width=10
ことば探し
★私は、自分の命にとても感謝しています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02656192

■「今日のことば」カレンダー 2006年1月■
2017年 : 1 2 3 4 5 6 7 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 

width=1
2006-01-31 width=22もともと日本人は100点満点を
目指そうという傾向が強いのですが、
複雑な人間社会で満点をとることは不可能です。

じつは、人間がすることはすべて
78点が最高なのです。

これが「78点の法則」といって、
「78対22の定理」「ユダヤの法則」とも
よばれている真理です。

最高にうまくできたと思っても、
現実には78%しか達成していません。
いつも22%は残ってしまいます。

でも、それでいいのです。

残った22%は、次のステップで
解決すればいいからです。
22%の改善点があるから、
未来は明るいのです。 
2006-01-30 width=22
夢の種は、どこにも売っていない。
自分で決めれば、それが
「理想的な夢の種」になる。

友人や両親、先生は目標を
示してくれるかもしれないが、
「どの夢が自分にとって1番いいのか?」
という問いに答えられるのは、
あなたしかいないのだ。
 
2006-01-29 width=22
「もうこれで絶対に安心、大丈夫」

そう思うところから、
容易に人生はくつがえるし、

「もう絶対絶命、何があっても
 立ち直れない」

そう思うところから、
人生は奇跡的な出発をとげることが
多いのです。 
2006-01-28 width=22
ストレスが命の泉だなんていう人は、
いないでしょう。

休息こそがあなたの命の泉です。

休息があってこそ
いい仕事ができるのです。 
2006-01-27 width=22ひとは、心の愛やテレビドラマに出てくる
格好いい愛などには、心をひかれないものです。
たとえ格好が悪くても、いくらぶざまでも、
まっすぐな本心が見えると、心を動かされます。

愛というのは、そんな小さな出来事が
積み重ねられているに違いありません。

おそらく人間は、大げさな愛などは
いつまでたってもよくわからず、
ただポツンと灯る小さな愛の出来事を、
後生大事に胸のなかに
しまっておこうとするものなのでしょう。
だからひとは、小さな愛に弱いのです。 
2006-01-26 width=22
「他人の重荷を軽くできる人は、
 みな有能な人である」(略)

あなたは他人が抱えている人生の重荷を
軽くしているだろうか。
他人の重荷を軽くすることは、
自分がよりポジティブに生きていくのにも
たいへん役に立つ。

あなたの助けを必要としている人を見つけて、
その人の重荷を軽くしよう。 
2006-01-25 width=22ツボを心得ていない人は、ただがむしゃらに
働く傾向があります。
言われたことを全部やりさえすれば、
それで文句を言われないと思っているのです。
そしてそういう人は、ほんとうに
なんでもかんでもやってしまいます。

でも、いちばん肝心なツボだけは
押さえていないことが多いのです。
あまりに忙しすぎて、何がいちばん肝心なことかを
考えるゆとりがないのです。(略)

なんでもかんでもただがむしゃらに
やればいいというものではありません。
物事にはすべてツボがあります。
一押しですべてが動くようなツボを見つけるのです。 
2006-01-24 width=22「謝るのは男の名折れ」
「自分の非を認めるのは、ひどい恥辱だ」
などといった過去の迷信を引きずっていては、
人はついてこないし、
世間からそっぽを向かれる。
まして、国際社会で通用するはずもない。(略)

ビジネスマンの中にも、
「謝罪すれば信用を失う」
「ここで詫びれば会社の権威を失墜させることになる」
と、旧態依然の考えにしばられている人がいる。
  
彼らは、
「詫びるべき時にきっちりと詫びなければ、
 決定的に信用を失う」ことに気づいていないのだ」 
2006-01-23 width=22「だめな叱り方」

●「だめ、だめ」しか言わない
●言い訳も聞かずに頭ごなしに叱る
●なんで叱るのか理由を言わない
●くどくどと同じことを繰り返す
●どうでもいいことを針小棒大に叱る
●「わかったか!」のダメ押しを言う
●行為を叱らないで人柄・人格を叱る
●権威をカサに着て叱る
●過去のことを持ちだして叱る
●時を場所を考えないで叱る
●自分の好みに合わない人だけを叱る
●自分の保身のために叱る
●叱った後も不機嫌な顔をしている
●叱りっぱなしで後のフォローをしない
●自分の感情処理の道具にして叱る

(●は見やすくするために付記) 
2006-01-22 width=22洋菓子で有名なボンボヌールの近藤社長さんから、
昭和天皇の名侍従長だった入江相政(すけまさ)さんの
話を聞いた。(略)

宴がたけなわになると、
侍従長はカセットを取り出して、必ず録音なさる。
何のためか?

周りの人は気にしながらも、だれもそれを知らなかった。
ある晩、たまたま近藤社長がご自宅までお供をした。
そこで初めて訳を知った。

奥さんは目が不自由だった。
しかも年老いてからの失明だ。
その奥さんに、
「今晩はこれこれ、こんな人たちと、こんな話をした」
と聞かせるためだったのだ。

奥さんが、そのテープを嬉しそうにお聞きになる。
その夫婦の姿を見て、社長はただただ涙したという。 
2006-01-21 width=22
問題のひとつやふたつ、
100や200はもったまま、
散歩もできるし、ご飯も食べられる。

笑うことも楽しむことも、
失恋することもできる。

10年か100年もすれば、
たいてい、
どうでもいいことになります。 
2006-01-20 width=22「どのくらいまで相手を思いやればいいのだろう」
女はいつでもどこでも気をつかいすぎている。

私はこれを「行きすぎた気配り」と呼んでいる。
率直さや公平さ、支援も必要だが、
「行きすぎた気配り」は無用。

自分からあれこれやたらに気を使う人は
けっきょく軽んじられる。 
2006-01-19 width=22生まれ育った環境、時代、両親、家族、
学校、社会、制度、政府、雇い主、仲間の圧力、
友人や配偶者の評価など、
実にさまざまな外部の力が
自己像形成に影響している。

しかし、

現在の自分がおかれている境遇、失敗したのも、
努力できないのも外部のせいだとするなら、
「自分の人生は行き止まり」だと
言っているのと同じことである。 
2006-01-18 width=22
かつての最良の解決策が、

現在では
問題点になっていることに気づく
 
2006-01-17 width=22
私たちは知っているのです。
「本当に大切なもの」
は何かということを。

その大切なものを、自分の中で
大切にしていきたいものです。

それが自然な表情となってあらわれた時、
私たちの個別の魅力が輝くと思うのです。 
2006-01-16 width=22
「君の毎日投げる姿を見たい」

大リーグで当時先発として活躍していた投手に対し、
力不足と判断した球団が、
「抑え投手」に回るように告げたときのセリフです。

先発からの降格は、投手として屈辱的なことですが、
告げられた投手は
「何かいい気分になった」と言います。

向上心を失わせることなく降格を言い渡すことは
難しいことですが、ユーモア感覚によって、
救われることがあるということです。 
2006-01-15 width=22
コミュニケーションに
痛みや不安が伴うのは、
当たり前じゃないですか! 
2006-01-14 width=22
意地をはれば張れば張るほど、
私たちは苦しみます。 
2006-01-13 width=22考え方を変えなければ、人間を変えることはできない。
たくさんの人がこんな勘違いをして
いるのではないでしょうか。

ツイてなかったり、自信のない自分を変えようと思って、
それまでの考え方を変えてしまう人がいます。
でも、人は自分の考え方を変えても、
人間そのものを変えることはできません。

人間の波動(※)は言葉なのだから、
声に出している言葉を変えない限り、
人間の行動や考え方を変えることはできないのです。

言葉に出しているうちに自分の波動が変わってきます。
すると、自分に対するまわりの見る目が変わってきます。
しばらくすると、だんだん自分の行動も変わってくるのです。

(※波動とは、人間が発している目に見えない
  パワー、影響力のようなもの) 
2006-01-12 width=22
わたしの起こしたい奇跡、
それは、空を飛ぶことでも
海の上を歩くことでもない。

わたしのそばにいるだけで
その人のこころがやすらぎ、
穏やかになること。

これまで、何人かの人が
わたしにそうしてくれたように。 
2006-01-11 width=22
人と話をする場合に、自分がこれからする話を、
相手が受け入れやすい状況にあるかどうか、
しっかりと見極めることが大切になってきます。

聞き手の都合や生理、心理を考慮に入れて、
話すということは、相手の立場を重んじることであり、
それは思いやりに通じます。(略)

何はともあれ、してはいけないことは、
一方的にこっちの都合で話すこと。
相手のことを考えずに自分の都合ばかりで進めると、
いずれは報いを受けることになります。 
2006-01-10 width=22どんなに力のある人でも、
どんなに自主独立の生き方をしている人でも、
自分だけではどうにもならない状況
というものが必ずある。

人にアドバイスをしてもらったり、
人に支えてもらったり、
人に助けてもらったり
しなければならないときが絶対にあるのだ。

人に助けを求めることは、一見弱さの
象徴のようにも思われるかもしれないが、
そんなことは決してない。(略)

つまり、助けが必要なときに
誰かに助けを求められるのは、
自我の防衛機能が発達している証拠であり、
その人が弱いからではなく、強いからこそ、
できることなのだ。
自分を守る強さを持っているということなのである。 
2006-01-09 width=22
あなたは正しい。
あなたの思っていることも正しい。
だから?

コミュニケーションから、
裁判官と弁護士をなくしなさい。
もちろん、検事も。 
2006-01-08 width=22あなたの心は庭のようなもの。
耕されることも、
野放しにされることもあるが、
そこからは必ず何かが生えてくる。

ただし、野放しにされた庭から生えてくるのは、
何の役にも立たない雑草だけです。

あなたがもし良い人生を生きたいのなら、
庭造りの名人が雑草を取り除き、
その後にきれいな草花の種をまくように、
自分の心の庭から悪い考えを取り除き、
そこに良い考えを植え付けなくてはなりません。 
2006-01-07 width=22
いつもややおおめに
優しさを示すことが、

幸福な対人関係を
永続させる基礎である。
 
2006-01-06 width=22
「知っている」から「やれる」わけではない。

泳ぎについて100冊の本を読んでも、
あなたは泳げるだろうか?
実際に水に入り泳ぎを練習しない限り、
泳げないのは明白である。

人は往々にして、「知っていること」を
「やれる」と錯覚してしまうのである。(略)

「知行一致」という言葉がある。
知ることは行うことであり、
行うことが知ることである。
すなわち、知と行が一体となった時、
本当の意味で知ったということになる。 
2006-01-05 width=22人間の脳は、ひとたびある目標が強く
インプットされると、
その目標を達成しようと動き始めます。

すると、突然にそれまで見過ごしていた
チャンスが目に入ってくるようになりますし、
聞こえなかったものも聞こえるようになってきます。

それは、脳内にあるRAS(Reticular Activating System)と
いう神経系がはたらき、意識空間が
驚くほど広がるからです。(略)

何かを心から求めたり必要としていると、
本人が意識するしないにかかわらず、
脳が自動的に情報を収集してきてくれます。

だから、夢をかなえる上で、この脳内の
RASのはたらきを存分に活用しない手はありません。 
2006-01-04 width=22人生にはあなた宛のメッセージが
いっぱい隠れています。

メッセージはさまざざな形でやってきます。
思いもよらぬ包みにくるまれていることもあるし、
届く頻度はてんでバラバラ。(略)

あらゆるメッセージを、
そのやってくる時期や形態にかかわらず、
残らずすべて受けとめられるよう、
心の窓を精一杯広げること、

あらゆる物事やあらゆる人間に体現されている
真理を読み取れるよう、
心をいっぱいに開け放つこと…

それはわたしたち人間が授かった
神聖なチャンスです。 
2006-01-03 width=22どういうわけか、友達や単なる知り合いを
ありのままに受け入れることは
それほどむずかしいことではないが、
それが身近な人になると、
なかなかそうはいかない。

相手を心にかければかけるほど、
その人を傷つけたり、他の人と比較したり
してしまいがちだ。

愛する人をりっぱな人間にしたい、
苦しみから守ってやりたいと思うあまり
その人を一人前の人間として
扱うことができないのである。

友人にたいしてのほうが、
信頼感や寛大な心や思いやりの
気持ちをもてるのはたしかだ。
しかし、愛しあうためには、
こういったものこそが必要なのである。 
2006-01-02 width=22
ほほ笑みは愛。
ほほ笑みは心を動かすのです。

だからこそ、ほほ笑みにはほほ笑みが
返ってくれば幸せです。
ほほ笑みとほほ笑みが行き来するほどに、
幸せはもっとふくらみます。

ほほ笑みは、ほほ笑む人自身を心地よくする。
もちろん、ほほ笑みを目にするのも心地よい。
そのほほ笑みに、さらに周囲のほほ笑みが
加われば、もっと心地よく、
もっとふっくらと愛がふくらむ。 
2006-01-01 width=22仕事でもスポーツでも、上達の基本は
継続して行うことであろう。
すぐにあきらめてはしまっては、成長できない。
たんたんと続けることが上達のためには近道と
いえるのではないだろうか。
つまり何ごとも三日坊主では、
充分な力がつかないのだ。

しかし、一方でこんな考え方もある。
たとえ三日坊主でも「何もしないよりは、まし」
という考え方である。

一日でも二日でも、とにかく実際に何かをやった実績。
それだけでも、自分にとってプラスに
なるという考え方である。(略)
実際、一日でも二日でも、何かをすれば、
それなりに得るものはある。

「三日坊主で終わるかも知れない」と思っていても
一生の仕事になった例はいくらでもある。