width=10
ことば探し
★私には、多くの友人がおり、とても感謝しております★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2021年1日16日
イヤな自分を1日で変える脳ストレッチ
2021年1日13日
「脳にいいこと」だけをやりなさい!
2021年1日10日
我慢するのはおやめなさい 「脳疲労」時代の健康革命
2021年1日7日
「自分には価値がない」の心理学
2021年1日4日
希望の見つけかた
2020年12日28日
人生の宝物はあなたの心を掃除したとき見つかる
2020年12日26日
人生の目的に気づく24の物語
2020年12日24日
自分を変える魔法の「口ぐせ」
2020年12日21日
自分の価値に気づくヒント
2020年12日19日
未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略
2020年12日16日
その口グセで老けてませんか?
2020年12日14日
人生の実力
2020年12日11日
羞恥心はどこへ消えた?
2020年12日9日
性格は変えられない、それでも人生は変えられる
2020年12日7日
だから、男と女はすれ違う
2020年12日4日
責めず、比べず、思い出さず
2020年12日2日
いいかげんが いい
2020年11日30日
とっても迷惑なあの人にズバリ“NO”と言える秘密の法則
2020年11日27日
大丈夫、なんとかなるさ
2020年11日24日
「めんどくさい女」から卒業する方法
2020年11日19日
こだわらない練習: 「それ、どうでもいい」という過ごしかた
2020年11日17日
いつも楽に生きている人の考え方
2020年11日13日
人生を楽に生きるための本
2020年11日11日
どうしても続けられない人の悪い習慣45
2020年11日10日
「運をつかむ人」16の習慣
2020年11日7日
1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則
2020年11日4日
絶対幸福の尺度
2020年11日2日
がんばっても報われない本当の理由
2020年10日29日
子どもが育つ魔法の言葉
2020年10日28日
性格は変えられない、それでも人生は変えられる
 
1 2 3 4 
 
2020年10月29日
タイトル 子どもが育つ魔法の言葉
著者 ドロシー・ロー・ノルト レイチャル・ハリス
出版社 PHP研究所
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

著者は、家庭教育、子育てコンサルタントで、
子育てについてとてもいいことばや詩を残しています。
その一つがこの本に書かれている
「子は親の鏡」
というこの詩です。
この詩は世界中に広まっています。
けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる

「かわいそうな子だ」と言って育てると、
子どもはみじめな気持ちになる
子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんの子になる
親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる

叱りつけてばかりいると、
子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう
励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる
広い心で接すれば、キレる子にはならない

誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ
愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ
認めてあげれば、子どもは、自分を好きになる

見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる
分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ
親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る

子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ
やさしく思いやりをもって育てれば、子どもは、優しい子に育つ
守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ

和気あいあいとした家庭で育てば、
子どもはこの世の中はいいところだと思えるようになる

最後の一行に著者は
「希望を持って生きてほしいという願いをこめた」

言っています。

この詩の一行一行についての、話が書かれている本です。
とてもいい本なので、子育て中でない方にもおすすめです。

この本からのことば 感想 掲載日
家庭がくつろぎの場であり、心からほっと出来る場所であれば、子供はそれだけで救われます。 言うはやすく行うは難しだなぁ。きっとそうなんだろうなぁ。心からほっとする場所…誰にもあるといいのに… 2003-05-24
「子は親の鏡」 けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる とげとげした家庭で育つと、子ども 最近友人が、メールでしみじみ 「穏やかな家庭で育ちたかった…」と言う。 子どもは親を選べない… 親 2002-02-05




『おすすめ本の紹介』