width=10
ことば探し
★私は、信じるもののために戦うことを誇りとしています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02609906

■本の検索■


出典名: インターネットの心理学
おすすめ度: ★★★★☆ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 心・心理学、心の病
副題:  
著者: パトリシア ウォレス 
訳者: 川浦 康至 、貝塚 泉  
出版社: NTT出版 
 
本の内容: インターネットにおいては「自分は正常だ」と思っている人でも、
ささいなことでふだんと異なる行動や、しかもきわめて目立つ行動を
とることが研究結果よりわかっているという。
「自分は冷静さにかけては10点満点と自己採点している人でも、
 ある状況に置かれたとたん、冷静さを失う場合があり、
 インターネットのフレーム戦に巻き込まれたら、相手を激しく
 非難するような行動にでることも多々ある」そうです。
それはなぜか?そこにインターネットの特殊性があるとか。


そんなインターネットの持つ、人間心理を解き明かしている本。

●オンライン・ペルソナ(印象形成の心理学)
●オンラインにおける仮面と仮面舞踏会
●サイバー空間の集団力学
●集団間の葛藤と強力
●フレーミングと争い(ネットにおける攻撃の心理)
●ネットにおける友情と愛情(対人魅力の心理学)
●インターネット・ポルノの心理学的様相
●タイム・シンクとしてのインターネット
●ネット上の愛他主義(援助の心理学)
●ネットにおけるジェンダーの問題


などなど、興味深い事例や、分析が書かれています。
人間心理に興味ある方にはおすすめします。
ネットにおける心理が、よくわかります。 


この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』