width=10
ことば探し
★私は、この世でたった一人の存在で、私は、私でいいのです★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02532756

■本の検索■


出典名: 愛と怖れ―愛は怖れをサバ折りにする。
おすすめ度: ★★★★★ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: セルフ・自分を見直す
副題: 愛とは怖れを手放すこと 
著者: ジェラルド・G・ジャンポルスキー 
訳者: 袰岩 ナオミ 
出版社: VOICE 
 
本の内容: 難病の子どもや家族へのホスピス活動をしておられる、
精神科医であり医学博士の著者が
「私たちの本質は愛である」
という真実について書いた本。

誰かにイヤなことをされたとき、傷つけられたとき、
人を許すことはとてもむずかしいですよね。
だからといって、許さないでいると、怒りが自分の気持ちの中に
いつまでも残ってやさしい気持ちになれません。
また「自分は世の中の被害者だ」と思い込んでいると、
いつまでも被害者意識の中でもがくことになります。


そんな時の、怒りの気持ちはどこから来るのか、
怒りとの上手なつき合い方、
相手の許し方、思い込みの手放し方、愛の与え方
などなど、
「12のレッスン」
という形で、やさしく教えてくれます。

そして
「他の人を変えようとしても、心のやすらぎは得られず、
 人をとがめず、許すことができたときに初めて、
 穏やかな気持ちになれる」

と諭してくれます。

読むと気持ちが穏やかになります。 

■この本から紹介している「今日のことば」■

この本からのことば 感想 掲載日
心のやすらぎは、 自分から与えることに全力を傾け、 ほかの人が変わることや、 自分が何かをもらうこ クリスマスだったというのに… (まぁ、本当のところは、関係ないのだが、  別にキリスト教徒でもないし 2004-12-25
壁はいつも心の中にある 自分のこころがかたくなで、案外意固地だと知っている。強がっていても、弱いことも。何かあれば、すぐに動 2002-09-06
ありがとうと思える毎に愛は広がる。 「ありがとう」はちゃんと言いたい。思ったら、ちゃんと言いたい。時間がかかってもいいから、言いたい。 2002-09-05
ほかの人を「直そう」とすることは、 たとえ建設的な批判を述べる場合でも、 相手の間違いと自分の正しさ 母はいつも、父の行動を直そうと躍起になっている。 ことあるごとに父の考え方が間違っていることを 言い 2002-05-13
「誰か」から「何か」をつかみ取らないと幸福になれないと思っていると、それに失敗したときには、フラスト ついつい思いがちだなぁ…本当は今だって、十分幸せと思うが、「何か」が足りないと思いだすと、今の十分の 2002-03-13

この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』