width=10
ことば探し
★私は、ほしいものすべてを手に入れることができます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02743028

■「今日のことば」カレンダー 2005年8月■
2017年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 

width=1
2005-08-31 width=22人は生まれながらにして、
自分のパワーを使うようにできています。

ですから逆にそのパワーを
使わないでいると、
無力感や感情鈍麻、憂うつを体験します。

そのことがあなたにとって、
何かが思うようにいってないという
サインになるのです。 
2005-08-30 width=22人間をよく理解する方法は、
たった1つしかない。

それは、
彼らを判断するのを決して
急がないことである。 
2005-08-29 width=22目標になるものが身近に存在するということは、
自分の夢や希望がどんなに大きくても、
それが単なる妄想でないことを教えてくれます。

「あの人だってできたのだから、
 自分だってできる」

という決意に、目に見えるモデルが
与えられているのです。 
2005-08-28 width=22若い人たちを見ていると、どうやって
相手を笑わせるかということを気にしている一方で、
自分が笑われるのをものすごう嫌がっている。
芸としては、笑われるほうが、
笑わせるより本当はずっと高級なのだが。(略)

人に笑われないように頑張るのは大変だ。
笑われたっていいではないか。
うまく笑われたらもっといい。(略)

人間というのはお互いに迷惑を
掛けたり掛けられたり、
笑ったり笑われたりしながら生きていくのが、
自然なのである。 
2005-08-27 width=22口グセ、言葉グセには、自分では
気がつかなかったり、よいつもりでいても、
逆に嫌われたりする例が多い。

仕事柄、研修会でいろいろな人に出会うが、
先日は、人に何かを言われると間髪を入れず、
「違うんです」と言うのが口グセの
ビジネスマンにめぐりあった。

わたしが口グセを指摘したときも
「違うんです」と言って、
まわりの人達が腹を抱えて笑った。(略)

言葉グセがよい意味での自己PRに
なっている場合はともかく、
知らずにいて、しかも相手を不快に
させているのでは、マイナスにしかならない。 
2005-08-26 width=22雨が降れば 降っていい
雪が降れば 降っていい
嵐が吹けば 吹いていい

悲しければ 悲しくていい
恨みたければ 恨んでいい
怒りたければ 怒っていい
苦しければ 苦しくていい

誤解されれば 誤解されていい
人の目が気になれば 気になっていい
傷つけば 傷ついていい
だまされたら だまされていい

転べば 転んでいい
また立ち上がって 歩いていく
私は わたしなんだから… 
2005-08-25 width=22人はよく
「自分のことは自分が一番知っている」といいます。
たしかに自分の思いは、
他人にはうかがいしれない場合が多いのですから、
他人よりも自分のほうがよく知っているはずです。

しかし、自分の考えや行いが果たして独善でなく、
道理にかなっているのかどうか、
社会的に正しいことかどうか、
また、人情の機微に適したものであるかどうかを
評価する段になると、これはまた別だと思うのです。(略)

人間というものは、どうしても
知らず知らずのうちに自分中心に、
あるいは自分本位にものごとを考えがちになって、
他人からみたらずいぶんおかしいことでも、
一生懸命に考え、
それを正しいと信じている場合が多いのでは
ないでしょうか。 
2005-08-24 width=22聞いてもらいたい、
わかってもらいたいのは、
人間に共通した心理である。

そこで、つい自分のことばかり
喋りたくなるのだが、
その結果どうなるかといえば、
もう説明は不要だろう。

自分がそうだとすれば相手も
同じであると気づいて、
まず相手の気持ちに応えていく。

これができるかどうかなのである。 
2005-08-23 width=22信頼するとは、
彼にもできると信じてやること。

頼まれる前にあれこれ手や口を出したり
改善しようとしたりしないこと、

たとえ間違っても、
そこから何か学びとるだろうと
信頼してあげること、

彼なりの最善を尽くし、
よかれというつもりでやっているのだと
信じてあげることである。 
2005-08-22 width=22だいじょうぶなふり、
賢いふり、
偉そうなふり、
あるいは、
馬鹿なふり、
友だちがたくさんいるふり……

自分を大きく見せたり、
ときには小さく見せたり。

そうした自分でいれば、
まわりの人に受け入れられる、
愛されると思い込んでいるのです。 
2005-08-21 width=22重要でもないことで喧嘩をしない。

こんなことで争って何か意味があるのか、
と思うことはないだろうか?(略)

もし、意味のある返事が期待できないようであれば、
わざわざ怒りを引き出すような質問はしない方が
よいだろう。

怒りの地雷は、いろいろな場所に転がっている。
それが爆発するかどうか、わざわざ踏んでみる
必要はないだろう。 
2005-08-20 width=22天の下では何事にも決まった時期があり、
すべての営みには時がある。

生まれるに時があり、死ぬに時がある。
植えるに時があり、植えたものを引き抜くに時がある。
殺すに時があり、癒すに時がある。
崩すに時があり、たてるに時がある。

泣くに時があり、微笑むに時がある。
嘆くに時があり、踊るに時がある。
石を投げ捨てるに時があり、石を集めるに時がある。
抱擁するに時があり、抱擁をやめるに時がある。

探すに時があり、失うに時がある。
保つに時があり、投げ捨てるに時がある。
引き裂くに時があり、縫い合わせるに時がある。
愛するに時があり、憎むに時がある。
戦うに時があり、和睦するに時がある。 
2005-08-19 width=22私たちは生まれながらにして
心の知恵を備えていると思う。

その知恵は私たちの奥深いところにあって、
正しい選択をするようにメッセージを送ってくる。
だからよく耳を澄ませば、常にメッセージを
送っている周波数をキャッチすることができる。

あらゆることについてメッセージは送り出されている。
練習が必要だとか、休憩が必要だとか、
誰かと一緒にいたほうがいいという具合に(略)

同じメッセージが3度繰り返されたら、
心を留めてよく聞くのがいい方法なのだ。 
2005-08-18 width=22希望というものは、
生きる救いを与えてくれるものだ。
生きる力を与えてくれるものだ。

だから、根拠がなくても、
理屈が通らなくても、
そんなことはどうでもいいから、
「お守り」のようにしっかり
持ち続けておくことが必要なのだ。

真昼の月は、空に出ていても目には見えない。
しかし、見えないけれども、
そこには確かに存在している。
希望も同じではないかと思う。

真っ暗闇の中で、何にも光は見えないけれど、
そこには確かに希望があると信じることこそ、
大切なのだ。
そのことが暗闇を生き抜く力になるのである。 
2005-08-17 width=22人の弱点に不用意にふれないこと。
これは人と人との関係で心しておきたいことだ。

人は誰でもウィークポイントを持っている。
劣等感もある。
恥ずかしい過去や、ふれられたくない部分もある。

しばらくつきあっているうちに、
どんなことに弱みがあるのか、わかってくるだろう。
ここがわからない人は、
残念ながら人との関係がうまくいかない。

知らずにふれてしまうこともあるが、
わかってきたらなるべくふれないようにするのが思いやりだ。
人の弱みを知ると、わざわざそこをちくちくと責める人を
たまにみかけるが、これほど品位のないこともない。
見ていて気分が悪くなる。

また、人が劣等感を持つ部分を「鍛えてやろう」と
いわんばかりの態度で、わざと人前で取り上げる人もいる。
よほど人を指導する力を持った人ならともかく、
たいていは、体のいい「いじめ」ではないか。(略)

「あぁ、この人はこういうことにイヤな思い出があるのだな」と
気づけば、その人といっしょにいるときには、その話題を避ける。
知らない人がそちらの話題へ持っていきそうになったら、
さりげなく話題を転換する。
そういう思いやりを持ちたい。 
2005-08-16 width=22花にたとえるなら、ビーイング(存在)は根っこで
ドゥーイング(行為)は茎と花です。

人間は、目で見ることのできる
ドゥーイングの世界にとらわれてしまいがちです。

ビーイング、つまり根っこがなくなったら、
ドゥーイングは切り花になってしまいます。

根っこのある花は枯れてもまた大輪の花を
咲かせることができますが、
切り花はただ枯れてゆくだけです。

人間は本質を忘れ、目に見えるものだけに
翻弄されてしまうと、枯れてしまうのです。
 
2005-08-15 width=22
「続けねばならない」という義務感からは、
ひとつのことを継続できない。
しかし、誰にも「続けずにはいられない」こと、
「続けたくなってしまう」ことがあるはずだ。
それこそ、あなたの「継続」につながる。

たったひとつでいい。
ひたすら続けていこう。

それが、人生を大切に生きてゆくことであり、
あなたの心に日々の安心をもたらすのであり、
人から大切にされることにもつながっていくのである。 
2005-08-12 width=22
人生での「勝ち負け」を、
「これは、私にとって重大な意味がある」
などと思い込まず、
むしろゲームとして楽しむようにしたい。

行動的になろうと心に決めて、
ゲームの作戦をたて、
その人に体当たりすることだ。 
2005-08-11 width=22フライトしている時に、副操縦士が
「これはこうではないですか」
「こうした方がよくないですか」
とアドバイスや意見具申をしてくれる時があります。

かなりの部分が、機長は理由があってやっていて、
副操縦士にはその理由が見えていないことなのですが、
どんな時でも、
例え副操縦士が間違えている時でさえ、
第一声は「ありがとう」であるべきだと思っています。

副操縦士が機長のやっていることに対して、
何か言うのは、やはりそれなりに
言いだしにくいことなのです。(略)

何か言ってくれたら、
それが正しくても間違っていても、
言ってくれた勇気に対して「ありがとう」が
第一声であるべきです。 
2005-08-10 width=22のどもと過ぎればではないが、

私たちは往々にして
忘れてはならないことを忘れ、
思い出したくもないことを
よく覚えているものだ。

どうでもいいことを
美化してみたりするかと思えば、
肝心なことを忘却の彼方におしやる。

夫との劇的な出会いを忘れ、
どうでもいい男性との成就しなかった恋を
後生大事に心の真ん中にとっておいたり
していないだろうか。 
2005-08-09 width=22太陽はいつも光り輝いています。
しかし、雲が厚くそれを覆っていると
光りは弱まり、
私たちには明るく感じられません。

けれども、太陽の光が
弱まっているわけではありません。
ただ雲が厚くて見えないだけなのです。

これを心にたとえると、
心は無限の力をもっているのに、
欲望、憎しみ、怒り、雑念などの雲が
この光を覆い隠し、
力を発揮できないようにしている、
そういうことです。(略)

もし本当の心の力を表したいのなら、
できるだけ雑念を排すような生き方をすることです。
すると本当の心が輝いてくるのです。 
2005-08-08 width=22
他人があなたを見る目は、
あなた自身の見方とは異なる。

他人が一貫してあなたについて
ある特定の見方をするなら、
たぶんあなたはそのような人なのだ。

それを受け入れた方がいい。

もし好意的な意見を言ってくれたら、
深く心にとめ、励みにしよう。 
2005-08-07 width=22エネルギーを使い果たすと「充電」が必要になる。
充電しないと、精神が働かなくなる。

ときどきは、自分のために何かをすることを
第一に持ってきたほうがいい。(略)

栄養不足になった心は、
イライラをつのらせるだけだ。 
2005-08-06 width=22愛するということは、
自分や相手のすばらしさを
実感することではありません。

いやなところを受け入れることなのです。

いいところを好きになることは
誰にでもできます。

しかし、それは、愛ではなくて、
単なる好き嫌いにすぎません。

醜い部分、いやな部分を許し、
受け入れるのが本当の愛なのです。 
2005-08-05 width=22
乳飲み子からは 肌を離すな
幼児は肌を離して 手を離すな
少年は手を離して 目を離すな
青年は目を離して 心を離すな 
2005-08-04 width=22毎日生活をしてゆく上で、
「どうして私だけ、こんな損をしていないと
 いけないのか」と思うことがある。(略)

物事は反対から考えてみると
納得できることがあるものだ。

何か「損した」と思うようなことを
それではもし自分がしなかったとしたら
何を「得したのか」と
考えてみることである。 
2005-08-03 width=22自分を自由にさらけ出すことができ、
また、自分についてのいろいろな話題が
顔を出してもまったく平然としていられれば、
あなたは今より数段強い人間になれる。

心の中に小さな立入禁止区域をいくつも持って、
そこにとじこもっているときよりも、
ずっと強くなれる。 
2005-08-02 width=22不幸は比較から来る。

あなたが無意識的に、
いまの状態を別の状態と比べるとき、
たとえばもっと若かったとき、
もっと健康だったときとくらべるとき、

あるいは昔ある友達がいた頃と
今の孤独をくらべるとき、

なにか社会的な名誉を身につけて
浮き立っていた頃と今の状態とを
比較するとき、
不幸感が訪れるのである。

比較のないところに不幸はない。 
2005-08-01 width=22方向が定まらないまま鬱々と悩む時間には、
「すべき価値のあるものは何か?」と
自問自答するようになります。

こういった期間は、次の段階に進むために
必要な「無駄な時間」なのです。

サラリーマンの中には、こういった熟考の
時間に耐えられない人が多くいます。

ただの「怠情」な時間ではないかと
イライラし、時間を無駄にしているのはないかと
不安になるのです。