width=10
ことば探し
★私は、とてもクリエィティブで、新しい発想に満ちています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年2日19日
「1日30分」を続けなさい!
2018年2日16日
話し方! こう変えればうまくいく パワートーク36の技術
2018年2日15日
15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術
2018年2日14日
あなたが与えたものが、あなたが受けとるもの
2018年2日13日
自分の時価を高め、成功を呼ぶ50の方法
2018年2日9日
とことん悩む人が強い理由
2018年2日8日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2018年2日5日
女房に言っていい言葉いけない言葉
2018年2日2日
友だち100人できません
2018年2日1日
なぜ「いい人」は心を病むのか    
2018年1日31日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2018年1日30日
夢をかなえる勉強法
2018年1日26日
こころの健康学
2018年1日25日
潰れない生き方
2018年1日24日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2018年1日23日
学問ノススメ. 学校では教えてくれない達人の知恵
2018年1日22日
逆境は天からの贈り物
2018年1日19日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2018年1日18日
道は開ける
2018年1日17日
会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本
2018年1日16日
人生が変わる感謝のメッセージ
2018年1日14日
伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業
2018年1日12日
時間上手の暮らし方
2018年1日11日
「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
2018年1日10日
人生が変わる習慣
2018年1日9日
小さいことにくよくよするな!
2017年12日27日
自分の人生、生きてますか
2017年12日26日
読書力
2017年12日22日
さあ、たのしんで生きることを選ぼうよ
2017年12日21日
いつもバタバタしている人の気持ち切り替え術
 
1 2 3 4 
 
2017年10月17日
タイトル あくせくするな、ゆっくり生きよう! 
著者 リチャード・カールソン、ジョセフ・ベイリー 
出版社 主婦の友社
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

心理学者で、ストレス・コンサルタントの著者が
教えてくれる生き方が楽になる本。

著者はこう言っていて、「今」に目を向けて、
ゆっくりと行きようと言っています。

「やるべきことをすべて片づけてから(そんな日は
 けっして来ない)、人生を楽しもうと考えてはいけない。 
 わたしたちは目的地への到着を楽しみに待つだけでなく、
 旅の過程を楽しめるようになれるのである」


なぜ、ゆっくり生きることが大切なのか?
・ストレスが少なくなる
・肉体的に健康になる
・その場にふさわしい、親密で愛情溢れる人間関係を築く
 ことができる。
・感動する心が生まれ、身のまわりの自然の美しさを
 楽しめるようになる。
・心の平静と落ち着きが得られる。
・生産性や創造性が著しく高まり、集中力も飛躍的に増す


ゆっくりと、じっくりと読んでみてはいかがでしょうか?
きっと、自分の生き方に足りないものがみえると思います。

この本からのことば 感想 掲載日
不安やストレスは、わたしたちの心が、 「今」を離れ、否定的な分析的思考に陥っているに生じる。 自分 頭でいろいろなことを考え始めると、 不安や心配などがつぎつぎに出てきて気になり、 「今」のこの時間、 2017-11-02
わたしたちの頭の中は、どうしたら幸福になれるかと いう思いつきや計画でいっぱいだ。 夫や妻の態度が この本では、 「この種の幸福感は、表面的で長続きしない」 と言っています。仮に手に入れても、すぐにま 2016-02-01
わたしたちはしばしば、考えることによって、 なんとか落ち込んだ気分から 抜け出そうとするものなのだ。 この本では何度も、 落ち込んでいるときには、 人生についてあれこれ考えてはいけないし、 重大な決定を 2005-07-25
人生は旅であり、 人は人生の海原を渡る船の船長であると考えてみよう。 すると、安全で楽しい船旅が出 自分の人生なのに、時々、航路を見失ったり、 違う船長の言うことを聞いていたりしている。 違う船のゆく 2002-12-31
一つの考え方にとらわれている限り、人生は変わらない。 自分の考え方というのは、強いものだと実感する。その自分の考え方で、苦しんだり、楽になったりもする…自 2002-05-04



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』