width=10
ことば探し
★家は、いつも私をあたたかく迎えてくれ、守ってくれます★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2019年1日18日
人間、とりあえず主義
2019年1日17日
ヒルティ 老いの幸福術
2019年1日16日
無理をしない、あたりまえの人生がいい
2019年1日15日
仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識
2019年1日11日
ああ正負の法則
2019年1日10日
1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記
2019年1日9日
大人の生き方 大人の死に方
2019年1日8日
がんばっていても不安なあなたへ
2019年1日7日
肯定的人生観のすすめ
2018年12日28日
いい言葉は、いい人生をつくる
2018年12日27日
人間関係と人生にキレない方法
2018年12日26日
心のネガティブを消してしまう思考のヒント
2018年12日25日
ああ面白かったと言って死にたい
2018年12日21日
心が晴れる はれ、ことば
2018年12日20日
人はなぜ悪口を言うのか?
2018年12日19日
遊んでいても結果を出す人、真面目にやっても結果の出ない人
2018年12日18日
小商人(こあきんど)のすすめ
2018年12日17日
人生心得帖
2018年12日14日
念仏に生きるとき
2018年12日13日
ワシらはみんな生きている
2018年12日12日
パワー言葉
2018年12日11日
優しくありなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な闘いに挑んでいるのだから
2018年12日10日
心にズドン!と響く運命の言葉
2018年12日7日
死ぬまでに知っておきたい 人生の5つの秘密
2018年12日6日
小枝にしばられたゾウ
2018年12日5日
こんな社長が会社をつぶす!
2018年12日3日
念仏に生きるとき
2018年11日30日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2018年11日29日
「バカ」は性格か! ? 脳科学者が教える、バカな人との付き合い方
2018年11日28日
道はみんなのもの
 
1 2 3 4 
 
2018年10月25日
タイトル 自分で奇跡を起こす方法
著者 井上 裕之
出版社 フォレスト出版 (2008/9/19)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

医学博士でセラピストでもある著者が、自らの体験(約10年
前大事故にあい、その事故で奥さまが、意識不明で植物状態に
なる。医師からは絶望的と言われていたが、半年後に奇跡的に
意識を回復し、いまでは普通に生活している)から、奇跡は
起こること、奇跡はあることを実感します。

著者は、こう言っています。
「もし、あの事故を体験していなければ、私の人生は今とは
 全く違ったものになっていたでしょう。
 そして、私自身も今とは全く違う人間になっていたと思い
 ます。
 私が事故を体験することで気づかされたこと。
 それは、自分の人生は自分自身でコントロールできるという
 ことです。逆をいうと、人生に無償で与えられるものはない。
 当たり前の日常も健康も自分で手に入れるしかないのです。
 しかし、多くの人はこのことに気づいていません。
 この本は、
  ◎本気で人生を変えたいと思っている人
  ◎大切な人を失うかもしれない不安と闘っている人
  ◎人生で悩みや不安を抱えている人
 に読んでいただきたいと思っています」


前半部分にその事故が起こってからの数々の奇跡の実話が、
後半部分に奇跡を起こすには、どうあればいいか、など心構え
や考え方が書かれています。
  1.人生を変えた瞬間
  2.奇跡の瞬間
  3.引き寄せる瞬間
  4.成長する瞬間


ただ奇跡が起こることを漫然と期待していてはダメで、奇跡を
起こすには、こちらもかなりの努力をしなければいけないのだと
わかる本です。また、日々学んでいき、その学びも生かしていく
ことも大事だとわかります。
読みやすい本なので、本を読むのが苦手な方にもおすすめです。
奇跡について学んでみませんか。

この本からのことば 感想 掲載日
本気には自分が望んでいるものを引き寄せる力があります。 本気が周りの人を動かします。 妻の治療もそ 井上さんの奥様は、大事故のために、意識不明で植物状態に なり、医師からは絶望的と言われていましたが、 2013-04-11
お金儲けだって学びです。 「儲けたい」と言っているだけでは、 絶対に儲かるようにはなりません。 儲け この本では、お金を儲けることだけではなく、 生きることに対しても、仕事に対しても、人間関係も、 徹底 2011-08-31




『おすすめ本の紹介』