width=10
ことば探し
★私は、私の人生がこの先、いつも輝いていることを知っています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2019年5日26日
とにかく、やってみよう!
2019年5日24日
比較は不幸のはじまり
2019年5日23日
人間関係で落ち込みやすい人の心がふわっと軽くなる考え方
2019年5日22日
人生が変わる感謝のメッセージ
2019年5日21日
過去にくよくよこだわるな
2019年5日20日
どうしてそんなにイライラするの?
2019年5日17日
自分の価値に気づくヒント
2019年5日16日
自分いじめはやめなさい
2019年5日15日
いつも「いいこと」が起きる人の習慣
2019年5日13日
ああ正負の法則
2019年5日10日
本気で言いたいことがある
2019年5日9日
「やさしい」って、どういうこと?
2019年5日8日
「傷つきたくない」気持ちの精神病理
2019年5日7日
他人に振り回されてへとへとになったとき読む本
2019年4日26日
たった今から、ハッピーになる!
2019年4日25日
気疲れしない生き方
2019年4日24日
いつやるか? 今でしょ!
2019年4日23日
片づけ下手な右脳人間のための整理本
2019年4日22日
なりたかった自分になるのに遅すぎることはない
2019年4日19日
「前向き脳」のつくり方
2019年4日18日
NHKためしてガッテン/科学のワザで確実にやせる
2019年4日16日
幸せなカップルになるために
2019年4日15日
尾木ママの叱らずしつけ21のコツ
2019年4日12日
なぜか同じ失敗を繰り返してしまう人たち
2019年4日11日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2019年4日10日
ストレス&プチうつ解消レシピ
2019年4日8日
縁は苦となる苦は縁となる
2019年4日5日
天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。
2019年4日4日
「何が言いたいか」をスッキリ伝える人になる
2019年4日3日
ダメなときほど「言葉」を磨こう
 
1 2 3 4 
 
2018年12月19日
タイトル 遊んでいても結果を出す人、真面目にやっても結果の出ない人
著者 柴田 励司
出版社 成美堂出版 (2013/6/5)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

いろいろな場所で人事に携わってきて、現在組織人事コンサル
タントの著者が、一生懸命やっているのに、なかなか成果が上が
らない人、真面目にがんばっているのに、どうも評価されない、
そんな人たちの原因をさぐり、評価されるようになるための
方法を教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「一生懸命やっているのに、なかなか成果があがらない。
 一方、遊んでいるように見えるのに、なぜか成果を上げる
 人がいる。
 「遊んでいても結果を出す人」というのは、「ぜんぜん、
  努力も何もしていない人」ではない。確かに周りから
 みれば「遊んでいる」ように見えるけれど、
 「実はこういうことをしているから、自然に結果がついて
  くる」という要素がいくつもある。
 それを解き明かしていきたい」


ということで、たとえば、こんなことが書かれています。

《がんばっているのに結果が出せない人の9つの習慣》
1.自分の売り込みが目立つ
2.空気を読んでいない言動をする
3.自分の意図にそぐわないと怒る
4.話が長い
5.いつまでも過去にこだわる
6.「熱意」をはき違えている
7.悪気なく人をバカにしたような発言をする
8.残念な見た目だったり仕草をする
9.どうでもいいことにこだわる


なるほどなぁと思いつつ、「遊んでいるように見える人」が
評価されるというより、本当にしっかりやっている人が、
やっぱり評価されるし、仕事もできる、というように感じ
ました。
いろいろ参考になるところも多いので、自分の仕事の仕方、
人との接し方など、勉強するにはいい本だと思います。

この本からのことば 感想 掲載日
話はシンプルなほうがいい。 自分の意見を述べたり説明したりするときは、 シンプルで簡潔であるほど相手 こちらが話をしていて、まだ結論も言っていないのに、 相手がイライラしていたり、聞いてなさそうだったり 2014-12-03
しっかりアウトプットができる人と、 不十分なアウトプットしかできない人の差は 「最終的なゴールをどこ パワーポイントでとても凝った資料作成する人がいます。 文字が飛び出してきたり、細かいデータがいっぱい 2014-11-17
不平不満が多い人がいる。 がんばっているのに報われないから 不平不満が多くなってしまうのか、 不平不 不平不満をいつも言っている人は、 「相手のためによかれと思って」 「今の状況をよくしようと思って」 2014-11-12
コンサルティング会社にいたときに、 「言葉あたりの単価」という表現があった。 コンサルティングにS級 では、S級の人はどうしているかというと、 この本によると、こんなふうだそうです。 「発する言葉の数 2014-11-11




『おすすめ本の紹介』