width=10
ことば探し
★私は、自分の怖れをすべて手放し、解放します★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年9日21日
もっと幸せをつくろう
2018年9日20日
希望の見つけかた
2018年9日19日
人生、熱く生きなければ価値がない!
2018年9日14日
どんなことがあっても自分をみじめにしないためには―論理療法のすすめ
2018年9日13日
世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業
2018年9日12日
なかなか決められない!
2018年9日11日
自分を好きになれないキミへ
2018年9日10日
みんなに好かれる人 避けられる人
2018年9日6日
人生にはいらない人間関係がいっぱいある
2018年9日5日
クヨクヨからスッキリへ、こころのクセを変えるコツ
2018年9日4日
時間上手の暮らし方
2018年9日3日
試してみることで人生は開ける
2018年8日31日
男はプライドの生きものだから
2018年8日30日
成功の女神に好かれる人 嫌われる人
2018年8日29日
ライン 限界なんて飛び越えちまえ!
2018年8日28日
大人の生き方 大人の死に方
2018年8日24日
もしも人生が一度きりだとしたら。もしもそれが、「もしも」じゃないとしたら。
2018年8日23日
「やりたいことだけ」をやる。心は上天気!
2018年8日22日
50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算
2018年8日10日
生きることはすごいこと
2018年8日9日
やっかいな「女」を味方につける心理技術
2018年8日8日
夢をかなえる時間術
2018年8日6日
脳が教える! 1つの習慣
2018年8日3日
「戦う自分」をつくる13の成功戦略
2018年8日2日
ケッコン構造改革のススメ!
2018年8日1日
自分の魅力を引きだす「生き方のルール」35
2018年7日31日
死にゆく人たちと共にいて
2018年7日30日
目標設定練習帳 新装改訂版
2018年7日27日
優しくありなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な闘いに挑んでいるのだから
2018年7日26日
1分間コトラー 顧客を虜にする戦略的マーケティング77の原則
 
1 2 3 4 
 
2018年7月12日
タイトル 「時間がない」から、なんでもできる!
著者 吉田穂波 (著)
出版社 サンマーク出版 (2013/8/12)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

産婦人科医師の著者が、1分の価値を高めて、困難さえも味方に
つける方法、時間の使い方を33教えてくれる本。

この本には、3歳、1歳、生後1ヶ月の3人の子どもを連れて
ご主人と渡米し、2年間の留学生活の話が中心書かれています。
(その留学中に第4子も出産したそうです)
そんな中で、ハーバード公衆衛生大学院を終了したというから
スゴイですね。

吉田さんは、このような生活について、こう言っておられます。
「ああ、もうやらなければいけないことだらけ。
 それなら、あれもこれもいっぺんにやるしかない!
 実際にいっぺんにやってみたら、案外うまくいきました。
 同時にやるしかないと思ったら、そのための時間のやりくりを
 工夫するようになり、複数のことを同時並行させることで、
 かえって相乗効果が生まれました」


例えば、こんなことが書かれています。
◎時間がないから「やりたい!」がわく
◎「見切り発車」をよしとする
◎「お金」より「時間」より大事な「気持ち」のやりくり
◎「頼る=迷惑をかける」という発想を捨てる
◎「やるべきこと」を、一気に片づけようとしない
◎最初の一歩は、「シンプルなひとつ」を選ぶ
◎やる前に考えない、やってみて考える
◎あきらめなければ細くとも道がみつかる
◎「ちんぷんかんぷん」でも、食らいつく


いやぁ、すごい方だと思って読んでみたら、なるほどと思う
考え方や決断の仕方が書かれていて、とても勉強になりました。
ごちゃごちゃ言っているより、やってみた方がいいなとも
思えた本でした。

この本からのことば 感想 掲載日
「やる!」と決めると、 頭が自然とそのための道筋を導き出すものです。 まるで自分がそこに向かうのが当 「やる!」と自分が決めると、 お腹の底から力がわいてくる、やる気がわいてくる、 そんな気が、私もしま 2015-10-14
「混沌、ぐちゃぐちゃ」が、あたりまえ! 複数のやりたいことを同時並行でうまくすすめるコツは、 混沌を たとえば、混沌としているのは自分に問題があるから、 ごちゃごちゃしていると前に進めない、これをスッキ 2015-10-13




『おすすめ本の紹介』