width=10
ことば探し
★私は、両親にとても感謝し、両親を誇りに思っています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02525153

■本の検索■


出典名: 夫の言葉にグサリときたら読む本
おすすめ度: ★★★★☆ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 愛・夫婦・結婚
副題: こんな言葉を「理解」しようとしても、ムダ 
著者: パトリシア エバンス 
訳者: 水沢 都加佐  
出版社: PHP研究所 
 
本の内容: とても珍しい「言葉の暴力」について書かれてある本です。 
言葉の暴力は、腕力の暴力と違って、なかなか気がつきにくい
ものですが、基本的には、腕力に訴える暴力と同じだと
著者は言います。

もし、あなたが、夫の言葉にいつも?だったり、
どうしてそんなことを言うのか理解できなかったら、
この本を読んでみてください。答えが見つかるかもしれません。

例えば、夫からの言葉で次のような状態に継続してあるなら、
もしかしたら「言葉の暴力」にあっているのかもしれません。


ー発性がなくなる
熱意がなくなる
いつも気構えたようなガードをはり、防御態勢になる
ぜ分がどう人に思われているか、わからなくなる
ゼ分は何かおかしいのでは、と自己不信になる
ζ鷽佑量簑蠅遼楴舛鮹気蹐Δ箸垢覽せちが削がれる
Ъ信の喪失
─嵌稟重な声」が内在化される
以前ほど自分が幸せでないと感じる
時間だけが過ぎていき、自分は何かを見失っているという
 感覚がある
自分が敏感すぎるのではないかと思う
自分の感覚を受け入れるのをためらう
結論に達するのをさける
逃げる、逃げ出したいという願望を抱く
自分が一番得意なことが、実は一番苦手なことだという
 思い込みを持つ
位ね茲亡待する傾向…「…したら(…のあとは)すべて
 うまくいくだろう」
洩ね茲隆愀犬眇じられなくなる
 


この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』