width=10
ことば探し
★私が学びたい○○の学校が見つかり、満足しています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年12日14日
念仏に生きるとき
2018年12日13日
ワシらはみんな生きている
2018年12日12日
パワー言葉
2018年12日11日
優しくありなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な闘いに挑んでいるのだから
2018年12日10日
心にズドン!と響く運命の言葉
2018年12日7日
死ぬまでに知っておきたい 人生の5つの秘密
2018年12日6日
小枝にしばられたゾウ
2018年12日5日
こんな社長が会社をつぶす!
2018年12日3日
念仏に生きるとき
2018年11日30日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2018年11日29日
「バカ」は性格か! ? 脳科学者が教える、バカな人との付き合い方
2018年11日28日
道はみんなのもの
2018年11日27日
ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術
2018年11日26日
「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣
2018年11日20日
とっても迷惑なあの人にズバリ“NO”と言える秘密の法則
2018年11日19日
言いたいことを確実に「伝える技術」
2018年11日16日
3分間日記
2018年11日15日
「思い」と「言葉」と「身体」は密接につながっている
2018年11日14日
人間関係と人生にキレない方法
2018年11日13日
人生が変わる習慣
2018年11日12日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2018年11日9日
透明なる自己
2018年11日8日
手をつなげば、あたたかい
2018年11日7日
「日本人」という病
2018年11日6日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2018年11日2日
自分の人生の楽しみ方
2018年11日1日
こころの格差社会
2018年10日31日
経済は「競争」では繁栄しない…信頼ホルモン「オキシトシン」が解き明かす愛と共感の神経経済学
2018年10日29日
コミュニケーション100の法則
2018年10日26日
こころのケア
 
1 2 3 4 
 
2018年7月18日
タイトル 新しい自分をつくる本
著者 マクスウェル・マルツ
出版社 成甲書房 (2006/5/31)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

世界的な整形外科医の著者は、あるとき、こんなことに気が付きま
す。

「外見に問題を持っていると思っている患者が大勢著者の病院を訪
 れるが、中には、まったく不必要な整形手術を求めてくる人もい
 る。また、せっかく整形手術をしても幸せになれず、満足もせず
 何度も整形手術をくり返したり、暗い気持ちのままで生きていく
 人もいる。
 もちろん、自分の気持ちが大きく変わっていく人も多いが、どう
 やら、それは、外見の問題というより、内面の気持ちの持ち方、
 つまり自己イメージの持ち方に問題があるのだ、自分が幸せに生
 きるかどうかは、自分がどう自分にイメージを持つかですべてが
 決まる。」と。


その「自己イメージ」の改革方法を教えてくれます。
そして、これが、改革のためのキーワードだそうです。

 1.新しい視点で考え、感じ、行動する
 2.それまで当然だと思っていたことを見直す
 3.「証拠」に満足しない
 4.自分の信じていることの枠を広げる
 5.自己イメージを変える


この本には、「イメージ・エクササイズ」もあり、古い枠を打ち破
るために具体的な方法も書いてあります。
自己イメージの棚卸し、見直しをしたい、またいつも自分が好きに
なれないなどという方におすすめの本です。
ともかく「自己イメージは変えられる」ということを信じて読んで
みましょう。

この本からのことば 感想 掲載日
生きるということは、ただ心臓が動き、 呼吸し、食べて、見て、感じることが できる能力を言うのではない この本では、 「他者とともに生きる幸せ」をもっと感じ、 他者との関係を積極的に築いていくことが大切だ 2007-12-09
私たちの多くは自分に冷たい。 みずからを批判し、責めてばかりいる。 議論すれば、自分の意見が気に入ら ときどき… 無性に寂しくなったり、 みじめな気持ちになったり、 やりきれなくなったり、 情けなくて涙 2007-07-16
自分を安心させられる人は、 他人も安心させることができる。 人は自分が持っているものしか与えられない。 「落ち着きなさい」といっても、 自分が落ち着いてなけれ 2007-02-25
最近の男性の多くは、自分が何でもできる 強い男でなければならないと思い込んでいる。 彼らはみずから この本ではこうも言っている。 「男性はタフで男らしいヒーローになる必要はない」 「自分が勇敢であるこ 2007-02-19




『おすすめ本の紹介』