width=10
ことば探し
★私には、誰にも負けない勇気があります★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年7日25日
99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ
2017年7日24日
「心配性」と上手につきあう方法
2017年7日21日
ストレス&プチうつ解消レシピ
2017年7日19日
今日が、その日だ!
2017年7日18日
幸福のボタンをかけ直す60分レッスン
2017年7日14日
脳からストレスを消す技術
2017年7日13日
アドラー珠玉の教え 自分の人生を最高に生きる77のヒント
2017年7日12日
時間とお金をムダにしないで成功する方法
2017年7日11日
「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術
2017年7日10日
勇気がわいてくる子育て70の言葉
2017年7日6日
子どもの心に届く言葉、届かない言葉
2017年7日5日
変な人が書いた成功法則
2017年7日4日
人生は好転できる
2017年7日3日
だからすれ違う、女心と男脳
2017年6日30日
時間上手の暮らし方
2017年6日29日
99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ
2017年6日28日
機長の「集中術」
2017年6日27日
いつでも、逆に考えるとうまくいく。
2017年6日26日
ありがとう 生きること そのすばらしさ
2017年6日23日
神の業は現われる
2017年6日22日
「自分」取扱説明書
2017年6日21日
がんばっていても不安なあなたへ
2017年6日19日
失敗礼賛 不安と生きるコミュニケーション術
2017年6日16日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2017年6日15日
豊かな人間関係を築く47のステップ
2017年6日14日
「できる人になる」成功の秘訣
2017年6日13日
心にズドン!と響く運命の言葉
2017年6日12日
人の心はどこまでわかるか
2017年6日9日
アドラー珠玉の教え 自分の人生を最高に生きる77のヒント
2017年6日8日
大人の生き方 大人の死に方
 
1 2 3 4 
 
2017年4月6日
タイトル ありのままの自分を愛してあげよう
著者 金盛 浦子
出版社 大和出版; 新装版版 (1998/12)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

心理療法士の著者が、我慢などせず、気持ちを楽にして生きる
ヒントを教えてくれます。

著者は、我慢して生きることより、もっと大切なことがあると
言います。
「我慢よりもっと大切なことは、“満たされること”と“安心
 すること”です。
 世の中は多すぎると思います。満たされる前に我慢させられる
 ことや、安心する前に不安に耐えさせられることが多すぎると
 思うんです。
 ちゃんと心や身体を満たした経験を積めば、我慢することなど
 強いられなくても、自然に次に満たされるときを待って過ごせる
 ようになります。次に満たされるときに向かって、ことさらの
 苦痛など感じないで平気な顔をして過ごせるようになります。
 ちゃんと安心できるようになった心なら、不安の中でもパニック
 になることはありません。不安の原因をちゃんと見分けて、それ
 を解決することができるようになるんです。(略)

 大丈夫!我慢なんかしなくても、人生を素敵に生きる方法、豊か
 に人間関係の中で明るく過ごす方法、大きな夢に向かってちゃん
 と一歩一歩と進んでゆく方法はあるんです。」


ということで、そのための方法をいっぱい教えてくれます。
例えば、こんなヒントが書かれています。

 ○言いたいことがあったら、言ってしまったほうがいい
 ○ただ一生懸命なだけでは、楽しめない
 ○なんでこんなに心が不自由なんだろう
 ○傷つくことを恐れないで…
 ○ウソをつくって悪いことなの?
 ○過去のすべてを許すことからはじめよう
 ○誰のために頑張っているのかな?
 ○大切なのは「独りでいることにも耐えられること」
 ○いつか、必ず、笑える日がやってくる
 ○どうしたらイライラや憂鬱がなくなるんだろう?


どちらかというと女性向け。
とてもわかりやすいことばで書かれていて素直に心にはいって
きます。頑張りすぎる女性におすすめの本です。
ちょっと一息ついてみませんか?

この本からのことば 感想 掲載日
できるなら一生涯を通じて取り組み続ける ライフワーク的な仕事とかテーマ、あるいは生涯をかけて 手に入 一生涯を通しての目標や夢はあったほうがいいけれど、 あまりにそれにとらわれたり、執着してしまうと、 2009-09-23
人間関係も、出来事も、みんな見る方向、 見る距離、見るときによって、千差万別の様相を呈します。 その 本当にそうだなぁ…と思う。 私に見せている、相手の一面は、ほんの一面で、 違う人には全く違う一面を見 2007-08-11
誰かを傷つけることと自分が傷つくことって、 実は表裏一体のこと、同じ心の状態が作り出す 裏表のような 傷つきたくない…誰もがそう思う。 誰だって、傷つきたくない。 ましてや、引きずるような痛い傷なんて負 2007-08-05



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』