width=10
ことば探し
★夢は必ず実現する!★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02743830

■本の検索■


出典名: やめようと思っても、つい同じことを繰り返してしまうあなたへ
おすすめ度: ★★★★★ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: セルフ・自分を見直す
副題: 今度こそ! 
著者: M.ゴウルストン , P.ゴールドバーグ  
訳者: 弓場 隆 
出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン 
 
本の内容: アメリカの精神科医が教えてくれる、自分のおちいりやすい
行動パターンから抜け出す「行動を変えるヒント」。

だれでも、何でいつもこうなんだろう…とか、もっとこうしたい
けど、なかなかできないってこと、ありますよね、そんな自分の
癖や行動を見直すヒントがいっぱいの本です。

著者は、こう言っています。
「世の中の人は誰でも、愛や成功、幸福を求めているはずです。
 ところが、それらのものを手に入れるのを邪魔しているのが、
 ほかならぬ自分自身だということもよくあることです。(略)

 あなたの人生を変える力をもっているのは、あなたしかいません。
 うまくいかない行動パターンから抜け出すには、そういった
 自己責任の意識に目覚める必要があります。
 自分の人生を改善することを目標にしてください」



例えば、こんなパターンが25ほど書いてあります。
 ○仕事を先延ばしする
 ○「人はわかってくれない」と不満に思う
 ○怒りを爆発させる
 ○パートナーの欠点ばかりに目が向く
 ○相手を変えようとする
 ○相手への「借り」に気がつかない
 ○大切なことを後回しにする
 ○親の愛情と承認をいつまでも追い求める
 ○わざわざ困難な道を選んでしまう
 ○自己憐憫にひたる


一つ一つの話の後に、「行動を変えるヒント」があり、
「試してみよう」のエクササイズがついています。
読みやすい本なので、自分の知るためにも読んでみるといい
と思います。 

■この本から紹介している「今日のことば」■

この本からのことば 感想 掲載日
自分で自分の足を引っ張っていることを認めるのは たやすいことではありません。 ましてやそういう習慣と 人が同じ間違いや、同じような状況に3回陥ったら、 例えば、どんな仕事場でも人間関係でもめる、 いつも 2007-06-17
自分の間違いを認めても、 価値が下がるわけではない。 自分の間違いを素直に認めることは、 なかなか辛い。 さらに… 自分の間違いを素直に認めて、 謝ること 2006-07-02
相手との関係を改善したいなら、 自分の努力だけでなく 相手の努力にも目を向けることが大切だ。 全く、その通りだと思う。 私は今、まさにこのことばを 実行せねばならない状況にいる。 自分だけが「 2006-06-21
人はあなたの知識ではなく、 愛情を求めている その通りかもしれないなぁと思う。 ついつい、知識を振りかざして、 アドバイスをしてみたり、 説明し 2006-06-18

この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』