width=10
ことば探し
★私は、過去を振り返りません★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年1日22日
逆境は天からの贈り物
2018年1日19日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2018年1日18日
道は開ける
2018年1日17日
会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本
2018年1日16日
人生が変わる感謝のメッセージ
2018年1日14日
伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業
2018年1日12日
時間上手の暮らし方
2018年1日11日
「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
2018年1日10日
人生が変わる習慣
2018年1日9日
小さいことにくよくよするな!
2017年12日27日
自分の人生、生きてますか
2017年12日26日
読書力
2017年12日22日
さあ、たのしんで生きることを選ぼうよ
2017年12日21日
いつもバタバタしている人の気持ち切り替え術
2017年12日20日
男と女のすれ違いはすべての言葉で起こっている
2017年12日19日
宇宙を味方にしてお金に愛される法則
2017年12日18日
失敗は、顔だけで十分です。
2017年12日15日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2017年12日12日
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法
2017年12日11日
性格の秘密がわかる本
2017年12日8日
もっと人間関係がうまくいく心のケンカ術
2017年12日7日
夢をかなえる時間術
2017年12日5日
このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる
2017年12日4日
やる気を生みだす気づきの法則
2017年12日1日
いま大切にしたいこと
2017年11日30日
こころが軽くなる 気分転換のコツ
2017年11日29日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2017年11日28日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2017年11日27日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2017年11日23日
YESの言葉から始めよう!
 
1 2 3 4 
 
2017年12月22日
タイトル さあ、たのしんで生きることを選ぼうよ
著者 マドモアゼル愛 (著), 高田 せい子
出版社 大和出版 (1999/03)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

心の問題に取り組んでいる占星学者の著者が、気持ちをラクにし
楽しんで生きていく考え方などのヒントを教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「天は必ず成長した人間にほうびを用意しているのです。
 部分的な悩みや苦労に負けず、自分や生命の全体に対する
 信頼を通すことは、天を信頼することと同じなのです。
 ですから、誰にでも、悩みや苦労を乗り切った後には、
 天から必ずほうびが与えられるのです。
 私たちがもし愛に悩んだとき、愛によって愛を解決しようと
 してはならないのです。
 それができれば、もうとっくに、それをやっていたはずです。
 愛の悩みを解決したくて色々とやったけれどダメだったから、
 悩んでいるのではないでしょうか。
 解決法は他のところにあるのです。
 いくら、愛に悩んでいても、それとは別のところで自分を
 支えてくれているあやゆるものに、まず感謝することから
 はじめるのです。
 食事のありがたさ、歩けるありがたさ、友人がいることの
 ありがたさ、健康のありがたさ…まさに無数にある失って
 いない色々な機能や事柄や状況、すなわち全体性に対しての
 感謝を思い出すのです」


例えば、こんなことが書かれています。
 ○悩みは必ず解決するよ
 ○自分を否定すると苦しいよ
 ○「愛されたい」から……
 ○自分を悲しむゲームは止めよう
 ○ウツ状態から抜け出すには…
 ○悲しいときは悲しいままに
 ○ふるえながらでいいから
 ○喜びを貯金しようよ
 ○こんな人には注意して!
 ○心に喜びが生まれる時間


心の問題や悩みについて、事例をあげてわかりやすくやさしく
書かれてあって、本を読むのが苦手という方にもおすすめの本
です。心が重いとき、愛されないことに悩んでいるときなど、
ぜひ、手にとって読んでみてください。

この本からのことば 感想 掲載日
愛されなかったことなど大した問題ではありません。 人を愛せるのは精神が成熟している人なのです。 しか 私は、「愛される」ために、無理をすることはない、 と思っています。誤解を恐れずに言えば、 「人から愛 2010-12-15
私たちは、何かにこだわってしまうと、 つい本当の目的を見失ってしまいます。 本当はお客様に、お茶を差 この本では、こうも言っています。 「私は、むしろ、おいしいお茶が、充分な心づかいのもとに、  ふるえ 2010-12-06
「こういう毎日を送りたい」 その一日をあなたがつくることは、 とても簡単にできることなのです。 「あ 楽しくする工夫… こんな工夫ならすればいいのだけど… 実は、案外していないように思う。 つまらなくす 2010-12-03



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』