width=10
ことば探し
★家族兄弟、親戚と、とても良好な関係を築いています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03937820

■本の検索■


出典名: 人生の「お荷物」を捨てる方法
おすすめ度: ★★★★☆ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 人生・生き方
副題: 迷って、捨てて、本当の自分を生きる智恵 
著者: ひろ さちや  
訳者:  
出版社: 青春出版社 (2007/11/1)  
 
本の内容: 宗教思想家の著者が、生きるために「重荷となっているもの」を
どうしたら捨てることができるか、その方法、考え方などを
宗教的観点、深い見方から教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「物差しってありますよね。私たち人間が持っている「世の中の
 物差し」って、実はゴム紐でできているんです。
 たとえば、誰かともめた時、
 「あの人が悪い。私もちょっとだけ悪いけど、あの人ほどじゃ
  ない」というふうに、見方によって伸び縮みするんです。
 他人には厳しく、自分に甘くなったりね。
 それに対して、宗教の物差しは、しっかり目盛りがあって、
 正確にものを測るというような物差しじゃないんです。
 いわば目盛りのない物差し。測らない物差しです。
 だから、明るい性格と暗い性格とどっちがいいか、なんて測り
 ません。どっちだっていいんです。
 苦しみながら生きるのと、安楽に生きるのと、どっちがいいも
 ない。どっちだっていいんですよ」
人間は、この物差し、しかも自分が持っている物差しにとても
左右されているとか。


例えば、こんなことが書かれています。
 ○世の中の役に立たなくていい
  ・病気のままでも健康に生きる
  ・「そのまんま」という生き方を知る
  ・人生の旅にゴールはない
 ○生きたいように生きればいい
  ・もう一度、家族の時間を取り戻す
  ・「希望の先取り」が不幸を招く
  ・不登校、引きこもり子の感性
  ・先々のことなんて心配しなくていい
 ○すべて「自分の都合」でいい
  ・お金は「自分の事情」で勝手にやろう
  ・本気で働かなくてもいい


なるほどそう考えれば、そういう見方もできるのか、そういう
生き方もありか…と宗教の持つ深い意味を感じられる本です。
好きずきある本だと思います。
今、がんばっている方にはおすすめしません。
ややお疲れモードに入っている中年以降の方におすすめです。 

■この本から紹介している「今日のことば」■

この本からのことば 感想 掲載日
今の日本は企業の目で人を選別して、 「この人は役に立つ」「この人は役に立たない」 などと、まるで商品 こんなふうに、人を選別していることや、 商品化していることは、多い。 それも、無意識に、瞬時に… ま 2009-11-09

■ほっこりしたい方、
ネコ好きさんにおすすめの本。

じいちゃんとタマの関係が
なんともよく特に1.2は
おすすめですよ〜!!
 





■話題の本、人気本紹介