width=10
ことば探し
★私は、お金をたくさん稼いで、豊かな暮らしをします★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02829377

■本の検索■


出典名: カウンセリングの実際問題
おすすめ度: ★★★★★ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 心・心理学、心の病
副題:  
著者: 河合 隼雄 
訳者:  
出版社: 誠信書房 
 
本の内容: 著者の河合隼雄さんは日本の心理学者第一人者ですが、
とてもわかりやすく人間の心を解いてくれています。

この本には、
人の心理とはどうなっているか、
カウンセリングをどうやっていけばいいのかなどを、
カウンセリングする立場から書いています。

「カウンセラーを目指す人の必読書」と言われています。

内容は以下です。
●カウンセリングとは何か
●カウンセリングの過程
●心の構造
●カウンセラーの態度と理論
●ひとつの事例
●カウンセリングの終結と評価
●カウンセラーの訓練と指導
●カウンセラーとクライエントの関係
●カウンセラーの仕事
●スーパーバイザーの役割


人間心理とはこんなにも繊細なのか、目に見えている部分は一部で、
本当はもっと深い心理があるのか、人とつき合っていく時には
一筋縄ではいかないものなんだと、驚きとともに
「気づき」を得られた本でした。
人間の心理をじっくりと勉強してみたい方にもおすすめです。 

■この本から紹介している「今日のことば」■

この本からのことば 感想 掲載日
心の開いている人だけが、新しいものを発見してゆけるのです。 心を開くとは、どういうことだろうとふと思ってしまう…閉じてないってことだと思うが、なかなか実感として 2003-07-17
「大切なことは all or nothing にさせないこと」何も役に立たなかったかの如く見える中で、少しは役に立っ 何をやっても、言っても無駄に思えるときがある…まったく力をなくす…始末に悪いことに…イライラもしてく 2002-01-13

この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』