width=10
ことば探し
★私は、○○の分野で成功し、豊かな富を手に入れます★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年7日18日
新しい自分をつくる本
2018年7日17日
なぜ、今までのやり方を変えられないのか
2018年7日13日
強みを活かせ!
2018年7日12日
「時間がない」から、なんでもできる!
2018年7日6日
実行力をつける100の方法
2018年7日5日
“問題行動の意味”にこだわるより“解決志向”で行こう
2018年7日4日
自分の価値に気づくヒント
2018年7日3日
「こころの居心地」がよくなる心理学
2018年7日2日
子どもの心に届く言葉、届かない言葉
2018年6日28日
本当に強い人、強そうで弱い人
2018年6日27日
縁は苦となる苦は縁となる
2018年6日25日
女性(あなた)の知らない7つのルール
2018年6日22日
人生、熱く生きなければ価値がない!
2018年6日21日
ネイティブ・アメリカンのこころがよろこぶことば
2018年6日20日
潰れない生き方
2018年6日18日
人は、なぜ負けパターンにはまるのか?
2018年6日15日
こころがホッとする考え方
2018年6日14日
奥様が 笑う家には 福来たる〜
2018年6日7日
お坊さんが教えるこころが整う掃除の本
2018年6日6日
「逃げ出したい!」自分を救う本
2018年6日5日
言いたいことを確実に「伝える技術」
2018年6日4日
幸福に死ぬための哲学
2018年6日1日
ヒルティ 老いの幸福術
2018年5日31日
うまくいっている人の考え方
2018年5日29日
迷ったときこそ、続けなさい!
2018年5日28日
小さなチームは組織を変える
2018年5日25日
時間上手の暮らし方
2018年5日24日
ほっとする禅語70
2018年5日23日
自信サプリ
2018年5日22日
がんばらない、がんばらない
 
1 2 3 4 
 
2017年11月28日
タイトル アドラー流 たった1分で伝わる言い方
著者 戸田 久実 (著), 岩井 俊憲 (監修)
出版社 かんき出版 (2014/11/19)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

「伝わるコミュニケーション」をテーマに研修、講習会を開いて
いる著者とアドラー心理学カウンセリング指導者の著者が、
アドラー心理学を基に、人間関係への悩みへの対処法について
教えてくれる本。

アドラー心理学では、
「力によるのではなく、言葉を使って、問題解決することが重要」
と、いわれていて、著者の戸田さんは、こう言っておられます。
「言葉力を身につけることは、どんな時代、どんな場でも生きて
 いける力を身につけることにつながります。
 「どんな人を相手にしても、自分らしく、スッキリした
  人間関係を築きたい!」
 「自分や相手を責めずにラクに生きられるようになりたい」
 「仕事でも信頼され、多くの人に愛されたい」
 そんな思いを持っているなら、ぜひ、言葉力を身につけて
 もっと人間関係をラクにしていきましょう」


例えば、こんなことが書かれています。
 ◎人間関係がうまくいかない人の10の特徴
 ◎人間関係がうまくいくひとの18の法則
 ◎「この人は信頼できる!」と思われる8つの聴き方
 ◎どんな相手にも伝わる言い方9つのポイント
 ◎こんなときどうする?
  シーン別伝え方(仕事編)
 ◎こんなときどうする?
  シーン別伝え方(プライベート編)


イラストもあり、簡潔にわかりやすくまとめてあるので、
心理学に接したことがない方でもすんなりと読めると思います。
人間関係が苦手、コミュニケーションをとるのが苦手、
もっといい人間関係を築きたいと思われる方におすすめです。
とても勉強になりますよ。

この本からのことば 感想 掲載日
相手が怒りをぶつけてきたときには、 相手の根底にある「一次感情」に目を向けてみましょう。 一次感情 怒りの下には、 「悲しい」「困惑」「不安」「焦り」「さしびさ」「心配」などの 感情が潜んでいる… ( 2015-02-12
感情「で」伝えるのではなく、 感情「を」伝える。 感情的になることと、 感情を伝えることはイコール 感情「で」伝えるのではなく、 感情「を」伝える… こんなふうにです。(本からの事例) 例1.正当な 2015-02-06
身近な人にこそ、照れずに「ありがとう」を伝えよう。 たとえば、奥さんがいつもより時間をかけて 家の 身内だから、家族だから、夫婦だから、親しい仲だから、 昔からの友人だから、部下だから、後輩だから、 2015-02-05




『おすすめ本の紹介』