width=10
ことば探し
★神の愛が、私を導いています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年7日18日
新しい自分をつくる本
2018年7日17日
なぜ、今までのやり方を変えられないのか
2018年7日13日
強みを活かせ!
2018年7日12日
「時間がない」から、なんでもできる!
2018年7日6日
実行力をつける100の方法
2018年7日5日
“問題行動の意味”にこだわるより“解決志向”で行こう
2018年7日4日
自分の価値に気づくヒント
2018年7日3日
「こころの居心地」がよくなる心理学
2018年7日2日
子どもの心に届く言葉、届かない言葉
2018年6日28日
本当に強い人、強そうで弱い人
2018年6日27日
縁は苦となる苦は縁となる
2018年6日25日
女性(あなた)の知らない7つのルール
2018年6日22日
人生、熱く生きなければ価値がない!
2018年6日21日
ネイティブ・アメリカンのこころがよろこぶことば
2018年6日20日
潰れない生き方
2018年6日18日
人は、なぜ負けパターンにはまるのか?
2018年6日15日
こころがホッとする考え方
2018年6日14日
奥様が 笑う家には 福来たる〜
2018年6日7日
お坊さんが教えるこころが整う掃除の本
2018年6日6日
「逃げ出したい!」自分を救う本
2018年6日5日
言いたいことを確実に「伝える技術」
2018年6日4日
幸福に死ぬための哲学
2018年6日1日
ヒルティ 老いの幸福術
2018年5日31日
うまくいっている人の考え方
2018年5日29日
迷ったときこそ、続けなさい!
2018年5日28日
小さなチームは組織を変える
2018年5日25日
時間上手の暮らし方
2018年5日24日
ほっとする禅語70
2018年5日23日
自信サプリ
2018年5日22日
がんばらない、がんばらない
 
1 2 3 4 
 
2017年11月30日
タイトル こころが軽くなる 気分転換のコツ
著者 大野 裕
出版社 大和書房
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

精神神経科の医学博士でもあり、臨床医でもある著者が、
教えてくれる「気分転換のコツ」
とてもいい本だと思います。

例えば、仕事で失敗をして落ち込んでいるときは、誰でも
同じような考え方をしてしまうそうです。


「自分を駄目な人間だときめつけてしまう」
「こんな失敗をするのは自分しかいない」
と断定してしまい、あげくの果てに、
「こんなつらいことが起こるのは自分だけだ」と
運命づけてしまうというのです。

これは「物ごとがうまくいかないときの特徴的な考え方」
だそうです。


また、こんなことことも言っています。

「私たちはつらくなると、
 「こんなことで悩むのは自分だけじゃないか」という
 自分を否定するような考え方をします。

 しかし何であっても自分だけが体験していることは
 ほとんどありませんし、自分が体験していることは、
 ほかの人だってみんな心のなかで考えているものです。

 ですから、「自分だけ」という発想になったら、
 「いや、そんなはずはない」と思って、もう一度まわりに、
 目を向けるようにしましょう」


いろいろな角度から、人間心理をとらえていて、なるほど、
自分でこう思い込むから、にっちもさっちもいかなくなるのか、
こう考えれば、ちょっと楽になるのか…なと、発見がいっぱい
あるとてもいい本です。
本当におすすめの本です。ぜひ、一読を。

この本からのことば 感想 掲載日
人間の気持ちは絶えず変化しています。 しかし、目に見えるような形ではっきりと 変わるということはそう このことばが妙に心に残っていて、 何度も頭に浮かんできて、気になったので、 今日は、なんとなく…この 2006-09-09
私たちはときとして、 意味もなく落ち込むことがあります。 理由もなく気持ちがふさぎ込むこともありま ときどき落ち込んでしまうときがある。 それも、わけもなく、なんとなく… 気持ちが重くなると言うか、 2006-08-25
人生すべてがバラ色ではあり得ないのです。 仕事がうまくいかなくなることも、 人間関係がうまくいかな うまくいかないことを、 あまりに大げさに考えすぎると、 自分だけ「大不幸」で「大変だ」と 思いたくな 2005-09-26
癒されない傷があったとしても、 自分なりの生き方はできます。 大きなケガをした人が治っても、 とき つらいことも人生、 悲しいことも人生、 苦しいことも人生、 そして、楽しいことも人生、 そう思えば、 2005-07-07




『おすすめ本の紹介』