width=10
ことば探し
★パートナー(○○さん)の存在に心から感謝しています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年4日26日
あたりまえのことをバカになってちゃんとやる
2017年4日25日
笑顔がクスリ
2017年4日24日
リンダ・リッチマンのこうなったら、笑うしかない…。
2017年4日21日
3分間で気持ちの整理をするリラックスブック
2017年4日19日
自分から自由になれるゼロ思考
2017年4日18日
人を傷つける話し方、人に喜ばれる話し方
2017年4日17日
どや!大阪のおばちゃん学
2017年4日7日
やめようと思っても、つい同じことを繰り返してしまうあなたへ
2017年4日6日
ありのままの自分を愛してあげよう
2017年4日5日
ほめられたい夫愛されたい妻
2017年4日3日
人生が驚くほど逆転する思考法
2017年3日31日
パートナーと気持ちが100%通う10の法則
2017年3日29日
本気で言いたいことがある
2017年3日28日
未来が輝く魔法の言葉
2017年3日27日
自分を生きる10の訓え
2017年3日23日
積極的考え方の力
2017年3日22日
叩かれても絶対に潰されない人生輝く41の法則
2017年3日21日
念仏に生きるとき
2017年3日17日
誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則
2017年3日16日
マインド・パワー
2017年3日15日
信念をつらぬく
2017年3日14日
みんなで考えよう 世界を見る目が変わる50の事実
2017年3日13日
問題解決のための「質問力」
2017年3日9日
「成功おじさん」の最優先ルール
2017年3日8日
人間関係で落ち込みやすい人の心がふわっと軽くなる考え方
2017年3日7日
怒りに効くクスリ
2017年3日6日
怒りのセルフコントロール
2017年3日3日
いのちの響 心の言葉
2017年3日2日
あなたに喜んでもらえるように
2017年3日1日
幸せのありか
 
1 2 3 4 
 
2017年4月6日
タイトル ありのままの自分を愛してあげよう
著者 金盛 浦子
出版社 大和出版; 新装版版 (1998/12)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

心理療法士の著者が、我慢などせず、気持ちを楽にして生きる
ヒントを教えてくれます。

著者は、我慢して生きることより、もっと大切なことがあると
言います。
「我慢よりもっと大切なことは、“満たされること”と“安心
 すること”です。
 世の中は多すぎると思います。満たされる前に我慢させられる
 ことや、安心する前に不安に耐えさせられることが多すぎると
 思うんです。
 ちゃんと心や身体を満たした経験を積めば、我慢することなど
 強いられなくても、自然に次に満たされるときを待って過ごせる
 ようになります。次に満たされるときに向かって、ことさらの
 苦痛など感じないで平気な顔をして過ごせるようになります。
 ちゃんと安心できるようになった心なら、不安の中でもパニック
 になることはありません。不安の原因をちゃんと見分けて、それ
 を解決することができるようになるんです。(略)

 大丈夫!我慢なんかしなくても、人生を素敵に生きる方法、豊か
 に人間関係の中で明るく過ごす方法、大きな夢に向かってちゃん
 と一歩一歩と進んでゆく方法はあるんです。」


ということで、そのための方法をいっぱい教えてくれます。
例えば、こんなヒントが書かれています。

 ○言いたいことがあったら、言ってしまったほうがいい
 ○ただ一生懸命なだけでは、楽しめない
 ○なんでこんなに心が不自由なんだろう
 ○傷つくことを恐れないで…
 ○ウソをつくって悪いことなの?
 ○過去のすべてを許すことからはじめよう
 ○誰のために頑張っているのかな?
 ○大切なのは「独りでいることにも耐えられること」
 ○いつか、必ず、笑える日がやってくる
 ○どうしたらイライラや憂鬱がなくなるんだろう?


どちらかというと女性向け。
とてもわかりやすいことばで書かれていて素直に心にはいって
きます。頑張りすぎる女性におすすめの本です。
ちょっと一息ついてみませんか?

この本からのことば 感想 掲載日
できるなら一生涯を通じて取り組み続ける ライフワーク的な仕事とかテーマ、あるいは生涯をかけて 手に入 一生涯を通しての目標や夢はあったほうがいいけれど、 あまりにそれにとらわれたり、執着してしまうと、 2009-09-23
人間関係も、出来事も、みんな見る方向、 見る距離、見るときによって、千差万別の様相を呈します。 その 本当にそうだなぁ…と思う。 私に見せている、相手の一面は、ほんの一面で、 違う人には全く違う一面を見 2007-08-11
誰かを傷つけることと自分が傷つくことって、 実は表裏一体のこと、同じ心の状態が作り出す 裏表のような 傷つきたくない…誰もがそう思う。 誰だって、傷つきたくない。 ましてや、引きずるような痛い傷なんて負 2007-08-05



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』