width=10
ことば探し
★私の人生を邪魔するものは何もありません★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2019年7日16日
あきらめることあきらめてはいけないこと
2019年7日12日
相手の気持ちをちょっと読めば仕事は不思議とうまくいく
2019年7日11日
「場の空気」を読む技術
2019年7日10日
今の自分が本当のあなたです
2019年7日9日
話を聴く力が人生を変える
2019年7日8日
「ちゃんと評価される人」がやっている仕事のコツ
2019年7日4日
ああ面白かったと言って死にたい
2019年7日3日
シスター鈴木秀子の今日幸せになる171の言葉
2019年7日2日
今日を始める160の名言
2019年6日30日
もっと気楽に生きるコツが、わかった!
2019年6日28日
50代から、いい人生を生きる人
2019年6日27日
脳が教える! 1つの習慣
2019年6日26日
なぜ、今までのやり方を変えられないのか
2019年6日25日
10分で十分筋トレ (生活実用シリーズ―NHK出版DVD+MOOK)
2019年6日24日
長生きすりゃいいってもんじゃない
2019年6日21日
やってみなさいダメモトで!
2019年6日20日
あなたのまわりの「コミュ障」な人たち
2019年6日19日
「前向き脳」のつくり方
2019年6日17日
NHKスペシャル うつ病治療 常識が変わる
2019年6日14日
話を聴く力が人生を変える
2019年6日13日
怒りのセルフコントロール
2019年6日12日
自分を生かす「魔法の杖」
2019年6日11日
長生きすりゃいいってもんじゃない
2019年6日10日
もっと気楽に生きるコツ
2019年6日7日
「頑張らない」から上手くいく
2019年6日6日
人間関係を育てるものの言い方
2019年6日5日
「いい質問」が人を動かす
2019年6日4日
こころのモヤモヤを解き放つ 魔法の質問
2019年5日26日
とにかく、やってみよう!
2019年5日24日
比較は不幸のはじまり
 
1 2 3 4 
 
2019年6月6日
タイトル 人間関係を育てるものの言い方
著者 近藤 千恵
出版社 大和書房 (1995/09)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

「親業訓練協会」の理事長でもある(本の出版時)著者が、女性が
あたたかい人間関係を広げていくための、人間関係の築き方、自己
表現の仕方などを教えてくれる本。

女性は「自己表現」が難しいと言われます。
その理由として、いくつかの理由があるということです。
(ETWの創始者リンダ・アダムスのまとめ)
 ●1つは、「利己主義であってはいけない。もっとまわりの人の
  事を考えなさい」と教えられてきたこと。
 ●2つめは、女性の言っていることが真剣に受け止められない
  ことが今でもあるから。
 ●3つめは、女の子なら「物わかりよくしなさい」「波風が立た
  ないように振る舞いなさい」と幼いときからずっと言われて
  続けてきたので、自分の感情がわかっていても、実際に表現
  していくのには、大変な勇気がいる。


このようなバックボーンがあるので、どうしても女性は男性に比較
すると「自己表現」が、自然にできません。そして人間関係でも、
自分を押えて、そのために不満や怒りをためがちです。
しかし、「自己表現」を上手にすることによって、人間関係も円滑
に、自分も楽になりまる。そのための方法や考え方、事例を教えて
くれます。

例えば、こんなことが書かれています。
 ◎自分を知るための話し方《わたしメッセージ》
 ◎上手な「いいえ」の言い方《返事のわたしメッセージ》
 ◎協力を頼みたいときの話し方《予防のわたしメッセージ》
 ◎困ったことが起きたときの話し方《対決のわたしメッセージ》
 ◎相手と対立するとき《勝ち負けなしの解決法》
 ◎価値観が違うとき、どうすればいいのか《対立の解消法》
 ◎大切な人が悩んでいるとき《能動的な聞き方》


うまく自分を表現できないなぁ、もうすこしちゃんと自己表現した
いなぁ、もっと相手にわかってもらいたいなぁ…と切実に思って
いる女性の方におすすめの一冊です。じっくりとこの本と向き
あってみてください。

この本からのことば 感想 掲載日
与えられた環境だけが、 自分が生きるところではないのです。 自分が働きかけて、 自分のおかれた状況 人を「変えること」は、なかなかできないが、 今の「環境」を変えることは、自分の力でできる。 今、自分 2008-06-22
「自分らしさとは何か」を探すのが 私たちの一生かもしれません。 その意味では一生が「わたし探し」とも 日本語は、主語がなくても話が通じる会話が多い。 というより、あえて主語をはずして会話していることが多 2008-04-20




『おすすめ本の紹介』