width=10
ことば探し
★私には、お金を稼ぐ能力があります★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02824954

■「今日のことば」カレンダー 2005年12月■
2017年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 

width=1
2005-12-31 width=22
ウォリー・エイモス(米国の有名な企業家)が
講演を終えると、ひとりの女性が歩み寄って、

「もし私がこれからロースクールに行ったりしたら、
 卒業するときには55歳になってしまいます」
と言った。

エイモスはこう問い返した。
「もし行かなかったら、何歳になるのですか?」 
2005-12-30 width=22そもそもその人が「そのような人」に
なったのには理由があります。

両親の育て方や何か大きなトラウマを
持っているのかもしれないし、
その人特有の価値観があって
ちょっと変わり者なのかもしれません。
またそれを裏づける事件があったのかも
しれませんね。(略)

どの人もみんないろいろな状況の中で生まれ落ち、
いろいろな思いを体験しながら
山あり谷ありの道をここまで歩いてきたわけです。
少々変わり者に見える人も、
きっとそんなふうに歩いてきた一人です。

どんなに不器用でも、大きなココロで相手の
可能性を信じられる人でいたほうが、
後できっといい展開になりますよ。 
2005-12-29 width=22ギターの弦でも、テニスラケットでも、
強く張れば張るほど切れやすい。
カーレースでも、
スピードを上げなければ勝てないが、
コーナーでスピードを落とさなければ、
コースアウトする。

心も張り詰め過ぎれば切れる。
ストレスも溜めすぎると爆発する。
無理をすれば道を誤るのである。

たるみ過ぎてもだめ、張り過ぎてもだめ。
一般社会に住むわたしたちは、
ちょうどいいバランスを心がけることが、
長い目でみれば大事なのだ。 
2005-12-28 width=22うさぎ型の人は、うさぎのようなペースで
生きるのがいい。
うさぎのような能力を発揮するだろう。

かめ型の人は、かめのようなペースで
生きるのがいい。
かめのような能力を発揮する。

世の中には、さまざまな能力がある。
なぜかといえば、さまざまな能力が
「必要だから」である。
さまざまな能力が活動することによって
社会は成り立っている。
 
2005-12-27 width=22名ゴルファーとして知られる
ゲーリー・プレイヤーは、
国際トーナメントで数多く優勝しております。
ある人が、次のように聞きました。

「あなたのようにボールを飛ばせるように
 なるには、どうすればよいのですか」

「私のようにボールを飛ばしたいなら、
 朝五時にコースに出て、ボールを千個打つのです。
 まめがつぶれて血がでてきます。
 そうしたら、クラブハウスに戻って血を洗い流し、
 包帯をし、またコースに戻り、
 さらに千個のボールを打つ練習をする。
 ただそれだけです」 
2005-12-26 width=22損得で人生を語るのは好ましくありませんが、
「お得な一日」の積み重ねは、
「お得な一生」ですよね。

そう、
「今をほんの少しハッピーにすること」が
「ハッピーな一生」を送るという
壮大な計画につながるのです。 
2005-12-25 width=22どんな不運や苦しみも、
「それでよろしい」と大肯定する。
すると、世界のすべてが、
たちどころに愛と光に満ちる。(略)

太陽な西に沈めば「それでよろしい」
月が東から昇れば「それでよろしい」
冷たい風がふけば「それでよろしい」
クシャミが出れば「それでよろしい」

「それでよろしい」
何の問題もありません。 
2005-12-24 width=22
自分のしたいことを曲げて、
2番目、3番目のことで満ち足りろと言っても、
とうてい無理なこと。

どんなに自分を走らせても、
好きなことが決して得られないのでは、
夢もエネルギーもどんどん痩せていくばかり。

そんな悲しいレースに参加しないように。
 
2005-12-23 width=22
青い眼鏡をかければ、世の中がすべて青く見え、
赤い眼鏡をかければ、すべてが赤く見える。
世の中は自分の心の反応である。

人を憎めば人もまた自分につらく当たり、
人を愛すれば人もまた
自分に親しむのである。 
2005-12-22 width=22実は、本当の才能は
「あまり、努力した感じを持っていない分野」
にあります。

賞賛されても覚えていない分野。
自分としては当たり前で、
とくに努力したわけではなかった。
軽くできた。

誉められても嬉しくない。
で、覚えてない。
こういう分野に、才能が隠れている可能性が
多いのです。

大人になってそれを見つけて、
本気で磨き始めたら瞬く間に上達します。 
2005-12-21 width=22
評価は評価する人の「ものさし」によります。
ものさしが違えば、評価も違います。
短いものさしなら、
評価されない「自分」もあります。

評価が「自分」を表していると
思ってはいけません。
評価は「評価する人」を表しています。 
2005-12-20 width=22疑いは私達に備わったシステムであり、
故意になくしたりすることはできないものです。
このシステムは基本的には機能しています。

疑うというシステムが無意識のうちに
働いているおかげで、危険な目にあったり、
だまされたりするリスクを回避して来ているのですから。

問題になるのは、そのシステムが過剰に反応
してしまうところにあります。
いろいろな原因が考えられますが、
どこか今の「安心」が脅かされているときに、
疑いは強くなるようです。(略)

疑いは確かに安全をもたらしています。
しかし過度な疑いはゾウガメの思い甲羅のように
私たちにのしかかってくることも事実です。
 
2005-12-19 width=22あなたがある行為を、
なぜしたか、しなかったか。
人はホントは気にかけてもいない。(略)

あなたが思うほど、
人はあなたの言い訳を
必要としてはいない。 
2005-12-18 width=22わたしたちは人間関係を通して悲しさやさみしさ、
不安や心配を感じるある意味では弱い存在です。
でもそれが素直な感情で
わたしたちの紛れもない第一感情なのです。

しかしいつからその素直な感情を
「相手に言えば負けだ」という
さみしい関係になったのでしょうか?

夫婦や親子、恋人などの身近な関係は
あなたにとっては一番大切な関係でしょう。(略)

その人たちと常に「勝ち負け」の関係を
くり返しているともっとさみしくなってしまいます。
わたしはそんな勝ち負けの人間関係で
生きてるいる人たちに思わず聞きたくなってしまいます。

あなたは幸せになりたいのですか?
それとも勝負に勝ちたいのですか? 
2005-12-17 width=22
愛は愛とだけ、
信頼は信頼とだけしか
交換できない 
2005-12-16 width=22お金持ちの「サイフの周辺」に関して、
これまで読んだ本や聞いた話をミックスしますと、
次のことが言えるみたいです。

,札は上下、裏表を、ちゃんと揃えて入れている
▲團鷸ァ平兄ァ砲鯑れているので、
 二つ折りのサイフは使わない
お金がお金を呼ぶので、たくさん入れている
ぅ汽ぅ佞箸亙未法崗銭入れ」を持っている
ゥードではなく、現金での支払いが中心

お金持ちになりたい人は、
お金持ちの行動を観察して、
マネすることから始めては、どうでしょうか。 
2005-12-15 width=22
子供は、したいことしかしないから、
疲れを知らない。

大人は、しなければならないことばかり
やっているから、疲れやすい。

「疲れ」は、
「無理してますよ。
 方向がちょっと違ってますよ」
というサインです。
 
2005-12-14 width=22気に入られようと努力すれば、
それだけ気に入られる可能性も高いでしょう。

相手をほめたたえ、笑顔を絶やさず、
あなたのおかげと言えばたいてい成功するようです。

しかし、努力して気に入られた相手には、
その努力が前提の関係になってしまうのです。

それより自分らしさが認められ、
自分ならではよさが発揮できる相手の方が
すばらしいに決まっています。 
2005-12-13 width=22人間の幅は、違った世界を
どのくらい見たかによって、決まってくる。
こういう考え方もあるのかと気付かされる。

その反面、迷いも増える。
これ以外の道もある、
本当にこの道でいいのだろうか。

どっちみち、人間なんて所詮
ストレイ・シープ、迷って当然なのだ。

できるだけ、
迷っている状態が平気でいられるように、
慣れてしまうほうが得策なのだ。 
2005-12-12 width=22レストランなどに行って、周囲の客を見るともなく
見ていると、ある共通店に気づくことがある。
それは、どのグループも異口同音に
「とりあえずビール」と注文することである。(略)

まず、とりあえずビールと注文してから、
メニューをためつすがめつ眺めて、
じっくりとつぎの注文を考えているのだ。(略)

この「とりあえずビール」は、万事に共通する
考え方なのではないだろうか。
難しいことは後回しにして、じっくりやることにして、
とりあえずは着手してみろという考え方に
通じると思うからである。

人間関係などでもまずい事態になってしまったとき、
それを打開するために、この考え方が使える。
私たちは、生きている間に大勢の人間と出会う。
中には、どうしても好きになれない人もいるだろう。
そういうときは、相手のいいところを一生懸命
見つけることも大事だ。
しかし、そのためには相手を毛嫌いしてそっぽを
向いていたのでは、見つけるきっかけもつかめず、
関係はどんどんまずくなるばかりだ。

そのとき、
「とりあえずあいさつ」というのはどうだろう。 
2005-12-11 width=22拳を固めて生きたり、私の人生と、
「私」が投入したすべてのものに、
しっかりしがみつくのではなく、

握りしめていた拳をゆるめ、
手のひらを開き、
そして捨てるようになりました。

初めは半信半疑だったのに、
開いた手のひらは、物事を捨てるだけではなく、
人生が支えてくれる新しい物事を
受けとるようにつねに開いているものであることが
はっきりとわかってきてました。 
2005-12-10 width=22
なにをするにしても、
大切なことは精神的に落ち着くことです。

精神的に安定すると、
明晰にものごとを観ることができます。

感情に振り回されないから、
正しい理性的な行動ができるようになります。(略)

精神的に安定していると、
智慧(※)も知識も備わってきます。

 
2005-12-09 width=22
“本気でやれば、3つの格言”を
まとめて人に話すことがよくある。
それは、

「本気でやれば楽しくなる」
「本気でやれば道が開ける」
「本気でやればかならずだれかが助けてくれる」

の3つである。 
2005-12-08 width=22
あなたの幸運と友人の幸運は、
同じひとつのコップに注がれるわけではありません。
ふたつのコップのそれぞれの幸運が注がれるのです。

友人の幸運によって
あなたの分が減ることはないのです。

だから「お互いによかったね」と
言える友人でいられるのです。 
2005-12-07 width=22年を重ねるにつれ、大きな試練に
直面する可能性は高くなる。

そんなとき、
「自分はなんてついてないんだ」とか
「人生は不公平だ」と思いがちだ。
でも、困難にぶつかったからといって、
それに振り回されることはない。

困難にぶつかったとき、
どう対処するか、
どんな心構えでいるかのほうが、
ずっと重要だと思う。

自分の強みを見つめ、伸ばしていけば、
試練に直面したとき押しつぶされないですむ。
そして、困難な状況で何ができるかを
考えることによって、命が助かるだけでなく、
人として成長できるのだ。 
2005-12-06 width=22わたしたちは、人のことを、どうのこうのと
言えるほど立派ではありません。(略)

「あの人は間違っている」と指摘してみても、
もし自分がその立場になったら、
同じことをしないという保証はありません。

「嘘をつくな」と言ってみても、
追い詰められたら嘘をついてしまうのが人間です。
「頼りにならない」と言ってみても、
自分が同じ立場になったら、
信頼される振舞いができるでしょうか。

不祥事を起こした政治家や官僚を批判しますが、
わたしたちだって、賄賂をもらったり容易に
水増し請求できる立場になれば、
「バレなければいいや」と
悪事を犯してしまうかも知れないのです。 
2005-12-05 width=22
大切なのは、結果よりそこへ至る道

あらゆる結果(成績)には
過程が先行するということを
認識するべきである。

過程を重視する態度をとることによって、
私たちは、自分の判断力を鋭敏なものにすることが
できるし、自分自身に自信を持つこともできる。

もっぱら結果を重視する態度は、
しばしば人生から喜びを奪う。
 
2005-12-04 width=22楽しいことを探して、あちこち出かけたけれど、
いつも、絶対、必ず、
楽しい場所なんてありませんでした。

遊園地も、ゴルフも、デートだって、
楽しいふりはしながらも、
どこか白けてしまうことがあります。

だから思いました。

楽しいことを探しているんじゃ間に合わない。
なんでも楽しめるあり方を見つけなければ、と。 
2005-12-03 width=22人間には4つの生き方があると思います。
マイナス・マイナスの生き方、
プラス・マイナスの生き方、
マイナス・プラスの生き方、
そして
プラス・プラスの生き方です。

「マイナス・マイナス」は、いつも何に
対しても否定的なタイプです。

「プラス・マイナス」は、不安型とでも
呼べるタイプで、せっかく調子がよくても、
「いずれダメになる」と自分に水を差すタイプです。

「マイナス・プラス」は、今はダメだが、
がんばれば何とかなる、と考えるタイプ。
いわゆる「こん畜生スピリット」です。
向上をめざしてはいるのですが、出発点に
自己受容がありませんから、自分に安らぎがありませんし、
周囲の人にも緊張を強いることになります。

最後が「プラス・プラス」で、これが一元タイプです。
つらいことも、うれしいことも、まるごと受け止めて、
前向き肯定的に黙々と生きていく。
こだわりもなく、人の目を気にすることもなく、
人の善意を信じ、世界の未来を信じて生きていく。

そんな人生を、私は「一元」の人生と呼んでいます。
「すべてよし」と言える境地です。(一部順変更) 
2005-12-02 width=22励ましは、ある特別な方法で
機能していることを知ってますか?

たくさんの人に与えれば、
自分もそれを欠くことはない、
つまり、
自分から人を励ます人は
たくさんの励ましを受け取り、

逆に、人を滅多に励まさない人は、
自分自身もあまり励ましを
受けることはないのです。 
2005-12-01 width=22もめごとが不可避で、どうしても一戦まじえなければ
ならない時には、忘れてならないことがひとつある。

戦線の拡大をやめ、短期間に収め、
対人関係に大打撃を与えないですむ道がある。
次の一点を思い起こしなさい。

争点についてのみ争うこと。
他のことをもちだしてはならない。
他のことを暴きだしてはならない。
一時には一点についてのみ争うこと。
争点をずらしてはならない。

争点を絞ること。
当面の争点についてのみ争うこと。
「いま、ここ」に踏みとどまること。
「過去」をもちだしてはならない。
争点についてのみ争うこと。