width=10
ことば探し
★私の自信は、毎日深まっている。★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年4日24日
今日を始める160の名言
2018年4日23日
たった今から、ハッピーになる!
2018年4日20日
脳と気持ちの整理術
2018年4日19日
その他大勢から抜け出す成功法則
2018年4日18日
いい仕事をする人は、「いい言葉」を選ぶ: 「話し上手」「伝え上手」が大事にしていること
2018年4日13日
モノのために家賃を払うな!~
2018年4日12日
ツキを呼ぶ「トイレ掃除」
2018年4日10日
100%人生が変わる1%のひらめき
2018年4日9日
プロフェッショナル・ネゴシエーターの頭の中
2018年4日6日
伝え方が9割
2018年4日5日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2018年4日4日
今の自分が本当のあなたです
2018年4日3日
誰からも好かれようとする女たち
2018年4日2日
夢をかなえる一番よい方法
2018年3日30日
100万人が癒された愛と結婚のカタチ
2018年3日29日
いい言葉は、いい人生をつくる
2018年3日28日
それでもなお、人を愛しなさい
2018年3日22日
愛のストローク療法(セラピー)
2018年3日20日
これだっ!という「自分の目標」を見つける本
2018年3日19日
マインド・パワー
2018年3日16日
才能を伸ばす4つの「アホ」力
2018年3日14日
自信サプリ
2018年3日13日
「聞く力」を200%活かしなさい
2018年3日12日
自分の人生、生きてますか
2018年3日9日
できる人の人生のルール
2018年3日8日
言いたいことを確実に「伝える技術」
2018年3日7日
言いにくいことをうまく伝える会話術
2018年3日6日
「ちょっとした言い方」が上手い人下手な人
2018年3日5日
脳を活かす勉強法
2018年3日2日
本調子
 
1 2 3 4 
 
2017年11月28日
タイトル アドラー流 たった1分で伝わる言い方
著者 戸田 久実 (著), 岩井 俊憲 (監修)
出版社 かんき出版 (2014/11/19)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

「伝わるコミュニケーション」をテーマに研修、講習会を開いて
いる著者とアドラー心理学カウンセリング指導者の著者が、
アドラー心理学を基に、人間関係への悩みへの対処法について
教えてくれる本。

アドラー心理学では、
「力によるのではなく、言葉を使って、問題解決することが重要」
と、いわれていて、著者の戸田さんは、こう言っておられます。
「言葉力を身につけることは、どんな時代、どんな場でも生きて
 いける力を身につけることにつながります。
 「どんな人を相手にしても、自分らしく、スッキリした
  人間関係を築きたい!」
 「自分や相手を責めずにラクに生きられるようになりたい」
 「仕事でも信頼され、多くの人に愛されたい」
 そんな思いを持っているなら、ぜひ、言葉力を身につけて
 もっと人間関係をラクにしていきましょう」


例えば、こんなことが書かれています。
 ◎人間関係がうまくいかない人の10の特徴
 ◎人間関係がうまくいくひとの18の法則
 ◎「この人は信頼できる!」と思われる8つの聴き方
 ◎どんな相手にも伝わる言い方9つのポイント
 ◎こんなときどうする?
  シーン別伝え方(仕事編)
 ◎こんなときどうする?
  シーン別伝え方(プライベート編)


イラストもあり、簡潔にわかりやすくまとめてあるので、
心理学に接したことがない方でもすんなりと読めると思います。
人間関係が苦手、コミュニケーションをとるのが苦手、
もっといい人間関係を築きたいと思われる方におすすめです。
とても勉強になりますよ。

この本からのことば 感想 掲載日
相手が怒りをぶつけてきたときには、 相手の根底にある「一次感情」に目を向けてみましょう。 一次感情 怒りの下には、 「悲しい」「困惑」「不安」「焦り」「さしびさ」「心配」などの 感情が潜んでいる… ( 2015-02-12
感情「で」伝えるのではなく、 感情「を」伝える。 感情的になることと、 感情を伝えることはイコール 感情「で」伝えるのではなく、 感情「を」伝える… こんなふうにです。(本からの事例) 例1.正当な 2015-02-06
身近な人にこそ、照れずに「ありがとう」を伝えよう。 たとえば、奥さんがいつもより時間をかけて 家の 身内だから、家族だから、夫婦だから、親しい仲だから、 昔からの友人だから、部下だから、後輩だから、 2015-02-05




『おすすめ本の紹介』