width=10
ことば探し
★私は、お金のことで罪悪感をもつことはなく、お金が大好きです★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年10日23日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2018年10日22日
時間上手の暮らし方
2018年10日9日
「ほめ日記」をつけると幸せになる!
2018年10日5日
1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記
2018年10日4日
運命を変える50の小さな習慣
2018年10日3日
チャンスがやってくる15の習慣
2018年10日2日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2018年10日1日
1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則
2018年9日28日
だからすれ違う、女心と男脳
2018年9日27日
どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方
2018年9日26日
話し方を変えると男と女は、もっとうまくつき合える!
2018年9日21日
もっと幸せをつくろう
2018年9日20日
希望の見つけかた
2018年9日19日
人生、熱く生きなければ価値がない!
2018年9日14日
どんなことがあっても自分をみじめにしないためには―論理療法のすすめ
2018年9日13日
世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業
2018年9日12日
なかなか決められない!
2018年9日11日
自分を好きになれないキミへ
2018年9日10日
みんなに好かれる人 避けられる人
2018年9日6日
人生にはいらない人間関係がいっぱいある
2018年9日5日
クヨクヨからスッキリへ、こころのクセを変えるコツ
2018年9日4日
時間上手の暮らし方
2018年9日3日
試してみることで人生は開ける
2018年8日31日
男はプライドの生きものだから
2018年8日30日
成功の女神に好かれる人 嫌われる人
2018年8日29日
ライン 限界なんて飛び越えちまえ!
2018年8日28日
大人の生き方 大人の死に方
2018年8日24日
もしも人生が一度きりだとしたら。もしもそれが、「もしも」じゃないとしたら。
2018年8日23日
「やりたいことだけ」をやる。心は上天気!
2018年8日22日
50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算
 
1 2 3 4 
 
2018年1月9日
タイトル 小さいことにくよくよするな!
著者 リチャード・カールソン
出版社 サンマーク出版
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

著者は

『私たちは常日頃の癖で、つい過剰反応、拡大解釈、
 悲観主義に走ってしまい「すわ一大事」という生き方を
 しがちだが、もう一方の生き方として、
 周りの人たちともっと共感しあえる、
 穏やかで優雅な生き方がある。
 その生き方とは「すぐ反応する」癖を
「客観的に見る」という新しい癖と入れ替えることからはじまる』
と言っています。

穏やかに生きるための2つのルールはこれ!
1.小さいことにくよくよするな。
2.すべては小さなことだ。

この考え方を人生に取り込めば、

もっと穏やかで愛情豊かな自分を育てることができると言うことで、
この取り込み方などを100項目に渡って教えてくれる本です。

例えば…
「頭で悩みごとの雪だるまをつくらない」
「たいていは相手が正しい」
「一年たてばすべて過去」等々。

大きな文字と、わかりやすい項目立てで、読みやすいです。

この本からのことば 感想 掲載日
人間の歴史から教訓めいたものを読みとれるとすれば、 それは誰にでも落ち度があり、欠点があり、 たまに おたがいさまのことって、うんとあると思う。 がっかりさせられたり、がっかりさせたり… 迷惑をかけられ 2011-09-29
人生はこうあるべき、という先入観にとらわれると、 いまの瞬間を楽しんでそこから学ぶ機会を見失う。 い 人生は、夫や妻は、子供は、父母は、仕事場は、世の中は… 「こうあるべき」などといったん考えはじめると 2010-03-22
考えるとおもしろいことだが、 だれかと口論したとき、 その相手はあなたと同じくらい 自分の意見が正し つい、自分の「正しさ」だけが 正しいように思ってしまい、 相手も「正しい」と思っていることなど、 気 2005-06-08
今日からは 「たいてい相手のほうが正しい」と 思うようにしよう。 いまよりもっと心豊かな人になりた ついつい人を非難してしまって、 自分の正当性を主張したくなる。 そうしたって、相手に正当性が伝わる 2002-08-23




『おすすめ本の紹介』