターよ!
 湖に落っこちた釣り竿とリールよ!
 フリースローの失敗よ!
 大きくそれた9番アイアン、わかってるの?
 あたしの言ったこと、理解した?」
 
2006-10-06 width=22
曹洞宗の開祖である道元禅師も

「悪いことをしても、別に困ったことが
 起こらないから大丈夫なのだとか、
 良いことをしても、
 良い運がこないからむなしいなどと
 考える人もいるがそれは間違いだ。

 時期がくれば必ず悪いことをした人の運は悪くなり、
 良いことをした人の運は良くなる」

と言ってます。
これを「時節因縁」といいます。
つまり結果が出てくるには時間がかかるのです。 
2006-10-05 width=22
私たちのような小兵力士が横綱と闘おうとしたら、
頭を使い、創意工夫をこらし、まったく独自の
戦法を編み出すほかないのだ。

だから私は、常識的に考えたら、
「可能性がない」という分野や技術に力を注ぐ。(略)
「そんなものは無理だ。売れっこない」と、
誰もが最初から見向きもしないテーマがみつかったら、
どんな困難でも挑戦してみる。
知力と情熱を全力で集中させれば、必ず道は開ける。

「誰もやらない、だからやる」
が、私の信条である。 
2006-10-04 width=22毒になる人は、いつも相手を自分のレベルまで
ひきずりおろそうとする。

あなたにできないことをすべて指摘して攻撃する。
「不景気だ」「困っている」
「まもなくあなたの人生に問題が起こるだろう」
「将来、ひどい事態が予想される」
というような、あなたの気分を滅入らせることを
面と向かって平気で口にする。(略)

毒になる人の話を聞くと、あなたは
すっかり暗い気分になって落ち込んでしまう。
こういう人のことを「ドリーム・キラー(夢を壊す人)」と
表現した本を読んだことがことがある。
また「エネルギーの吸血鬼」と書いた人もいる。 
2006-10-03 width=22
人生では、
望みの状態を保つために努力することも必要だ。
なんだかんだと理屈をつけて、
だらしなさに甘んじてはいないだろうか。

だが、
手のつけようもないひどい状態になるのは意外と早い。 
2006-10-02 width=22
こういうふうに考えてください。

たとえ相手が間違っていても、
相手はまだそこまでしか成長していなくて、
それだけの経験しかないのだからしかたないのだと。
その人はそれ以上うまくやることができないのです。
もしもできるなら、とっくにそうしているでしょう。

ですからあなたとしては何か一言あっても、
相手は相手なりに正しいのです。 
2006-10-01 width=22
カウンセラーは、
「あなたのお父さんは、あなたが99%うまくやっても、
 うまくできなかった1%に焦点を当てる人だったんですね」
と言いました。(略)

その時から私の心は軽くなり、
99%うまくいったことのほうを受け取り、
うまくいかなかった1%を見逃せるようになりました。