width=10
ことば探し
★私は、家族のみんなを信じており、一人の人間として接しています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年12日14日
念仏に生きるとき
2018年12日13日
ワシらはみんな生きている
2018年12日12日
パワー言葉
2018年12日11日
優しくありなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な闘いに挑んでいるのだから
2018年12日10日
心にズドン!と響く運命の言葉
2018年12日7日
死ぬまでに知っておきたい 人生の5つの秘密
2018年12日6日
小枝にしばられたゾウ
2018年12日5日
こんな社長が会社をつぶす!
2018年12日3日
念仏に生きるとき
2018年11日30日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2018年11日29日
「バカ」は性格か! ? 脳科学者が教える、バカな人との付き合い方
2018年11日28日
道はみんなのもの
2018年11日27日
ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術
2018年11日26日
「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣
2018年11日20日
とっても迷惑なあの人にズバリ“NO”と言える秘密の法則
2018年11日19日
言いたいことを確実に「伝える技術」
2018年11日16日
3分間日記
2018年11日15日
「思い」と「言葉」と「身体」は密接につながっている
2018年11日14日
人間関係と人生にキレない方法
2018年11日13日
人生が変わる習慣
2018年11日12日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2018年11日9日
透明なる自己
2018年11日8日
手をつなげば、あたたかい
2018年11日7日
「日本人」という病
2018年11日6日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2018年11日2日
自分の人生の楽しみ方
2018年11日1日
こころの格差社会
2018年10日31日
経済は「競争」では繁栄しない…信頼ホルモン「オキシトシン」が解き明かす愛と共感の神経経済学
2018年10日29日
コミュニケーション100の法則
2018年10日26日
こころのケア
 
1 2 3 4 
 
2018年7月13日
タイトル 強みを活かせ!
著者 ドナルド・O. クリフトン , ポーラ ネルソン
出版社 日本経済新聞社
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

この本は、一貫して、
「自分の弱みを見つめたり、直すことに時間を費やすより、
 自分の強みを活かそう」
と提案しています。
自分の弱点を知り、それを補う、対処することは大切な事
だけれども、それに囚われるあまり、自分の強みを活かせ
なくなったり、そのことに時間をとられるのは無駄である、
と言っています。

そして、欠点や弱点をなくして
「スーパーマンのような人間になろうと考えないのが
 賢いことだ。どんな仕事にも手をつけようとするのでは
 なく、これと決めた強みを大事にすることが自分を
 頂点に導いてくれる道のりだ」

さらに、
「苦手なことにはこだわるな」

と教えてくれます。

自分の強みを見極めるには、次ぎようなことに気をつけて
見る必要があるといいます。
◎意欲があるかどうか
 そのために自分がどんなことに意欲がわくか、本当の
 自分の意欲に耳を澄ますこと
◎充実感があるかどうか。
 「それをすることが楽しい」かどうかが感じられるかどうか。
◎飲み込みが早いかどうか
 飲み込みが速いなら、それが得意と考えていい。


逆につぎようなことがある場合は、それが苦手、或いは
弱点かもしれないと言っています。
1.自分のパフォーマンスを守ろうとする
2.意固地な態度が増幅する
3.飲み込みが悪い
4.何度繰り返しても進歩がない
5.プロセスのステップを考えあぐねる
6.仕事の現場での自信の減少
7.活動について将来展望がない
8.活動の最中に燃え尽きてしまう


自分の強みを活かしたいと、本当に思う方におすすめです。
とても参考になると思います。

この本からのことば 感想 掲載日
人間関係は約束を一つずつきちんと守ることによって築かれる。 心理学者のフランク・ブラウンは、責任を 「約束を守ること」「言ったことはやる」 こんな当たり前で、基本的なことを、 時間がない、お金がない、 2013-12-12
もし何かをするとき飲み込みが速いなら、 それが得意と考えてよいでしょう。 飲み込みの速さに対する感 この本は、 「自分の強みを活かそう、強みで勝負しよう」 と徹底して、提案している本ですが、 この「飲 2005-11-14




『おすすめ本の紹介』