width=10
ことば探し
★私は、悲しみがいつか癒えることを知っています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2021年1日16日
イヤな自分を1日で変える脳ストレッチ
2021年1日13日
「脳にいいこと」だけをやりなさい!
2021年1日10日
我慢するのはおやめなさい 「脳疲労」時代の健康革命
2021年1日7日
「自分には価値がない」の心理学
2021年1日4日
希望の見つけかた
2020年12日28日
人生の宝物はあなたの心を掃除したとき見つかる
2020年12日26日
人生の目的に気づく24の物語
2020年12日24日
自分を変える魔法の「口ぐせ」
2020年12日21日
自分の価値に気づくヒント
2020年12日19日
未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略
2020年12日16日
その口グセで老けてませんか?
2020年12日14日
人生の実力
2020年12日11日
羞恥心はどこへ消えた?
2020年12日9日
性格は変えられない、それでも人生は変えられる
2020年12日7日
だから、男と女はすれ違う
2020年12日4日
責めず、比べず、思い出さず
2020年12日2日
いいかげんが いい
2020年11日30日
とっても迷惑なあの人にズバリ“NO”と言える秘密の法則
2020年11日27日
大丈夫、なんとかなるさ
2020年11日24日
「めんどくさい女」から卒業する方法
2020年11日19日
こだわらない練習: 「それ、どうでもいい」という過ごしかた
2020年11日17日
いつも楽に生きている人の考え方
2020年11日13日
人生を楽に生きるための本
2020年11日11日
どうしても続けられない人の悪い習慣45
2020年11日10日
「運をつかむ人」16の習慣
2020年11日7日
1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則
2020年11日4日
絶対幸福の尺度
2020年11日2日
がんばっても報われない本当の理由
2020年10日29日
子どもが育つ魔法の言葉
2020年10日28日
性格は変えられない、それでも人生は変えられる
 
1 2 3 4 
 
2020年11月24日
タイトル 「めんどくさい女」から卒業する方法
著者 心屋仁之助
出版社 廣済堂出版 (2012/2/23)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

心理カウンセラーの著者が、素直で、愛されて、幸せになる、
(頭の字をまとめて)「すあしの人間」になること、拗ねから
抜け出して、素直になる方法などを教えてくれる本。

著者は、こう問いかけています。
「あなたの近くにいる素直な人と、拗ねている人を思い浮かべて
 みてください。
 いつも人の悪口や愚痴を言っていじけていたり、人を攻撃
 したり、正しさを主張したり、自分を卑下して、ほめられても
 喜べない、そんな「めんどくさい人」か、素直に、にっこり
 笑ってやさしさを受け取ってくれる、人生を楽しんでいると、
 どちらの人にやさしくしたくなるでしょうか。
 どちらの人の方が人生を楽しんでいるように見えるでしょうか。
 素直かどうか、これがその人自身を輝かせるいちばんの要素
 ではないかと思うのです」


 
例えば、こんなことが書かれています。
 1.もしかしたら、私は「めんどくさい女」!?
   誰の心にも潜んでいる拗ねている心。それってどうして?
 2.心の中が見えてくる! 魔法の方程式
  「考え方」には方程式があった! あなたはどんな方程式?
 3.めんどくさい「勘違い」から抜け出す!
   あなた中にある素直さを邪魔している「勘違い」に気づく。
 4.「すあしの女」へレッスン開始!!
   素直になって、愛され幸せいっぱいなあなたに大変身!
 5.愛に満たされて生きる
   もう悩まない! ラクに生きる幸せを実感しよう!


事例を通して、拗ねている生き方がどんな生き方か、素直とは
どういうことかをわかりやすく話してくれる本です。
自分が素直じゃないなぁ、素直になれないなぁ…と思う方は、
読んでみることをおすすめします。


この本からのことば 感想 掲載日
会社の社長でも、社員にいっぱい「貸し」ている、 つまり、いっぱい「してやっている」と思っている人は、 いろんな人がいますよね。 常に上から目線の人、威張り散らしている人、 人を人と思わないような振る舞 2013-09-20
そうしようと思っても、できないことがあります。 なかなかできない。 そんなことがきっと多いかもしれま やろうと思ってもできないことって、多いですよね。 なんでこんなことができないんだろう、 なんでこんな 2013-09-13




『おすすめ本の紹介』