width=10
ことば探し
★私は、決して一人ではありませんいつも宇宙とつながっています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年9日22日
急がない!ひとりの時間を持ちなさい
2017年9日21日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2017年9日20日
人生の「お荷物」を捨てる方法
2017年9日19日
もっと気楽に生きるコツが、わかった!
2017年9日15日
ずっとやりたかったことをやりなさい
2017年9日11日
自分を変える!脳内会話
2017年9日8日
生きる不安への「答え」
2017年9日6日
仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識
2017年9日5日
脳が喜ぶ生き方
2017年9日4日
人生がときめく片づけの魔法
2017年9日1日
一度なら許してしまう女 一度でも許せない男
2017年8日31日
1分間思考改革術
2017年8日30日
人間関係に活かす 使うための心理学
2017年8日29日
大人の生き方 大人の死に方
2017年8日28日
考え方と生き方を変える10の法則
2017年8日25日
こころの温度計
2017年8日24日
お金とモノから解放されるイギリスの知恵
2017年8日23日
ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術
2017年8日22日
学問ノススメ. 学校では教えてくれない達人の知恵
2017年8日21日
“問題行動の意味”にこだわるより“解決志向”で行こう
2017年8日10日
笑いの治癒力
2017年8日9日
『立場』『比喩』『具体』これだけでOK!人生を変える「伝える」技術 3つのカギ
2017年8日8日
伝えるための3つの習慣
2017年8日7日
だから優しく、と空が言う
2017年8日4日
人をいかに愛し、生きるか
2017年8日3日
心のなかの幸福のバケツ
2017年8日2日
学問ノススメ. 学校では教えてくれない達人の知恵
2017年8日1日
もっと人間関係がうまくいく心のケンカ術
2017年7日31日
人生の「お荷物」を捨てる方法
2017年7日25日
99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ
 
1 2 3 4 
 
2017年2月7日
タイトル わかりあえない理由
著者 デボラ・タネン
出版社 講談社
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

■男女の違いについて知りたい方におすすめ■

例えばこんなシーンの話が出てきます。
以下本からの抜粋。

真夜中に妻から起こされて
夫:なんだ、どうした?
妻:ベットを独り占めしないでくださいな。
夫:そりゃすまん。
妻:あなたときたら、いつだってそうなんですから。
夫:なんだって?
妻:いつだって割を食らうのは私のほうだって言ってるんですよ。
夫:ちょっと待った。わしは眠っていたんだよ。
お前はわしが眠っているとき
  の行動にまで責任をもてというのか。
妻:それじゃ言わせていただいきますと、この前だって……

とこのあと、妻は過去のことをあれこれほじくり出して
責めたてた。


この会話には、
「男女の会話のレベルが違っていることが顕著に出ている」

と著者は言っています。

どういう違いか?
夫は単にメッセージレベル
(ベットにおける自分の寝方)で受け取っていたが、
妻はそれをメタメッセージ
(ふたりの関係における夫のふるまい方)から見ているそうです。

つまり、妻の方は、この寝方に象徴された自分たちの「関係」を
とりあげていて、夫からみると、人の寝相をきっかけに、
過去まだほじくり出すのは理解できない

こと、らしいのです。


あまりの違いに苦笑したり、ときに考えたりしてしまいますが、
読んでいてとても興味深く面白いです。おすすめです。

この本からのことば 感想 掲載日
思い通りの結果が得られなかったときに、自分のやり方やスタイルそのものを反省してみる人は、意外に少ない 自分のスタイルに固執していると、結果がいつも同じパターンに陥りやすく、その状況からなかなか抜け出せな 2004-09-11
女はプライベートスピーキング男はパブリックスピーキング会話は男にとっては情報のやりとり、女にとっては ふぅ…なるほど。話しが食い違う訳だ…今読み返している本の中からの抜粋である。デボラ・タネンさんは、言 2004-05-06
言葉は、それを語る人の本来の意図よりも、それを聞く人の先入観や関心や習慣などにもとづいて解釈されがち ことばは、誤解されることを念頭において話すこと、自分の意図したことと違うように解釈されることが多いこ 2004-04-12



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』