width=10
ことば探し
★私には、すぐれたリーダーとして資質があり、それを活かしています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年5日25日
時間上手の暮らし方
2018年5日24日
ほっとする禅語70
2018年5日23日
自信サプリ
2018年5日22日
がんばらない、がんばらない
2018年5日21日
人はなぜウソをつくのか?
2018年5日17日
自分を動かす言葉
2018年5日16日
その上司、大迷惑です。 困った上司とかしこく付き合う傾向と対策
2018年5日15日
できる人の人生のルール
2018年5日14日
ハッピーエンド・コンプレックス
2018年5日11日
人生の宝物はあなたの心を掃除したとき見つかる
2018年5日10日
あなたの人生で本当に大切にするべき27のこと
2018年5日8日
夫よ!あなたがいちばんストレスです
2018年5日7日
叱り方・ほめ方・教え方100の鉄則
2018年5日2日
頭のそうじ 心のそうじ
2018年5日1日
回復力~失敗からの復活
2018年4日27日
人は、なぜ負けパターンにはまるのか?
2018年4日26日
「ちゃんと評価される人」がやっている仕事のコツ
2018年4日24日
今日を始める160の名言
2018年4日23日
たった今から、ハッピーになる!
2018年4日20日
脳と気持ちの整理術
2018年4日19日
その他大勢から抜け出す成功法則
2018年4日18日
いい仕事をする人は、「いい言葉」を選ぶ: 「話し上手」「伝え上手」が大事にしていること
2018年4日13日
モノのために家賃を払うな!~
2018年4日12日
ツキを呼ぶ「トイレ掃除」
2018年4日10日
100%人生が変わる1%のひらめき
2018年4日9日
プロフェッショナル・ネゴシエーターの頭の中
2018年4日6日
伝え方が9割
2018年4日5日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2018年4日4日
今の自分が本当のあなたです
2018年4日3日
誰からも好かれようとする女たち
 
1 2 3 4 
 
2018年3月12日
タイトル 自分の人生、生きてますか
著者 レオ バスカリア
出版社 三笠書房
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

人生へのチャレンジや、愛の奇跡などを教え続けている著者が、自
分の人生を振り返りながら、わかりやすいことばで、生きること、
そして、生きることを楽しむこと、愛すること、などを語ってくれ
ます。全米でベストセラーになった本です。

著者は、愛についてこう言っています。
「愛の道を歩むとき、辛いこともあるだろう、いやなこともあるだ
 ろう、拒否されることもあることだってあるかも知れない。だが
 愛に到達するには勇気と立ち上がる力と希望が必要なのだ。
 すぐにあきらめる人のところへは、愛はやってこない。
 愛は、人間が経験するものの中で、いちばん報酬の多いもの
 である。」


その他、こんなことが書かれています。

◎新しい自分と出会い直す
 1.ためらわず愛の歓びにとびこもう
 2.幸せは「副産物」にすぎない

◎あなたをとりまく全てのものから学んでますか
 1.変化を恐れまい
 2.「あと一歩」だけやってみよう
 3.いろんなことを身につけよう
 4.いつも前向きに人生と取り組もう

◎自分だけのブランドを持って生きたい
 1.自分が自分として生きる喜び
 2.「自分らしさ」へのこだわりを持ちたい
 3.あなたの心に渡る橋を架けたい

◎人生をまるごと楽しむ
 1.共感を持てば思いやりがうまれる
 2.惜しみなく与えよう
 3.いつも前向きに明るく生きたい
 4.「今」のつみ重ねが人生だ


その他、たくさんのこころにしみる話やことばを教えてくれます。
じっくりと読んでみることをおすすめします。

この本からのことば 感想 掲載日
人の魅力は、 その人しか持っていないなにかである場合が多い。 それなのに私たちは、その「個性」に目を 最初は人と違う「個性」に惹かれたのに、 いっしょにいるようになったり、仕事をするようになると、 それ 2008-04-19
父はよくこういったものです。 「フェリス、人にやさしくしたからといって、  失うものはなにもない やさしくしたからといって、失うものはない… 本当にそうだなぁと思う。 もちろん、そのやさしさを わ 2006-12-02
なにかがうまくいかないからといって、 あなたの人生が終わりになるわけではない。 むしろ、その時に なにかがうまくいかないのは、 辛いことである。 自分の力や自信を失うものである。 情けないものである 2006-12-01




『おすすめ本の紹介』