width=10
ことば探し
★私は、いつも楽しい話題で豊富な人間です★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2020年7日3日
こころが楽になる人間関係のヒント
2020年7日1日
心が軽くなる本
2020年6日29日
人間関係で落ち込みやすい人の心がふわっと軽くなる考え方
2020年6日26日
進みながら強くなる-欲望道徳論
2020年6日24日
経営者1,000人に会ってわかった! やり方を1%変えるだけですぐに成果が出せる仕事のルール
2020年6日22日
笑顔がクスリ
2020年6日19日
チャンスの扉
2020年6日17日
出会いを生かせば、ブワッと道は開ける!
2020年6日15日
ウサギ人間とカメ人間
2020年6日12日
読書が「知識」と「行動」に変わる本
2020年6日10日
将来の希望ゼロでもチカラがみなぎってくる63の気づき
2020年6日8日
気持ちを整理すると「いいこと」がいっぱい起こる!
2020年6日5日
「勝ち運」をつかむ12の経験則!
2020年6日3日
老後を楽しみたけりゃイライラ・クヨクヨは捨てなさい
2020年6日1日
「疲れがなかなかとれない」と思ったとき読む本
2020年5日29日
脳力開発マップのススメ
2020年5日27日
「決められない!」自分を変える本
2020年5日25日
あと一歩でうまくいく人の「心の壁」の破り方
2020年5日22日
あなたに奇跡を起こす小さな100の智恵
2020年5日20日
世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業
2020年5日18日
世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え
2020年5日15日
無理しないで賢く生きる
2020年5日12日
「ゆっくり」でいいんだよ
2020年5日11日
大人になると忘れてしまう大切なこと
2020年5日9日
偶然と幸せの法則
2020年5日6日
「もう、いやだ」というときに―気分をリセットする100の言葉
2020年5日4日
こころの時間です
2020年4日30日
なんにもしたくない!
2020年4日27日
1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート
2020年4日24日
こころをほぐす小さな「開き直り」術
 
1 2 3 4 
 
2019年7月29日
タイトル 責めず、比べず、思い出さず
著者 高田 明和
出版社 コスモトゥーワン (2011/9/12)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

生理学、血液学、脳科学の医学博士著者が、晴れ晴れと生きて
いくための5つの方法を教えてくる本。

著者は、こう言っています。
「私たちは本来、仏心と呼ばれる、永遠に続く、あくまで
 清らかな心を持っています。
 しかし、妄想、煩悩、執着の雲がこれを取り囲み、この心の
 発揮を妨げています。もし、自分を責めるようなことがあれば
 この妄想の雲をますます厚くするだけです。
 そうなると、心の光は全く消え去り、苦しみ、悩みの心に
 なります。
 私たちの究極の目標は、心が楽になることです。
 それには、「考えないこと」が、もっとも大事だと言っても
 過言ではありません。考えない、思い出さないために、呼吸も
 座禅も写経、読経もあると言ってよいのです。
 心を楽にするためには、何でもしましょう。
 そして、余計なことを考えないで生きるようにしましょう」


そのための《5つの方法》とは…
1.前向きな「心」で明るく生きる
2.「プラスの言葉遣い」をしていく
3.呼吸を変える
4.座禅
5.写経、読経
で、この中のどれか一つでも実践すると、晴れ晴れとした
心になり、本来持っている心と、充実した生活を取り戻す
ことができるということです。


途中から、呼吸法、座禅の仕方、写経、読経の仕方の説明に
なりやや拍子抜け。でも、これらの一つをやれば、心が穏やかに
なれそうに思えるので、やってみようかなと思いました。


この本からのことば 感想 掲載日
念を継がない…何かを思っても発展させない。 「念起こる、これ病なり。継がざる、これ薬なり」 とも言い 実家の母は85歳も過ぎ、現在療養中ですが話しをすると必ず、 「おとうさんは、私が苦労して集金したお金 2014-05-08
人は、よいことをしようと思ってもできない存在なのです。 生きるということが、他の生命を奪い、他人と競 確かに、よいことをしようと思っても、 なかなか思うようにはできないなあと感じています。 だからこそ、 2014-02-27
私たちは本来楽をしたい、なまけたいという気持ちを持っています。 ですから、心と体によい座禅、呼吸法で 仏教では、私たちの思うこと、言うこと、行うことの すべては、業(ごう)という貯金箱に蓄えられていくそ 2014-02-24




『おすすめ本の紹介』