width=10
ことば探し
★私は、自分の持っている劣等感を手放します★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
5 6 7 8 
 
2018年11日19日
言いたいことを確実に「伝える技術」
2018年11日16日
3分間日記
2018年11日15日
「思い」と「言葉」と「身体」は密接につながっている
2018年11日14日
人間関係と人生にキレない方法
2018年11日13日
人生が変わる習慣
2018年11日12日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2018年11日9日
透明なる自己
2018年11日8日
手をつなげば、あたたかい
2018年11日7日
「日本人」という病
2018年11日6日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2018年11日2日
自分の人生の楽しみ方
2018年11日1日
こころの格差社会
2018年10日31日
経済は「競争」では繁栄しない…信頼ホルモン「オキシトシン」が解き明かす愛と共感の神経経済学
2018年10日29日
コミュニケーション100の法則
2018年10日26日
こころのケア
2018年10日25日
自分で奇跡を起こす方法
2018年10日24日
気持ちをうまく伝える技術
2018年10日23日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2018年10日22日
時間上手の暮らし方
2018年10日9日
「ほめ日記」をつけると幸せになる!
2018年10日5日
1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記
2018年10日4日
運命を変える50の小さな習慣
2018年10日3日
チャンスがやってくる15の習慣
2018年10日2日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2018年10日1日
1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則
2018年9日28日
だからすれ違う、女心と男脳
2018年9日27日
どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方
2018年9日26日
話し方を変えると男と女は、もっとうまくつき合える!
2018年9日21日
もっと幸せをつくろう
2018年9日20日
希望の見つけかた
 
5 6 7 8 
 
2019年8月20日
タイトル 「感情の整理」が上手い人の70の技術
著者 和田 秀樹
出版社 新講社 (2010/01)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

精神科医の著者が、不安にとらわれたとき、どうすればいいか、
怒りにとらわれたときの自分コントロール方法、対人トラブルに
巻き込まれたときの対処法などをわかりやすく、教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「感情の整理」を上手くやるにはどうしたらよいかと言うことを
 いろいろ調べ、勉強してきました。そのようにして身につけて
 きた「感情の整理」の技術、方法をこの本で70項目にまとめて
 提示したいと思います。
 いうまでもなく、このような「技術」や「方法」はたくさん
 知っているほどよいということです。
 感情には個人差があり、ある人に効く「技術」や「方法」が、
 ある人には効かないという現実があるからです。
 一つが効かなかったから別のやり方を試す。そうすることで、
 イヤな感情を整理していくことができます。
 「感情の整理」が上手くできるようになれば、対人関係がいま
 までより、ずっとうまくいくはずです」


例えば、こんなことが書かれています。
 ◎自分の「過ち探し」に熱中してはいけない
 ◎不安と向き合うときは理詰めで考える
 ◎「この人はなぜ?」と考えてみる
 ◎自分は「上から目線」ではなかったかと検証する
 ◎とくべつ不幸な人間ではないと気がついてみる
 ◎イライラしている相手とは用件だけで済ます
 ◎他人を、敵か味方かと色分けしない
 ◎何も考えず、できることを始めてみる


むずかしいことが書かれている本ではなく、わかりやすく読み
やすく整理されてある本で、人間関係や自分自身について悩ん
だり、疑問を持っている方には、一読をおすすめします。

この本からのことば 感想 掲載日
人間関係から生まれる悪感情の一つに「疑い」があります。 この「疑い」は、かなり個人差が大きいと思って またまた病院ネタになり、恐縮ですが、 患者さんの中には、つねに治療を疑っている方もおられます。 「薬 2013-03-11
「わかってもらえないこと」があったとしても、 そのことは気にしなくていいのです。 決して相手が鈍感な 和田さんは、さらにこう言っています。 「逆にどんなに気の合わない人とでも一瞬、  わかり合えるとき 2013-03-08




『おすすめ本の紹介』