width=10
ことば探し
★子ども達の存在に、心から感謝しています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2020年1日23日
「謝る力」が器を決める
2020年1日22日
論理的なコトバの使い方&文章術
2020年1日21日
男を理解できない女 女がわからない男
2020年1日20日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2020年1日17日
人間関係と人生にキレない方法
2020年1日16日
死ぬときに後悔すること25
2020年1日15日
バナナを逆からむいてみたら ー 人生の視点を変えるレッスン
2020年1日14日
やってみなさいダメモトで!
2020年1日9日
学問ノススメ. 学校では教えてくれない達人の知恵
2020年1日8日
いつやるか? 今でしょ!
2020年1日7日
履歴書には書けへんけどじつは一番大事なのは人間力や!
2019年12日27日
目に見えないけれど大切なもの
2019年12日26日
迷ったときこそ、続けなさい!
2019年12日25日
頭の決まりの壊し方
2019年12日23日
7つの習慣 原則中心のリーダーシップ
2019年12日20日
読書が「知識」と「行動」に変わる本
2019年12日19日
こころがホッとするセラピーブック
2019年12日16日
生きるために大切なこと
2019年12日13日
天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。
2019年12日12日
ちっちゃいけど、世界一誇りにしたい会社
2019年12日11日
こうして死ねたら悔いはない
2019年12日9日
あした死ぬかもよ?
2019年12日6日
結婚における七つの大嘘
2019年12日4日
人生にはいらない人間関係がいっぱいある
2019年12日3日
ああ面白かったと言って死にたい
2019年12日2日
やっぱり、「自分が変わる」を選ばなきゃ!
2019年11日29日
自分の「性格説明書」9つのタイプ
2019年11日28日
ネガティブのすすめ
2019年11日27日
男が老化しない生き方
2019年11日26日
「自分を変えたい」人の心理学
 
1 2 3 4 
 
2019年9月10日
タイトル 平気であなたを傷つけてくる人から自分を守る本
著者 石原 加受子
出版社 こう書房 (2014/9/2)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

心理カウンセラーで「自分中心心理学」提唱者でもある著者が、
戦わずして「自分を守ること」「相手と折り合いをつけること」
「自分を大切にしていく方法」などを教えてくれる本。

石原さんは、こう言っています。
「もし、争わないでも勝つ方法があるとしたらどうでしょうか。
 ほんとうは、最初から争いを目指さず、争わないのですから、
 勝つことはないのですが、負けることもありません。
 戦って勝たなければ傷つけられると思っている人たちは
 信じられないかもしれませんが、基本を踏まえれば、
 そんなにむずかしいことではありません。
 むしろ、「戦わないですむ」ということがわかれば、むやみに
 傷つくことを怖れないでいられます。
 人のことを気にしたり、怖れたり、勘ぐったりしないですみ
 ます。相手のことを憶測し過ぎて苦しむ世界とは無縁の
 生き方ができます」

ということで、基本スキルを教えてくれます。

例えば、こんなことが書かれています。
 ○相手をやっつけることより優先したいこと
 ○「正しい、正しくない」「良い、悪い」の二極化では
  解決できない
 ○戦って勝てば、ほんとうにうまくいき?
 ○「相手をなんとかしよう」という姿勢では疲れ果てて
  しまう
 ○戦わなければ、相手が勝手に自滅する
 ○孤独になるのが怖くてくっついていては、争う
 ○相手の能力や性格は自分にとって重要ではない
 ○苦痛に耐えてまで悪口や愚痴につきあうことはない


具体例も身近でわかりやすく、心理学的な本をはじめて
読む方にも読みやすいと思います。
「そうか、カチンとくる人はこう接すればいいのか」などと
いう方法なども書かれていて、人間関係の無用なあつれきを
防ぐことができるかも。参考にしてみてください。

この本からのことば 感想 掲載日
「でも、それって、そう簡単にできるもんじゃないでしょう」 「でも、どうして私がしなくちゃいけないん いつも「でも…」「しかし」「それは違う」「いや、それは…」 など、否定語から入る人、反論から入る人、 2016-10-21
人生の終盤になってようやく、 「私は、自分の人生に満足しています。  過酷な人生でしたが、よくやっ このことばを読みつつ、「オセロゲーム」の 最後に大逆転のシーンを想像してしまいました。 「最後の最後 2016-10-20




『おすすめ本の紹介』