width=10
ことば探し
★私には、癒しのパワーがあり、自分で自分を癒すことができます★
■感想を書く■


「今日のことば」
闇夜を嘆くことはない。 人生はいつも光に照らされている、というわけではありません。 光が陰った道を歩かなければならないときもあれば、 あたり一帯が闇に包まれることもある。 闇で視界が閉ざされたら、 恐怖に襲われるし不安にもさいなまれるでしょう。 足がすくんで歩けなくなるかもしれません。 しかし、人生の歩みをとめるわけにはいきません。 「何をやってもうまくいかない、人生、挫折ばっかりだ。  もう投げ出したい」 闇夜は、ひとをそんな心境に陥れます。 やめられるものなら、いっそやめてしまいたい瞬間もあるのが人生。 生きていく何の縁(よすが)もない、と思えば闇は深まる一方です。 闇夜を照らす「何か」を見いださねばなりません。 江戸時代の儒学者で、佐久間象山、渡辺崋山らを育てた 佐藤一斎は、その著「言志四録(げんじしろく)の中で こう言っています。 「一燈をさげて闇夜を行く。  闇夜を憂う(うるう)ことなかれ。ただ一燈を頼め」 提灯(ちょうちん)ひとつさげ、ただそれに頼っていればいいのだ。 闇夜を恐れたり、嘆いたりすることはない。 さげるべき提灯があれば、闇が深くとも、 安心して生きていける、ということでしょう。 一灯があれば、それでいい。


感想投稿
名前  
※ハンドルネームなど
メールアドレス:  
※投稿一覧には表示されません。
削除キー:  
性別: 男  女   
年齢:  
感想:  
 


◆投稿に当たってのお願いと規約◆
「今日のことば」に対する「ご自分の感想や考え方」の投稿をお願いします。
誹謗、中傷、嫌がらせ、公序良俗に反する意見・感想、広告関連、名誉毀損、テーマに関係ないような書き込み等、管理人が適切でないと判断した場合には編集・削除させて頂きます。
この投稿で起きたトラブルに関して、管理人は一切の責任を負いかねます。
また、サーバー負荷の関係で、文字数は1000字まで、一日3回までの投稿とさせて頂ております。
よろしくご理解のほどお願いいたします。