width=10
ことば探し
★私は、誰よりも仕事に精通しており、順調に昇進しています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年9日21日
もっと幸せをつくろう
2018年9日20日
希望の見つけかた
2018年9日19日
人生、熱く生きなければ価値がない!
2018年9日14日
どんなことがあっても自分をみじめにしないためには―論理療法のすすめ
2018年9日13日
世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業
2018年9日12日
なかなか決められない!
2018年9日11日
自分を好きになれないキミへ
2018年9日10日
みんなに好かれる人 避けられる人
2018年9日6日
人生にはいらない人間関係がいっぱいある
2018年9日5日
クヨクヨからスッキリへ、こころのクセを変えるコツ
2018年9日4日
時間上手の暮らし方
2018年9日3日
試してみることで人生は開ける
2018年8日31日
男はプライドの生きものだから
2018年8日30日
成功の女神に好かれる人 嫌われる人
2018年8日29日
ライン 限界なんて飛び越えちまえ!
2018年8日28日
大人の生き方 大人の死に方
2018年8日24日
もしも人生が一度きりだとしたら。もしもそれが、「もしも」じゃないとしたら。
2018年8日23日
「やりたいことだけ」をやる。心は上天気!
2018年8日22日
50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算
2018年8日10日
生きることはすごいこと
2018年8日9日
やっかいな「女」を味方につける心理技術
2018年8日8日
夢をかなえる時間術
2018年8日6日
脳が教える! 1つの習慣
2018年8日3日
「戦う自分」をつくる13の成功戦略
2018年8日2日
ケッコン構造改革のススメ!
2018年8日1日
自分の魅力を引きだす「生き方のルール」35
2018年7日31日
死にゆく人たちと共にいて
2018年7日30日
目標設定練習帳 新装改訂版
2018年7日27日
優しくありなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な闘いに挑んでいるのだから
2018年7日26日
1分間コトラー 顧客を虜にする戦略的マーケティング77の原則
 
1 2 3 4 
 
2017年11月13日
タイトル 人生の意味
著者 キャロル アドリエンヌ
出版社 主婦の友社 (2005/09)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

現在、人々の精神性を高め、人生の目的を見つけ出す手助けをする
ワークショップなどを主催しているスピリチュアル作家の著者が、
自分らしい生き方をする考え方やヒントを様々な「事例」を元に
教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「本書がよりどころとしたのは、人生に起こる予測できない光や
 影の出来事をくぐり抜けていくとき、人類が昔から利用してきた
 普遍的哲学です。
 人生の目的を見つけ出した人たちのインタビューを読むことで、
 心の奥深くにしまい込まれていた英知や認識に刺激が与えられ、
 あなた自身の人生の目的が見えてくるでしょう。(略)

 現状がどうあれ、今置かれている状況にはなんらかの意味があり
 ます。きちんとした目的があってあなたはその状況に置かれて
 いるのです。だから、今目の前にある状況に真剣に取り組むこと
 で、次のステップに進むために必要なカギが見つかり、いままで
 気づかなかった自分の一面が発見出来るようになるでしょう。
 そうすることで、本来自分が進むべき方向がもっとはっきり
 みえてくるのです」


例えば、こんなことが書かれています。
 ○使命
 ○あなたはすでに人生の目的に向かって歩んでいる
 ○見えないものを見抜く力
 ○シンクロニシティ
 ○魂の目的を発見するために必要なふたつの前提
 ○新しい価値観
 ○自分の好きなことや、長所を確認する
 ○目標に向かっているか簡単に見抜ける法
 ○視覚化の訓練(心に思い描く能力を鍛える)
 ○視覚化を強化する訓練


事例も話の内容も、かなりスピリチュアル系の本なので、好き嫌い
がはっきりと別れると思います。スピリチュアルな生き方に興味が
ある方にのみおすすめです。
また、結構ボリュームがある本なのでじっくりと読んでみることを
おすすめします。

この本からのことば 感想 掲載日
自分の身の回りに起こる出来事にはすべて意味がある。  人生に起こる出来事はすべて、 人生の目的を実 「自分の身の回りに起こる出来事にはすべて意味がある」 こう考えると、 「今のこの状況は、何か、きっ 2007-11-28




『おすすめ本の紹介』