width=10
ことば探し
★私は、考えることが好きで、いつもいいアイディアをだします★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年10日9日
「ほめ日記」をつけると幸せになる!
2018年10日5日
1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記
2018年10日4日
運命を変える50の小さな習慣
2018年10日3日
チャンスがやってくる15の習慣
2018年10日2日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2018年10日1日
1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則
2018年9日28日
だからすれ違う、女心と男脳
2018年9日27日
どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方
2018年9日26日
話し方を変えると男と女は、もっとうまくつき合える!
2018年9日21日
もっと幸せをつくろう
2018年9日20日
希望の見つけかた
2018年9日19日
人生、熱く生きなければ価値がない!
2018年9日14日
どんなことがあっても自分をみじめにしないためには―論理療法のすすめ
2018年9日13日
世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業
2018年9日12日
なかなか決められない!
2018年9日11日
自分を好きになれないキミへ
2018年9日10日
みんなに好かれる人 避けられる人
2018年9日6日
人生にはいらない人間関係がいっぱいある
2018年9日5日
クヨクヨからスッキリへ、こころのクセを変えるコツ
2018年9日4日
時間上手の暮らし方
2018年9日3日
試してみることで人生は開ける
2018年8日31日
男はプライドの生きものだから
2018年8日30日
成功の女神に好かれる人 嫌われる人
2018年8日29日
ライン 限界なんて飛び越えちまえ!
2018年8日28日
大人の生き方 大人の死に方
2018年8日24日
もしも人生が一度きりだとしたら。もしもそれが、「もしも」じゃないとしたら。
2018年8日23日
「やりたいことだけ」をやる。心は上天気!
2018年8日22日
50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算
2018年8日10日
生きることはすごいこと
2018年8日9日
やっかいな「女」を味方につける心理技術
 
1 2 3 4 
 
2018年8月28日
タイトル 大人の生き方 大人の死に方
著者 海原 純子
出版社 毎日新聞社 (2011/2/15)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

医学博士で心療内科医の著者が、停滞した思いや不機嫌の波を
受け止め、ストップさせ、いい気分の波にして社会で活躍できる
ような大人の生き方、生への考え方などを教えてくれる本。

海原さんは、こう言っています。
「大人がしゃんとしないとみんなが暗くなる。
 ところが、すてきな大人が少ない。
 これが閉塞感を生んでいる。
 本当の大人が増えると、若者たちもあとに続く。
 今、危機から逃げず、自分の生き方に自信を持ち、
 かつ他者を受け入れられる大人が少ない。
 今一度、年を重ね、自分独自の人生を歩むことについて
 考えるひとときを作ってほしい」


ということで、例えば、こんなことが書かれています。
◎精神力だけに頼るのは無理
◎心を掃除する
◎マッチング・ミスという現象
◎必要なのは「共感力」
◎男女のコミュニケーション・ギャップ
◎仰天コミュニケーション
◎自分の脚本を押しつけないで
◎すべての人生は生きられない
◎「世間の物差し」とは別の物差しを


毎日新聞日曜版の連載「コラム」「心のサプリ」を元に、
大人の生き方に焦点を当てて書いているので、事例も身近で
読みやすく、そうだな、こんなふうに考えてみるといいかも
と思える本です。
ゆったりと読んでみてください。

この本からのことば 感想 掲載日
お金がないと生活は苦しい。 しかし、お金があれば安易な解決でその場をやり過ごす。 結局、問題を隠し 本当にそうだなぁ…と思いました。 お金はいっぱい欲しいけど、 あれはあったで、いろいろとあるんだろう 2016-09-23
ささいなことですぐ怒り、いつまでもそのままの人がいる。 かと思うと、ごめんなさい、と謝ったのに機嫌 海原さんは、こんなことも大切だと言っています。 「逆に、自分がささいなことでいつまでも怒り続けたり 2016-09-15
仕事の失敗やイヤな出来事は続く、などといわれる。 それはひとつに、失敗したあと気分が落ち込むことで 仕事の失敗やイヤな出来事があると、続くかも… なんて、不安な気持ちも持つことありますよね。 日々で 2016-09-14




『おすすめ本の紹介』