width=10
ことば探し
★私は、私の人生がこの先、いつも輝いていることを知っています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02609904

■本の検索■


出典名: 働く人の心の病
おすすめ度: ★★★★☆ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 心・心理学、心の病
副題: 心身症・うつ病を理解し、克服する 産業医だから書ける現代の心の病の原因・メカニズム・治療法 からだ読本 
著者: 尾久 裕紀 
訳者:  
出版社: 山海堂 
 
本の内容: 著者は、企業現場のサラリーマンを間近で診ている産業医です。
この産業医の目から、
「サラリーマンのストレスの現実や、どう理解して、
 どうつき合っていけばいいのか」
などを教えてくれます。

働いている人の、ストレス反応として現れる
「気分の落ち込み」「意欲や集中力の低下」などは、
心の変調を知らせる重要なサインなのですが、そのサインを
「自分はダメな人間だ」「気合いが足りないのだ」と振り切り、
頑張って、やがて何も手につかない状態に陥ったりする場合が
多くなってきている
といいます。
このストレスが引き金になって
心の病」を発症してしまう
というのです。

例えば、こんなサラリーマンの事例がでてきます。
●「不眠とじんましんに悩みながら、ストレスの自覚がない」
●「何度も病欠を繰り返すエリートサラリーマン」
●「心と身体が疲れ切って迷路のなかで身動きできなくなった」
●「不本意な異動でエリートのプライドが傷つけられた」


この本を読むと、人ごとではないな、と思わされます。
サラリーマンのストレスについて、知るにはとてもいい本です。
 


この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』