width=10
ことば探し
★○○依存症から、すっかりと抜けだし、とても快適な毎日を送っています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02614376

■本の検索■


出典名: がん治癒への道―サイモントン療法の新たな展開
おすすめ度: ★★★★★ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 病気・体
副題: 身体・心・魂が一体となった癒しのトレーニング 
著者: O.カール サイモントン  
訳者: 堀雅明、伊丹仁朗、田中彰 
出版社: 創元社 
 
本の内容: 放射線腫瘍医で、がんを治療するための心身一体療法のパイオニア
として世界的に名高い著者が、「健康への道」「治癒へいたる道」
を示してくれ、またサイモントンがんセンターのプラグラム、イメ
ージ療法を学ぶことができる本です。

著者は、治癒いたる鍵についてこう言っています。
◎いろいろな感情が、体内の免疫系やほかのさまざな治癒系に大
 きな影響を与えうる、ということをしっかりと認識することが
 とても大切です。そのとき初めて、われわれは感情的なストレス
 を意識的に軽減するのに有効な方法を学ぶことができ、人生の
 真の豊かさを満喫できるのですから。
 この気づきを通して、われわれはクオリティ・オブ・ライフ
 (生命・生活の質)を改善させ、病気の経過にも大きな影響を
 与えることができるのです。
 
◎治癒にいたる鍵は、なによりも人生をとりまくさまざまな問題に
 いかに取り組むかにかかっています。

◎あなたには不安を引き起こすような不健全な「信念」を、もっと
 健全な「信念」に変える方法を学ぶ能力も備わっています。この
 能力が病気を治すための大きな助けとなるのです。(略)
 つらい感情に直面しているときこそ、自分の考え方を変えるため
 のチャンスです。


前半に、サイモントンがんセンターでのプログラム紹介、瞑想と
イメージ療法の具体的な仕方(下記に具体例列記)、また、2年間
の健康開発プランなどが、後半にがんから生還したリード・ジョン
ソン氏の手紙が紹介されています。このリード氏の手紙は、病気の
不安や孤独感から解放され、安心感と自信を取り戻すことができる
ものとしてとても参考になる手紙です。


《瞑想するとき録音するといい内容例》
瞑想1.がんに対する信念を変える
瞑想2.信頼感を育てる
瞑想3.内なる英知との対話
瞑想4.痛みを解決して、自分への信頼を高める
瞑想5.死の恐怖を軽くすることによって、治療のエネルギーを
    増大する 


この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』