width=10
ことば探し
★今日まで、一生懸命に生きてきてくれてありがとう!★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2019年8日20日
「感情の整理」が上手い人の70の技術
2019年8日19日
男と女のすれ違いはなぜ起こる?
2019年8日9日
100万人が癒された愛と結婚のカタチ
2019年8日8日
「もう、いやだ」というときに―気分をリセットする100の言葉
2019年8日7日
なぜ「粗食」が体にいいのか
2019年8日6日
1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則
2019年8日5日
比較は不幸のはじまり
2019年8日2日
頭のそうじ 心のそうじ
2019年8日1日
人生の宝物はあなたの心を掃除したとき見つかる
2019年7日31日
なりたかった自分になるのに遅すぎることはない
2019年7日30日
迷ったときこそ、続けなさい!
2019年7日29日
責めず、比べず、思い出さず
2019年7日24日
心が疲れたらお粥を食べなさい
2019年7日23日
勇気がもらえる145の言葉 トップアスリート22人はそのとき…
2019年7日22日
人生、寝たもの勝ち
2019年7日19日
春夏秋冬を楽しむ くらし歳時記
2019年7日18日
大人の生き方 大人の死に方
2019年7日17日
運命を変える50の小さな習慣
2019年7日16日
あきらめることあきらめてはいけないこと
2019年7日12日
相手の気持ちをちょっと読めば仕事は不思議とうまくいく
2019年7日11日
「場の空気」を読む技術
2019年7日10日
今の自分が本当のあなたです
2019年7日9日
話を聴く力が人生を変える
2019年7日8日
「ちゃんと評価される人」がやっている仕事のコツ
2019年7日4日
ああ面白かったと言って死にたい
2019年7日3日
シスター鈴木秀子の今日幸せになる171の言葉
2019年7日2日
今日を始める160の名言
2019年6日30日
もっと気楽に生きるコツが、わかった!
2019年6日28日
50代から、いい人生を生きる人
2019年6日27日
脳が教える! 1つの習慣
 
1 2 3 4 
 
2019年3月5日
タイトル 3分間で気持ちの整理をするリラックスブック
著者 たかた まさひろ
出版社 大和書房 (2004/01)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

著者はかつて、半ひきこもり生活を続けていて、現在(書籍発刊
時)は、ホテル勤務をしながら執筆稼働を続けている方。
タイトルは、リラックスブックですが、内容は、自分を見つめる
自己改革していく、人を理解する、などになっています。

人間が怖くて、最低限の人間関係を保ち、ひきこもっていた頃に
自分を変えたいと思い、読みあさった本の中に、こんなことばを
見つけて、衝撃を受けたということです。
「ある本で見つけた言葉に、脳天を割られるような衝撃を受け
 ました。
 「恥ずかしがり屋とは、もっとも利己的な人のことをいう。
  彼は、自分のことしか頭にない」
 それまで私は、自分を心の清らかな人間だと思っていました。
 こんなにも純粋な人間を傷つけようとする非道な人たちから、
 いかに自分を守るか、その闘いが一生の課題だと思っていま
 した。
 よろいのように固められたこころの垢をすべてそぎ落し、
 そして、生まれ変わりたい、心の底からそう思いました」

そして、これから著者は、さらにたくさんの本を読み、
書くことに、希望を見いだしていったということです。

その体験を基に、こんなことが書かれています。
 ◎どうすれば自分に自信がもてるのだろうか
 ◎どこへいっても人付き合いにストレスを感じてしまう
  あなたへ
 ◎愛することに臆病になっているあなたへ
 ◎ささいなことで(不機嫌になる)(イライラする)
  (ムカつく)あなたへ
 ◎人は誰でも幸せになれる


この本を読んで、正直なところリラックスは出来ないと思い
ますが、気持ちを楽にする知恵、知識、考え方などがたくさん
書かれていて生きていきやすくしてくれる本だと思います。
じっくりと読んでみることをおすすめします。

この本からのことば 感想 掲載日
「自分の悲しみ、苦しみを  心から理解してくれる人が現れてくれて、  はじめて自分の本当の人生が始ま 誰かがこの辛い気持ち、やるせない気持ち、 苦しい気持ち、寂しい気持ちをわかってくれたら、 どんなに楽 2011-09-07
たとえ今は順調な人生を歩んでいても、将来、 いつどんな不運に見舞われるかわかりません。 「今、経済 本当にそうだ、と思う。 突然の不運や出来事で経済的な基盤を失ったとき、 ただただ路頭に迷うのではなく 2010-06-08
「私はあの人に、これだけのことをしてあげたのに」 人は、してあげたことは、細かいことまでよく覚えてい 自分の「してあげたこと」は、よく覚えているし、 重大で、たいそうなことだと思える… たとえそれが、さ 2010-05-27
「私は貧乏だから価値がない」と言うことは、 世の中のすべての貧乏な人を侮辱することになります。 貧乏 自分で自分の首をしめている… そんなことは、案外あるもので、たとえば、 「こうであらねばならない」「 2010-05-14




『おすすめ本の紹介』