width=10
ことば探し
★私は、毎日、楽しいことを見つけています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2019年5日26日
とにかく、やってみよう!
2019年5日24日
比較は不幸のはじまり
2019年5日23日
人間関係で落ち込みやすい人の心がふわっと軽くなる考え方
2019年5日22日
人生が変わる感謝のメッセージ
2019年5日21日
過去にくよくよこだわるな
2019年5日20日
どうしてそんなにイライラするの?
2019年5日17日
自分の価値に気づくヒント
2019年5日16日
自分いじめはやめなさい
2019年5日15日
いつも「いいこと」が起きる人の習慣
2019年5日13日
ああ正負の法則
2019年5日10日
本気で言いたいことがある
2019年5日9日
「やさしい」って、どういうこと?
2019年5日8日
「傷つきたくない」気持ちの精神病理
2019年5日7日
他人に振り回されてへとへとになったとき読む本
2019年4日26日
たった今から、ハッピーになる!
2019年4日25日
気疲れしない生き方
2019年4日24日
いつやるか? 今でしょ!
2019年4日23日
片づけ下手な右脳人間のための整理本
2019年4日22日
なりたかった自分になるのに遅すぎることはない
2019年4日19日
「前向き脳」のつくり方
2019年4日18日
NHKためしてガッテン/科学のワザで確実にやせる
2019年4日16日
幸せなカップルになるために
2019年4日15日
尾木ママの叱らずしつけ21のコツ
2019年4日12日
なぜか同じ失敗を繰り返してしまう人たち
2019年4日11日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2019年4日10日
ストレス&プチうつ解消レシピ
2019年4日8日
縁は苦となる苦は縁となる
2019年4日5日
天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。
2019年4日4日
「何が言いたいか」をスッキリ伝える人になる
2019年4日3日
ダメなときほど「言葉」を磨こう
 
1 2 3 4 
 
2019年2月15日
タイトル 自分に水をやる
著者 五島 瑳智子
出版社 講談社 (2014/10/31)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

《本からの紹介》

■「何をしたいのかを常にはっきりさせておかねばなりません。
 そうしないと周りから何をしているのか?と言われてしまいます」

■「その時その時で自分が何をファーストチョイスするかを
 自分に聞いてごらんなさい」

■「燃えるものは常に自分で補給すればいいのです」

■「子育てでも何でも自分ひとりでやろうとしなくても良いのです。
 その時やれるひとがやればいい」

…など、87歳にして現役女医であり、自らも子育てしながら
仕事に邁進してきた著者の「力強く」「凛」としていて
「心に響く」言葉を、迷いながら仕事をしたり、
不安な気持ちで子供を育てている女性たちに向け語った
エッセイ。

厳しいながらも心にしみ込んで、やがて
「生きるよりどころとなるような言葉」に満ちた一冊です。

この本からのことば 感想 掲載日
生活に疲れて、どうにも心が乾いてしまうことがあります。 乾ききった心は不機嫌で、家族が優しい言葉を 働き過ぎて、心も体もぼろぼろ… 笑顔が消えて、いつもイライラ、ついつい周囲に当たりちらす… 自分が惨 2017-06-16
自分なりの「富」を見つけられる あるがままの豊かな心を養いたい。 他人の声や世間の基準を持ち込ま 五島さんは、こんな話をしています。 「白亜の豪邸に住んでいても、貧しい人はたくさんいますし、  逆 2017-02-14
きらめくような目覚めのときは 怠情や逃避の上には訪れない。 努力しても成果が目に見えないと思うと 重度心身障害児、者の施設、鶴風会・東京小児療育病院に 設立当時から関わっている女性医師先駆けの五島さ 2017-02-13




『おすすめ本の紹介』