width=10
ことば探し
★○○する時間を見つけることが出来、○○をします★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年11日20日
とっても迷惑なあの人にズバリ“NO”と言える秘密の法則
2018年11日19日
言いたいことを確実に「伝える技術」
2018年11日16日
3分間日記
2018年11日15日
「思い」と「言葉」と「身体」は密接につながっている
2018年11日14日
人間関係と人生にキレない方法
2018年11日13日
人生が変わる習慣
2018年11日12日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2018年11日9日
透明なる自己
2018年11日8日
手をつなげば、あたたかい
2018年11日7日
「日本人」という病
2018年11日6日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2018年11日2日
自分の人生の楽しみ方
2018年11日1日
こころの格差社会
2018年10日31日
経済は「競争」では繁栄しない…信頼ホルモン「オキシトシン」が解き明かす愛と共感の神経経済学
2018年10日29日
コミュニケーション100の法則
2018年10日26日
こころのケア
2018年10日25日
自分で奇跡を起こす方法
2018年10日24日
気持ちをうまく伝える技術
2018年10日23日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2018年10日22日
時間上手の暮らし方
2018年10日9日
「ほめ日記」をつけると幸せになる!
2018年10日5日
1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記
2018年10日4日
運命を変える50の小さな習慣
2018年10日3日
チャンスがやってくる15の習慣
2018年10日2日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2018年10日1日
1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則
2018年9日28日
だからすれ違う、女心と男脳
2018年9日27日
どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方
2018年9日26日
話し方を変えると男と女は、もっとうまくつき合える!
2018年9日21日
もっと幸せをつくろう
 
1 2 3 4 
 
2017年11月14日
タイトル そっとあなたの“欠点”を直してくれる本
著者 リチャード・カールソン
出版社 三笠書房
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

「小さいことでくよくよするな!」
「あくせくするな!ゆっくり生きよう」
などの本で有名なアメリカの心理学者の書いた、自分を
さらりと、生きやすく変える100の方法が書いてある本。

タイトルが「欠点を直す」ですが、どちらかというと、
「人生をよい方向に軌道修正しよう」というニュアンスの内容です。
あまり、過去のことにこだわったり、ほじくり返すより、
今を見つめて、自分の行動や考え方を変えていこうと提唱しています。


例えば、こんな事が書かれています。
●“自分の人生”と真剣に恋をする
●「わからない」ということを素直に受け入れる
●一人で“全世界”を背負わなくてもいい
●「人生というマジック」の幕を開ける
●他人のことは少し“大目”にみよう
●「運が味方してくれる人」、絶対の共通点
●これぞ「心が洗われる」人!
●“ガス抜き”はこまめにする
●「決めない」こともまた「決断」の1つ
●“大騒ぎ”するほど問題は複雑になる
●へたに“我慢”するより、自分を変える


1つ1つの項目が、明快でわかりやすく読みやすいです。
そして、読み終わった後、とても元気になります。
じっくりと、読んでみることをおすすめします。

この本からのことば 感想 掲載日
人生とは結果ではなく、 スタートからゴールに至るまでの、 あらゆる出来事の積み重ねなのだ。 気を使う 今まで気がつかなかったことに気づく。 今まで見えていなかったことが見える。 今まで思ってもいなかった 2006-03-18
小さなことは小さいままで置いておき、 大騒ぎするのは、本当に大事件が起きた時の ために取っておく。 これは、私の経験上の印象だが… 小さなことで大騒ぎをする人は、 「どうでもいいことは騒ぎ立てるが、 2005-11-22
困ったことに、 人の仕事は簡単そうに見え、 自分の仕事だけが大変なものに思える。 しかし、 よりハ 仕事に関係なく、 この2つは、肝に銘じておこう。 自分は努力しているが、 相手は努力してないように 2005-10-28
「ニュース」と言えば、 まず悪いニュースを考えるのが普通だ。 新聞社のニュース編集室で働く友人による この本には、こんな質問が載っています。 「1日に20の仕事をして、  そのうちの19はうまくいった 2005-10-27




『おすすめ本の紹介』