width=10
ことば探し
★私は、コミュニケーション上手で、コミュケーションをとるのが好きです★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2021年1日16日
イヤな自分を1日で変える脳ストレッチ
2021年1日13日
「脳にいいこと」だけをやりなさい!
2021年1日10日
我慢するのはおやめなさい 「脳疲労」時代の健康革命
2021年1日7日
「自分には価値がない」の心理学
2021年1日4日
希望の見つけかた
2020年12日28日
人生の宝物はあなたの心を掃除したとき見つかる
2020年12日26日
人生の目的に気づく24の物語
2020年12日24日
自分を変える魔法の「口ぐせ」
2020年12日21日
自分の価値に気づくヒント
2020年12日19日
未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略
2020年12日16日
その口グセで老けてませんか?
2020年12日14日
人生の実力
2020年12日11日
羞恥心はどこへ消えた?
2020年12日9日
性格は変えられない、それでも人生は変えられる
2020年12日7日
だから、男と女はすれ違う
2020年12日4日
責めず、比べず、思い出さず
2020年12日2日
いいかげんが いい
2020年11日30日
とっても迷惑なあの人にズバリ“NO”と言える秘密の法則
2020年11日27日
大丈夫、なんとかなるさ
2020年11日24日
「めんどくさい女」から卒業する方法
2020年11日19日
こだわらない練習: 「それ、どうでもいい」という過ごしかた
2020年11日17日
いつも楽に生きている人の考え方
2020年11日13日
人生を楽に生きるための本
2020年11日11日
どうしても続けられない人の悪い習慣45
2020年11日10日
「運をつかむ人」16の習慣
2020年11日7日
1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則
2020年11日4日
絶対幸福の尺度
2020年11日2日
がんばっても報われない本当の理由
2020年10日29日
子どもが育つ魔法の言葉
2020年10日28日
性格は変えられない、それでも人生は変えられる
 
1 2 3 4 
 
2020年12月19日
タイトル 未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略
著者 細田 高広
出版社 ダイヤモンド社 (2013/7/26)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

≪本からの紹介文≫

熱狂的ストーリーを生み出す「1行の戦略」
ソニーの井深大氏は「ポケットに入るラジオをつくれ」と言って、
トランジスタラジオの開発に乗り出しました。
当時、“家電"だったラジオを持ち運ぶなんて誰が想像
できたでしょうか。
けれど、未来は確実にこの言葉から生まれたのです。

「パーソナル・コンピューター」という言葉を発明した
アラン・ケイは、まだ「巨大な機械」だったコンピューターを、
子どもも使いこなせるタブレット端末として思い描きました。
その未来は、アップルによって実現しています。

ディズニーにはアルバイトではなく「キャスト」という言葉あり、
リッツ・カールトンには従業員ではなく「紳士淑女」という
言葉があります。
そうした言葉はもはやコピーではなく、未来の目的地を設計し、
熱狂的ストーリーを生み出す「1行の戦略」です。

見たこともない風景には、言葉が最初にたどり着く

「画期的な商品をつくる! 」と言って、結局は今までより
大きい・小さいという現在の延長戦上で議論していることは
ないでしょうか。
それはビジョンを生み出す言葉がないからです。

まだ語られていない組織のビジョン、まだ世にないプロダクト、
まだ誰も知らないサービス。
新しい何かを生み出そうとするとき、新しい言葉が必要になります。

馬車が鉄道に変化するには技術革新が必要ですが、
技術革新の前には必ず「馬なしの馬車」をつくろうとする
「発想革新」、つまり言葉があるのです。

ビジョナリーが必ず持っているもの
ジョブズ、ビル・ゲイツ、ユヌス、サルマン・カーンにも
「言葉」がありました。ケネディ、ココ・シャネル、
ヴィダル・サスーンも、時代をつくる「言葉」を持っていました。
アップル、グーグル、アマゾン、ディズニー、スターバックス、
パタゴニアにも未来をつくり出す「言葉」の戦略がありました。

そんな未来を発明する1行の戦略、「ビジョナリーワード」の
つくり方を、世界を変えた30の言葉を紹介しながら、「本当にそう?」
「もしも?」「つまり?」「そのために?」という4ステップ、
「呼び名を変える」「ひっくり返す」「喩える」「ずらす」
「反対と組み合わせる」という5つの技法から解説していきます。

この本からのことば 感想 掲載日
不思議な習慣や意味不明なコストなど、 ビジネスシーンで感じる違和感。 プロダクトの形状や、サービス 誰もが抱く日常の小さな疑問から、 新しいサービスや商品が次々に生み出され、また、 新しい仕組みややり 2018-08-24




『おすすめ本の紹介』