width=10
ことば探し
★私は、自分の地位に恥じることない行動をしています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年10日9日
「ほめ日記」をつけると幸せになる!
2018年10日5日
1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記
2018年10日4日
運命を変える50の小さな習慣
2018年10日3日
チャンスがやってくる15の習慣
2018年10日2日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2018年10日1日
1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則
2018年9日28日
だからすれ違う、女心と男脳
2018年9日27日
どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方
2018年9日26日
話し方を変えると男と女は、もっとうまくつき合える!
2018年9日21日
もっと幸せをつくろう
2018年9日20日
希望の見つけかた
2018年9日19日
人生、熱く生きなければ価値がない!
2018年9日14日
どんなことがあっても自分をみじめにしないためには―論理療法のすすめ
2018年9日13日
世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業
2018年9日12日
なかなか決められない!
2018年9日11日
自分を好きになれないキミへ
2018年9日10日
みんなに好かれる人 避けられる人
2018年9日6日
人生にはいらない人間関係がいっぱいある
2018年9日5日
クヨクヨからスッキリへ、こころのクセを変えるコツ
2018年9日4日
時間上手の暮らし方
2018年9日3日
試してみることで人生は開ける
2018年8日31日
男はプライドの生きものだから
2018年8日30日
成功の女神に好かれる人 嫌われる人
2018年8日29日
ライン 限界なんて飛び越えちまえ!
2018年8日28日
大人の生き方 大人の死に方
2018年8日24日
もしも人生が一度きりだとしたら。もしもそれが、「もしも」じゃないとしたら。
2018年8日23日
「やりたいことだけ」をやる。心は上天気!
2018年8日22日
50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算
2018年8日10日
生きることはすごいこと
2018年8日9日
やっかいな「女」を味方につける心理技術
 
1 2 3 4 
 
2018年3月5日
タイトル 脳を活かす勉強法
著者 茂木 健一郎
出版社 PHP研究所 (2007/12/4)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

脳科学者の著者が、「脳の仕組みを活かした勉強法」を教えてくる
本で、子どもに勉強を身につけさせたい親や、資格試験を目指す
社会人まで必読の一冊、ということです。

すぐに誰にでもできる「強化学習」は、こんなサイクルだそうです。

 ある行動をとる
   ↓
 上達し、ほめられたとする
   ↓
 ほめられる、達成感を得られるなど報酬を受け取る
   ↓
 脳内物質ドーパミンが放出され快感を得る
   ↓
 ある行動と快感が結びつく
   ↓
 再び同じ行動をとりたくなる
   ↓
 どんどんは自発的にやるようになる


こういうサイクルが起こるので、行動した最初の頃は、特に、
ほめること認めることが大切で、「勉強しなくちゃだめでしょ」
「何してるの?そんなにぐずぐずして…」などと、言っては、
ダメだそうです。

そのほか、こんなことが書かれています。
◎脳は何かを達成するたびにどんどん強くなる
◎「タイムプレッシャー」が脳の持続力を鍛える
◎「瞬間集中法」で勉強を習慣化させる
◎集中力を養う「『鶴の恩返し』勉強法」
◎「モダリティ」を駆使して効率的に記憶する
◎あなたも「強化学習」の回路を暴走させて、
 能力を開花させることができる


かなり興味深い本で、なるほど脳の働きにそったこんな勉強方法
もあるのかと知りました。もっと、早く知りたかったです。
むずかしい本ではないので、勉強方法について関心のある方は、
読んでみることおすすめします。

この本からのことば 感想 掲載日
他人と自分を比較することでは脳は喜びません。(略) 脳のメカニズムから考えれば、自分と他人を 比較す 「喜びの感覚」は、脳にとってとても大切だそうです。 この感覚は「楽しい」という感覚とはちょっと違って 2012-01-31
脳の働きの本質は「自発性」です。 脳に何かを強制することは、とても難しいのです。 脳はポジティブな期 「強化学習」とは、簡単にいうと、自ら行動して、 「できたっ!やった!嬉しい!」と喜んだときに、 脳の 2012-01-16




『おすすめ本の紹介』