width=10
ことば探し
★私には、豊かで幸せになれる価値があります★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2020年7日1日
心が軽くなる本
2020年6日29日
人間関係で落ち込みやすい人の心がふわっと軽くなる考え方
2020年6日26日
進みながら強くなる-欲望道徳論
2020年6日24日
経営者1,000人に会ってわかった! やり方を1%変えるだけですぐに成果が出せる仕事のルール
2020年6日22日
笑顔がクスリ
2020年6日19日
チャンスの扉
2020年6日17日
出会いを生かせば、ブワッと道は開ける!
2020年6日15日
ウサギ人間とカメ人間
2020年6日12日
読書が「知識」と「行動」に変わる本
2020年6日10日
将来の希望ゼロでもチカラがみなぎってくる63の気づき
2020年6日8日
気持ちを整理すると「いいこと」がいっぱい起こる!
2020年6日5日
「勝ち運」をつかむ12の経験則!
2020年6日3日
老後を楽しみたけりゃイライラ・クヨクヨは捨てなさい
2020年6日1日
「疲れがなかなかとれない」と思ったとき読む本
2020年5日29日
脳力開発マップのススメ
2020年5日27日
「決められない!」自分を変える本
2020年5日25日
あと一歩でうまくいく人の「心の壁」の破り方
2020年5日22日
あなたに奇跡を起こす小さな100の智恵
2020年5日20日
世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業
2020年5日18日
世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え
2020年5日15日
無理しないで賢く生きる
2020年5日12日
「ゆっくり」でいいんだよ
2020年5日11日
大人になると忘れてしまう大切なこと
2020年5日9日
偶然と幸せの法則
2020年5日6日
「もう、いやだ」というときに―気分をリセットする100の言葉
2020年5日4日
こころの時間です
2020年4日30日
なんにもしたくない!
2020年4日27日
1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート
2020年4日24日
こころをほぐす小さな「開き直り」術
2020年4日22日
神の業は現われる
 
1 2 3 4 
 
2019年3月28日
タイトル コーチングが人を活かす
著者 鈴木 義幸
出版社 ディスカヴァー・トゥエンティワン
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

コーチング(相手の『自発的』行動を促進させるためのコミュニケー
ション技術)である著者が教えてくれる「人を活かすコミュニケー
ション方法」。
どうすれば相手の思考を「しなければならない」→「したい」に変え、
自発的に動かすことができるのか、そんな知識やスキルが書かれて
います。とてもわかりやすい本で、コーチングについて知るのにも
いいと思います。

例えば、こんな話が載っています。
「コーチングの基本的な哲学は、「安心感で人を動かす」という
 ものです。(略)
 相手に安心感を与える非常に強力な方法が、この「同じ言葉を
 繰り返す」です。語尾だけでを繰り返してもよいし、あるいは、
 「そうだよね」などの文で置き換えても構いません。
 「同じ言葉を繰り返す」ことは相手の意見に賛成するという
  ことではありません。
  相手が今そういう状態にあることを認めるということです(略)

  だまされたと思って同じ言葉を繰り返してみてください。
  部下が「最近ちょっと疲れ気味なんです」といったら
  「疲れているんだな」と。
  そのあとでも遅くないはずです。
  「もうちょっとがんばってくれよ」というのは。」


その他、こんなことを教えてくれます。
1.相手の中から答を引きだす
2.安心感と自信を与える
3.未来の夢を抱かせる
4.新しい視点を与える
5.自発的な行動を促す
6.コーチの達人に向けて


なるほど…と思うような、自らが「したい」に変える知識やスキルが
たくさん書いてあります。
この本はビジネスだけでなく、一般家庭でも役立つ本だと思います。

この本からのことば 感想 掲載日
まずは次の単語のリストを見てください。 どの行動を起こしているとき、あるいは状態にいるときが、 皆さ さて、あなたはどの3つでしたか? 人、それぞれ、置いている価値が 違うってことですね。 これを使っ 2006-02-17
コーチング(※)では「なぜ」のかわりに 極力「なに」を使うようにします。 それは「なに」を使った質問 例えば、こんなことだろうか。 「なぜ、こんなことしたの?」 ときかれると、 そう、責められているよ 2006-02-04




『おすすめ本の紹介』