width=10
ことば探し
★私は、とても丁寧に仕事をすることが出来、感謝されています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2019年4日26日
たった今から、ハッピーになる!
2019年4日25日
気疲れしない生き方
2019年4日24日
いつやるか? 今でしょ!
2019年4日23日
片づけ下手な右脳人間のための整理本
2019年4日22日
なりたかった自分になるのに遅すぎることはない
2019年4日19日
「前向き脳」のつくり方
2019年4日18日
NHKためしてガッテン/科学のワザで確実にやせる
2019年4日16日
幸せなカップルになるために
2019年4日15日
尾木ママの叱らずしつけ21のコツ
2019年4日12日
なぜか同じ失敗を繰り返してしまう人たち
2019年4日11日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2019年4日10日
ストレス&プチうつ解消レシピ
2019年4日8日
縁は苦となる苦は縁となる
2019年4日5日
天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。
2019年4日4日
「何が言いたいか」をスッキリ伝える人になる
2019年4日3日
ダメなときほど「言葉」を磨こう
2019年3日29日
「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方
2019年3日28日
コーチングが人を活かす
2019年3日27日
より道、わき道、散歩道
2019年3日26日
できる人の人生のルール
2019年3日25日
会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本
2019年3日22日
1分間成功暗示術
2019年3日20日
10-10-10 人生に迷ったら、3つのスパンで決めなさい!
2019年3日19日
脳を活かす勉強法
2019年3日18日
潰れない生き方
2019年3日15日
性格の秘密がわかる本
2019年3日11日
ゆる健康大全
2019年3日8日
50代から人生を楽しむ人、後悔する人
2019年3日7日
生きる不安への「答え」
2019年3日5日
3分間で気持ちの整理をするリラックスブック
 
1 2 3 4 
 
2019年4月16日
タイトル 幸せなカップルになるために
著者 アルバート エリス , テッド クロフォード
出版社 ダイヤモンド社 (2014/10/18)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

心理療法として「論理療法」を創設した著者と、コミュニケーション
研究家の著者の2人が、愛を深めるための7つのルールを教えてくれます。

著者達はこう言っています。
「7つのルールは、一瞬で魔法を解いてくれるキスほど簡単では
 ありませんが、効果は抜群です。
 それは、あなたがより完成した人間になるのを助け、
 あなたのパートナーとあなた自身に対する見方を変えます。(略)
 7つのルールは一部を利用するだけでも効果があります。
 もちろん、あなたと相手が相互にルールに取り組めば、もっといい
 コミュニケーションが可能です」

強力なツールと言うわけです。

さて、その7つとは…
1.相手をありのままに受け入れよう
2.相手を称賛し、感謝する気持ちを繰り返し伝えよう
3.真摯にコミュニケーションをとろう
4.相手との立場や意見の違いを正直に認めよう
5.相手がめざしている目標を応援しよう
6.相手にも間違いをおかす権利があることを認めよう
7.今かなえられない願望を後に達成することもできる目標として、
  とらえなおそう


詳しくは、この本を読んでいただくとして、一番大切なルールは1.で、
それが、他の6つの基礎になると言うことです。
この、7つのルールが、豊富な事例を元に解説されています。

心理学的要素が少し多いですが、身近な事例が多いので、むずかしくはない
と思います。
ただ、実際に取り組むのは、相当パワーがいるなぁ…と正直思いました。

この本からのことば 感想 掲載日
相手を責めてはいけません。 あなたは誰かと親密な関係を結ぶのは、 あなた自身が楽しく過ごすためであ アメリカの臨床心理学の専門家で、論理療法の創設者である アルバート・エリス先生は、コミュニケーション 2016-03-18
相手の「現実」や「真実」は、 自分の心のなかで組み立てられた 「現実」や「真実」とは異なります。 よく「感じ方が違うなぁ…」 と、感じることがあるが、きっと、 相手の「現実」や「真実」の捉え方が、 2006-07-11
あなた自身にも相手にも、 間違いをおかす権利があります。 それを尊重しましょう。 あなたは自分の 相手の間違いは、よく見えるし、 指摘したくなる。 しかし、自分の間違いは隠したいし、 できれば、触 2006-05-12




『おすすめ本の紹介』