width=10
ことば探し
★私は、失敗することを恐れず、自分がいいと思ったらチャレンジする勇気があります★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03937965

■本の検索■


出典名: 夫を「理想のパートナー」に変える7つの講座
おすすめ度: ★★★★☆ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 愛・夫婦・結婚
副題: 不満・イライラ・すれ違いを解消する結婚心理学 
著者: 栗原 弘美  
訳者:  
出版社: 現代書林 
 
本の内容: 心理カウンセラーの著者が、自らの結婚の失敗や、多くの相談者の
事例などを元に、「幸せな結婚のカギ」を教えてくれます。一人で
悩む前に、一読すると、前向きになれるヒントが見つかるかもしれ
ません。

著者は、だいたいの人は、
「子どものころから満たされなかったものをパートナーがきっと与
 えてくれると、いう期待から結婚することが多いのです。
 私がずっと求めていた…
 ・私の話を聞いてくれる人
 ・精神的に、あるいは経済的に支えてくれる人
 ・精神的に、経済的に、あるいは性的ニーズ(欲求)を満たして
  くれる人
 ・私だけに注目してくれる人
 ・私を必要としてくれる人
 がやっと見つかった、というわけです。」

しかし、結婚には段階があり、ロマンスの時期が過ぎると、相手の
イヤなところが見えたり、価値観の相違に悩んだりするようになり
ます。それは普通のことで、ここから、2人の新しい関係が始まる
ので、関係を見直し、夫婦関係をあなたにとって思いどおりのもの
にしようと言っています。カギを握っているのはあなただと。
そのための、解決法や、原因と対策などをわかりやすく教えてくれ
ます。


例えば、こんなことが書かれています。
 ○グータラ夫をマメ夫に返るコツ
 ○タイプによって違う「夫の育て方」
 ○話を聞いてくれない・家では何も話さない夫への処方箋
 ○ダサく見えるようになった夫にトキメキを取り戻す
 ○夫が社会人から家庭人に戻るのを手伝う
 ○「セックスがイヤ」という女性のために
 ○夫が求めないことによるセックスレスを解消する
 ○夫が愛人を欲しがるには理由がある
 ○出産後の夫婦関係をスムーズにするコツ
 ○夫の問題行動をやめさせる


正直なところ、この本を読んでタイトル通り「夫を理想のパートナ
ーに変える」ことができるかどうかは…わかりません。少し小手先
的な方法と感じるところもありますが、夫婦関係見直しの第一歩と
しては、読みやすくわかりやすい本だと思います。 

■この本から紹介している「今日のことば」■

この本からのことば 感想 掲載日
「私の言っていることは常識的だと思います」 「私は自分の義務を果たしているわ」 「私は誤解されてい 人間は、自分が、いかに ちゃんとしていて、やることをやっており、 いかに正しくて、いろいろと考えてい 2006-10-22
周りの人は、 「あなたがあなたを扱うように」 あなたを扱うのです。(略) 不思議なことに、 あな 自分自身を大切にしていない人は、 周りにもそれがわかるので、 それなりの対応でいいと思われて、 周り 2006-09-28

■ほっこりしたい方、
ネコ好きさんにおすすめの本。

じいちゃんとタマの関係が
なんともよく特に1.2は
おすすめですよ〜!!
 





■話題の本、人気本紹介